マットレス

マットレスを2枚重ねするなら要確認!上下の相性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
著者情報
加賀 照虎

加賀照虎(上級睡眠健康指導士)

株式会社篠原化学にてマットレスや枕の企画・開発を行っています。睡眠・寝具のプロとして あなたの眠りの質を向上させる情報を発信していきます。

著者情報
加賀 照虎

加賀照虎(上級睡眠健康指導士)

株式会社篠原化学にてマットレスや枕の企画・開発を行っています。睡眠・寝具のプロとして あなたの眠りの質を向上させる情報を発信していきます。

マットレス1枚だとしっくりこなくて、マットレスを2枚重ねてお使いでしょうか?

寝心地に満足できていればいいですが、もしかするとさらに寝心地をよくできる可能性があります。

どういうことかと言うと、マットレスの種類ごとの特徴(体圧分散性や通気性など)を理解し、上下の組み合わせを考えるのです。そうすることで、あなたの好みの寝心地を作り上げることができるのです。

ということで本日は「マットレスを2枚重ねするなら要確認!上下の相性」についてご紹介します。


最高品質の防ダニシーツ
商品の詳細はこちら

1. マットレスの2枚重ね|各種の特徴をもとに組み合わせを考える

あなたが重ねて使っているマットレスの素材は、以下のどれかに該当するかと思います。

  • 高反発ウレタン
  • 高反発ファイバー
  • 低反発ウレタン
  • ラテックス
  • コイルスプリング

これら各種マットレスにはそれぞれの特徴(利点と欠点)があります。それを踏まえて上下の組み合わせを考えれば、あなたの好みに合った寝心地に近づけられます。

1−1. 柔らかいものを上に配置するのがおすすめ

ただ、難しいことを考えず「より柔らかいマットレスを上に置く」と考えていただくのがてっとり早いです。

というのも、基本的なマットレスの作り(構造)として、上層が柔らかく体圧分散をするようになっており、下層が硬めで寝姿勢が崩れないようになっているからです。各種マットレスは以下の順の硬さになっています。

(柔)低反発ウレタン > ラテックス > 高反発ウレタン > 高反発ファイバー > コイルスプリング(硬)

これが逆になってしまうと問題です。上層があまり体にフィットしていないにもかかわらず、下層が体の重みで潰れてしまいます。そうすると、腰が落ち込んだ悪い寝姿勢になってしまい、眠っている時に体に疲れがたまってしまいます。

1−2. 良質なコイルスプリングは例外

上記でコイルスプリングは硬いものとしていますが、そうでないものもあります。むしろ、良質なコイルスプリングはコイルの上に上質なクッション材(ウレタンフォームやわたなど)を使っているので、高反発ウレタンマットレスよりも柔らかめです。

そのため、硬めのコイルスプリングなら1−1に記載の組み合わせでいいですが、あなたがお持ちのコイルスプリングマットレスが上質なものであれば、その上にそのまま寝られることをおすすめします。

1−3. 蒸し暑い夏なら高反発ファイバー素材は上層に配置するのもアリ

「より柔らかいマットレスを上に置く」にも例外があります。

高反発ファイバー素材は通気性がよいため、涼しく眠ることを第一に考えるなら高反発ファイバーマットレスを上に置いて寝るのもアリかと思います。ただ、体圧分散性がイマイチに感じられるようでしたら、あまりおすすめできませんが。

ただ、夏の間だけに限ることをおすすめします。冬などの寒い時期にこれをやってしまうと、ファイバー素材からの隙間風で布団の中が暖かくならずに寒くて眠りにくいことがあるのでご注意ください。

1−4. マットレスの二枚重ねが非推奨となるケース

マットレスの重ね使いを良しとする前提でここまで書き進めてきましたが、実際、そもそもマットレスを重ね使いする必要がないこともありますし、重ね使いによって寝心地が悪くなるケースもあります。端的にまとめますので、該当するのであれば重ね使いはお控えください。

  • 新品のマットレス
    マットレスというものは基本的にそれ一枚で使うことを目的として設計されているので、新品であれば重ね使いの必要がありません。新品なのに重ね使いが必要なほど寝心地が悪いとすると、もしかすると返品が可能な場合もあるので、重ね使いを検討する前に返品の可否を確認し、よりよいマットレスを選ぶことをおすすめします。
  • 柔らかめのマットレス
    柔らかめのマットレス同士を重ねると、柔らかくなりすぎる恐れがあります。例えば、「低反発マットレスとラテックスマットレス」や「低反発マットレスと柔らかめの高反発マットレス」などの組み合わせが該当します。
    腰が沈み込み過ぎている例
    腰が沈み込み過ぎている例

    柔らかさが過剰になってしまうと、腰のサポートが不十分になってしまい、先に言ったように腰が落ち込んだ悪い寝姿勢になってしまいます。柔らかいマットレス同士でも寝姿勢が適切かどうか、きちんと確認した上で重ね使いを検討しましょう。
    理想的な寝姿勢
    理想的な寝姿勢

最高品質の防ダニシーツ
商品の詳細はこちら

最後に

マットレスの2枚使いについて上手な組み合わせ方や、重ね使いをしないほうがよいケースについてご理解いただけていれば幸いです。

また、もしあなたがマットレスと敷布団の重ね使いについて考えているのなら、以下のページで解説しているので合わせてご参考にしてください。

関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

一枚重ねるだけで、起床時の体をすっきり楽に

寝心地の悪い敷寝具のせいで睡眠の質が下がっているかも、とお悩みではないでしょうか?

そんな方には、「エコラテ エリート 6cmトッパー」をお使いの敷寝具の上に重ねてみることをおすすめします。

  • 軽い寝心地を生む反発弾性45%のウレタンフォーム
  • 腰と背中にやさしい7ゾーンカットによる体圧分散性
  • ウレタン密度32D、たくましい耐用年数(7年前後)
  • 表側テンセル™100%の爽やかな肌心地
  • あなたまでダイレクト、最高のコスパでお届けします!!

是非、あなたの眠りの改善にお役立てください。


詳細を見てみる

SNSでもご購読できます

コメントを残す

*

快眠タイムズ