マットレス

これで失敗知らず!三つ折りマットレスのおすすめの選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
著者情報
加賀 照虎

加賀照虎(上級睡眠健康指導士)

株式会社篠原化学にてマットレスや枕の企画・開発を行っています。睡眠・寝具のプロとして あなたの眠りの質を向上させる情報を発信していきます。

著者情報
加賀 照虎

加賀照虎(上級睡眠健康指導士)

株式会社篠原化学にてマットレスや枕の企画・開発を行っています。睡眠・寝具のプロとして あなたの眠りの質を向上させる情報を発信していきます。

なぜ三つ折りマットレスがいいのか?

「押し入れにしまえられる」「折り畳んで部屋の角における」「ソファにできる」など色々なメリットがあります。

しかし、もしあなたが三つ折りマットレスに2タイプあることを知らずに購入してしまうと、それらのメリットを存分に発揮できず、後で後悔することになるかもしれません。

非常に勿体ないです。

そこで本日は、悔いのないようイメージ通りのものが購入できるように、「三つ折りマットレスのおすすめの選び方」をご紹介します。


最高品質の防ダニシーツ
商品の詳細はこちら

1. 実は2タイプある三つ折りマットレス

全ての三つ折りマットレスを一緒くたに検討していると、選択ミスをしやすくなります。まず、三つ折りマットレスには2つのタイプがあることを知りましょう。

  1. 厚みが8cm以下のもの:敷布団感覚で使える。寝心地に不満が出ることも。
  2. 厚みが10cm以上のもの:大きくやや取扱いにくい。寝心地は完全にマットレス。

そうです。厚みの違いです。

たった厚みが数cm異なるだけで使い勝手・使用感が大きく変わってきます。あなたの生活スタイルに合うほうを選びましょう。

1−1. 厚みが8cm以下の三つ折りマットレスの特徴

まずは薄型の三つ折りマットレスの特徴からご紹介します。

○メリット

具体的なメリットを挙げていきます。

◯手軽に上げ下げができる

厚み8cmのマットレスを折り畳んでも、厚さはたった24cmです。もしあなたが毎日、敷布団のようにマットレスを押入れにしまおうと考えているなら大事なポイントです。これ以上マットレスに厚みがあると、重量と大きさの観点から若干出し入れが面倒に感じられます。

◯重さはほどほど

重さもシングルサイズで約6kgです。軽量布団よりはやや重たいですが、木綿(コットン)布団とほぼ同じくらいの重さです。

◯スペースの節約ができる

8cmの三つ折りマットレス(シングルサイズ)を押入れにしまうとすると、幅67cm、高さ24cm、奥行き100cmと、とてもコンパクトになります。A4用紙の縦の長さ(29.7cm)よりも低いのです。押し入れのスペースを節約できるのも嬉しい点ですね。

◯陰干しが楽にできる

マットレスが薄いため、写真のように椅子に掛けて日陰干しをすることも可能です。

マットレスの換気1
マットレスの換気1

「ウレタンが曲がってしまうんじゃないか」なんて心配しなくても大丈夫です。また、マットレス換気のコツですが、写真内のマットレスのように側生地を外して日陰干しをすることで湿気を効率的に飛ばすことができます。

✕デメリット

マットレスが薄いと取扱いが楽な反面、使用感でのデメリットがあります。

✕底付き感があることも

単独で使用する場合、ほぼ避けられません。薄い三つ折りマットレスの中でも安価なものは、仰向けで寝ていても底付き感があります。一定の品質以上のものでないと快眠できないので、薄いマットレスこそ良質なものを選ばなければなりません。

✕ソファ使用には不向き

三つ折りマットレスをソファとして使いたい場合、厚みがあるものを購入する方が良いです。薄いタイプだと若干低いため、座り心地があまり良くないと思います。

こんな人におすすめ

もしあなたが、

  • 敷布団代わりになる寝心地のよいマットレスを探している。
  • マットレスとはいえ敷布団のように押入れにしまいたい。
  • 日陰干しなどのメンテナンスが手軽にできるマットレスが欲しい。
  • 体重60kg以下で基本的には仰向きで眠る。

といった場合、厚みが8cm以下の三つ折りマットレスをおすすめします。

これらの点に該当するのであれば、厚みが8cm以下のマットレスを購入して後々後悔することはまずないでしょう。

1−2. 厚みが10cm以上の三つ折りマットレスの特徴

次に、厚みが10cm以上の三つ折りマットレスの特徴をご紹介します。

○メリット

まずは具体的なメリットから挙げていきます。

◯底付き感のない寝心地

厚みが10cm以上あれば底付き感を感じさせるような使用感のマットレスはほとんどありません。とはいえ、安価なものはウレタンの密度が低いためへたりが早いです。

そのため、ウレタンの密度が25以上のものを選ぶようにしましょう。あまりにもウレタンの密度が低いマットレスは、数ヶ月でへたり使えなくなってしまいます。限られた資源の有効活用の観点からおすすめできません。

◯ソファとしても使える

厚みのある三つ折りマットレスは、ソファのようにして座ることもできます。

三つ折りマットレス ソファ
三つ折りマットレス ソファ

ただ寝転がるだけでなく、寝室でのくつろぎ方の幅が広がります。限られた住居スペースの効率化にもなります。とはいえ、このような使い方を頻繁に長時間行うことで、マットレスの荷重のかかる部位のへたりが早くなる点、ご了承ください。

◯押し入れに収納可能

10cmの三つ折りマットレス(シングルサイズ)を押入れにしまうとすると、幅67cm、高さ30cm、奥行き100cmのスペースを要します。

薄型のものよりは若干スペースをとり、その上、ある程度のサイズになるので上げ下げも若干手間に感じられるかもしれません。とはいえ、マットレスなのに押し入れにしまえることは、部屋の有効活用の幅が大きく広がる素晴らしいメリットです。

✕デメリット

厚いタイプの三つ折りマットレスに特有のデメリットはほとんどありません。

薄い三つ折りマットレスよりは日陰干しなどしにくいですが、それでもジグザグにして立てて日陰干しできるので、一枚物のマットレスよりは楽です。折り目が気になることはほとんどありませんし、三つ折りだからと言って体圧分散性、反発弾性が変わることはありません。

こんな人におすすめ

もしあなたが、

  • 体重が60kg以上で体格が良い。
  • 横向き寝をしても底付き感のないしっかりした三つ折りマットレスが欲しい。
  • 日中はソファ代わりに座りたい。
  • 有事の際には、押し入れにマットレスをしまいたい。

といった場合、厚みが10cm以上の三つ折りマットレスをおすすめします。これらの点に該当するのであれば、厚みが10cm以上の三つ折りマットレスを選ぶ方が満足してお使いできます。

1−3. おすすめの三つ折り高反発マットレス

おすすめの三つ折り高反発マットレスをご紹介します。

セルプールハイブリッドマットレス
セルプールハイブリッドマットレス

製品:セルプール ハイブリッドマットレス
価格:54,000円
【公式サイトで購入】/【セルプールのレビューはこちら】

自社製品で手前味噌ですが、8cm以下の厚みの三つ折りマットレスで私がおすすめできるのがこちらのセルプールハイブリッドマットレスです。たった8cmの厚みですが、例外的に本格的な寝心地です。反発弾性に優れるだけでなく、ウレタンの密度が50Dと市販の欧州ブランドのマットレスの1.5倍強のしっかりとした仕様のウレタンを使用しているため8cmの厚さでも底付き感がほとんどなくあなたの体をサポートします。また、ウレタンの表面にウェーブ状のカッティングを入れることで、抜群の体圧分散性を実現しています。質実剛健な仕様と構造であなたを熟睡へ導きます。

ブレスエアー® フォーシーズンズEX II
ブレスエアー® フォーシーズンズEX II

製品:ブレスエアー® フォーシーズンズEXII
価格:31,428円
【当製品の販売ページ】

高反発ファイバーを2枚重ねた厚み8cmのマットレスです。反発性もそうですが、特に通気性に優れている素材ですので、厚さに敏感な人にオススメのマットレスです。また、ブレスエアー®素材は各製品により密度が異なりへたりやすいもの、へたりにくいものとありますが、この製品はブレスエアー®の加工を一手に引き受けている企業が企画しているもので密度などの仕様はお墨付きです。面で支える構造のため若干硬めの使用感ですが、高反発ファイバー素材のマットレスを選ぶのならこのブランドから選ぶことをおすすめします。

エコラテ エリート 三つ折りマットレス
エコラテ エリート 三つ折りマットレス

製品:エコラテ エリート 三つ折りマットレス
価格:
16,800円
【レビューはこちら】【製品紹介ページはこちら】

私どもが企画をし、中国のパートナー工場で製造している高反発ウレタンマットレスです。やや硬めのしっかりした寝心地に、凸凹プロファイル加工で十分な体圧分散性を再現しました。無駄を削ぎ落として最高のコストパフォーマンスを目指しました。まさに優秀(エリート)な自信作です。

是非一度お試しください。ただいま弊社サイトにて「3週間返品無料トライアルキャンペーン」を設けておりますので、この機会をお見逃しないようご利用ください。


最高品質の防ダニシーツ
商品の詳細はこちら

2. 三つ折り以外にも4種類ある折りたたみマットレスとの比較

折りたたみマットレスには5つの種類があり、それぞれ折れ方が違うため使い勝手がやや異なります。

私のおすすめは三つ折りです。というのも、三つ折り以外のものだと「折れ目」が腰のあたりに位置することになり、寝心地がやや好ましくないことがあるからです。

ただ、簡易折りたたみベッドを使っているのなら、二つ折りや四つ折りのマットレスがおすすめです。マットレスを乗せたままベッドごと二つに折りたためるので使い勝手がかなりよくなります。これらの点を踏まえて総合的に検討されることをおすすめします。以下のページでそれぞれ詳しく紹介しているのでご参考にしてください。

関連記事

最高品質の防ダニシーツ
商品の詳細はこちら

まとめ

私の伝えたいポイントを一言でまとめると、

三つ折りマットレスを検討する時は、薄いものと厚みのあるものを分けて検討し、どちらの使い勝手・使用感があなたに向いているかイメージすることが大切です。

また、マットレスを選ぶ上では、正しい寝姿勢を取れるかどうかの硬さ/柔らかさ、期待通りの耐久性があるかどうかなども大事なポイントになります。以下のページで分かりやすく説明しているのであわせてご参考にしてください。

関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

朝起きた時、腰や背中に違和感はありませんか?

・しっかりと眠ったはずなのに朝起きると体が重い・・。
・朝スッキリと目覚められない・・。
・日中の眠気のせいで仕事に集中できない・・。

睡眠の質が悪くなっていることで、日常生活に支障をきたしていないでしょうか。眠りを見直すためにも、正しい作りのマットレスを試してみませんか?

適切な寝心地で、適度な耐久性、そして手頃な価格をコンセプト「エコラテ エリート マットレス」を開発しました。

  • 軽い寝心地を生む反発弾性45%のウレタンフォーム
  • 腰と背中にやさしい凸凹プロファイルカットによる体圧分散性
  • ウレタン密度32D、たくましい耐用年数(7年前後)
  • 表側テンセル™100%の爽やかな肌心地
  • あなたまでダイレクト、最高のコスパでお届けします!!

是非あなたの睡眠改善にお役立てください。


詳細を見てみる

SNSでもご購読できます

コメントを残す

*

快眠タイムズ