マットレス

長時間寝ると腰が痛いのは筋疲労が原因。そのメカニズムとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
著者情報
加賀 照虎

加賀照虎(上級睡眠健康指導士)

上級睡眠健康指導士(第235号)。1,000万PV超の「快眠タイムズ」にて睡眠学に基づいた快眠・寝具情報を発信中。NHK「あさイチ」にてストレートネックを治す方法を紹介。取材依頼はお問い合わせから。インスタグラムでも情報発信中⇒フォローはこちらから

Sleeping-too-long-causes-lower-back-pain

たっぷり眠った翌朝、すっきり目覚められるかと思ったら腰に痛みが…。

「睡眠時間を十分にとって体の疲れを回復させようと思ったのになぜ…」と裏切られたような気持ちになりますよね。ただ、このような腰の痛みには原因があるのです。そして、その原因に対策をしなければまた同じことを繰り返してしまいます。

そこで本日は「長時間寝ると腰が痛いのは筋疲労が原因!そのメカニズムとは」についてご紹介します。


最高品質の防ダニシーツ
商品の詳細はこちら

1. 長時間寝ると腰が痛くなるのは筋疲労を起こしているから

あまりにも長時間寝ると腰まわりの筋肉が疲れてしまい痛みが発生します。

いきなり原因から結果までいくとなんのことか分かりにくいですよね。どういうことか流れを分かりやすく説明すると、「腰が圧迫される」→「圧迫されている部位の筋肉が硬直する」→「腰まわりが血行不良になり酸欠気味に」→「こりや痛みの発生」となります。

主な原因は、首や肩、背中の筋肉の疲労です。肩の周辺には僧帽筋や肩甲挙筋、棘下筋などの筋肉がありますが、これらの筋肉が疲労して固く緊張し、血行不良になると「乳酸」などの疲労物質が筋肉中に蓄積してきます。その結果、こりや痛みが起こります。

(引用:『腰痛、肩こり、手足のしびれ 「背骨」がかかわる症状の診断・治療ガイドブック』 伊藤達雄・戸山芳昭監修)

例えば、長時間車の運転をして座りっぱなしだとお尻や腰が疲れるのと同じことです。

いくら体圧分散性の良いマットレスで寝ていても長い時間寝たままだとやはり腰が痛くなることがあります。私は寝心地が最高に素晴らしいマットレスを使っていますが、風邪で寝込んでしまい10時間くらいベッドにいた後はやはり腰がムズムズすることがあります。

もちろん敷寝具の質が悪いとそれこそ6~7時間寝ただけで筋肉が疲労を起こしてしまうこともあります。とはいえ、いくら敷寝具の質が良くてもモノゴトには限度があります。風邪などの時はどうしようもないですが、あまり寝過ぎないように気をつけましょう。

1−1. その他、考えられる理由

長時間寝ると腰が痛くなるのは筋疲労以外の理由も考えられます。

腰への圧迫:単純に寝ている間に腰が物理的な圧迫を受けすぎて痛みが生じていることがあります。これは長時間寝ることよりも敷寝具の質が悪い(硬すぎる)ことが主な原因です。安いホテルのベッドだとこのような寝具環境のところが多いです。

too-hard-mattress
硬すぎるマットレスは腰に圧迫を与える

・ねんざ:マットレスがかなりへたっていたり柔らかすぎたりすると寝姿勢が悪くなってしまいます。寝姿勢の悪いまま一晩寝続けると筋肉や腱をひねってしまうことがあります。捻挫(ねんざ)の一種のようなものです。これは長時間寝るというよりも敷寝具の質が悪い(柔らかすぎるorへたっている)ことが主な原因です。

too-soft-mattress
柔らかすぎるマットレス(寝姿勢が悪い)

最高品質の防ダニシーツ
商品の詳細はこちら

最後に

必要以上に長く寝るのは腰に疲れを残すので控えるようにしましょう。生活のサイクルを崩す(起床時刻が遅れると入眠時刻も遅れがちになる)原因になることからもおすすめできません。

しかしもし、7~8時間しか寝ていないのに腰が痛くなるのだとすれば、睡眠時間ではなく寝具の質が悪いことで腰に疲れや痛みが生じていると考えられます。以下のページで腰痛対策のためのマットレスの選び方をご紹介しています。あわせてご参考にしてください。

関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます

コメントを残す

*

快眠タイムズ

21日間返金保証付き!
コスパ最高の特別なマットレスがついに完成!

この商品をいますぐチェックする

21日間返金保証付き!
コスパ最高の特別なマットレスがついに完成!

この商品をいますぐチェックする