マットレス

ポケットコイルマットレスの並行配列と交互配列の違いと注意点

こんにちは、加賀照虎です。

ポケットコイルマットレスを選ぶとき並行配列か交互配列のどちらがいいのか迷うことはないでしょうか。

parallel-layout-honeycomb-layout

正直、これは各メーカーによっても意見が分かれるところです。

というのも結局のところ、コイルの配列だけでなくその他の要素(コイルの品質、形状、数、コイルの長さ(ストローク)や太さ(線径)や詰め物など)によっても寝心地が大きく左右されるため、配列だけで全てを語るのが難しいからです。

とはいえ、違いがあるならその特徴は知っておきたいですよね。

もちろんそのほうがマットレス選びに役立てられます。

ということで本日は「ポケットコイルマットレスの並行配列と交互配列の違いとは」について解説します。

【広告】最高のマットレスを開発しました。こちらのページ「【最高のマットレス1選】睡眠健康指導士が解説します」で紹介していますので、マットレスを比較検討中ならぜひ参考にどうぞ。
著者情報
加賀 照虎

加賀照虎(上級睡眠健康指導士)

上級睡眠健康指導士(第235号)。2,000万PV超の「快眠タイムズ」にて睡眠学に基づいた快眠・寝具情報を発信中。NHK「あさイチ」にてストレートネックを治す方法を紹介。
取材依頼はお問い合わせから。
インスタグラムでも情報発信中⇒フォローはこちらから。


1. ポケットコイルマットレスの並行配列と交互配列それぞれの特徴

それぞれの特徴をまとめると下記のようになります。

characteristic-of-pocket-coil-mattress-parallel-layout-and-honeycomb-layout

なお、これらの特徴を一言で表すと、

  • 並行配列:コイルとコイルの間のスキマが多いため、個々のコイルがより自由に伸縮できて柔らかで弾力性の高い寝心地になります。
  • 交互配列:コイルが高密度に配列されるため、よりきめ細やかに体をサポート出来るものの硬めで弾力性の低い寝心地になります。

と、このようになります。

より深く理解できるようにそれぞれのポイントを解説していきます。

1-1. コイルの密度(数)

交互配列ではより高密度にコイルを配置するため、コイルの数が自然と多くなります。

並行配列を1とすると、交互配列では約1.2倍の数になります。

そのため、コイルの数がより多くなることからハイエンドモデルに交互配列が多用されるケースが多くなっています。とはいえ、コイルの数が多ければ多いほど寝心地が良くなるといったシンプルなものでもないので、「高密度」であることや「コイル数」にはあまりこだわりすぎる必要はありません。

1-2. 硬さと弾力性

コイルの配列が高密度になることで体のサポート具合が変わってきます。

交互配列ではコイル同士がそれぞれの伸縮に干渉しやすくなっているため沈み込みが少なくなりますし、それにしたがって弾力感も少なくなります。並行配列ではコイルがそれぞれ自由に動きやすいため沈み込みやすいですし、そのため弾力も多く感じやすくなります。

つまり、交互配列はよくいえばしっかりサポートですが、悪くいえば味気のない寝心地とも言えます。並行配列はよくいえばポケットコイルらしい柔軟な寝心地ですが、悪くいえばふわふわした寝心地となります(もちろん、詰め物などの他の要素により寝心地は変わります)。

そしてもちろん、これは良し悪しではなく好みと慣れの問題です。いかにもポケットコイルらしい寝心地が好みの人には並行配列は好まれやすいですが、ずっと敷布団で寝てきた人にとってはふわふわして違和感がでてきやすいです。あなたにはどちらが合っているか考えてみましょう。

1-3. 通気性

交互配列はコイルが密に置かれているから通気性が悪いと言われます。

これは事実ですが、実際のところ微々たる差でしかありません。この差によってマットレスが湿気りやすくなるとかカビが生えやすくなるとか、寝ているときに蒸れて寝苦しくなりやすくなるということは到底ありません。

ポケットコイルとボンネルコイルとの比較でも同じことが言えます。

mattress-comparison

内部の通気性が若干変わるくらいです。

コイルスプリングマットレスを選ぶ以上、通気性についてはほとんど差はないといえますので、底面の湿気が気になるなら除湿シートをマットレスの下に敷く、寝るときの蒸れ感が気になるなら敷きパッドをマットレスの上に敷くなどの対策をするようにしましょう。

1-4. 選ぶ上での注意ポイント(交互配列のデメリット)

ここまで説明してきたようにコイルの配列については好みで、最終的にはその他の要素とのトータルでそのマットレスが合うか考えるべきだ、というのが私の考えです。

ただ、交互配列には2つ注意してもらいたい点があります。

1つ目は、交互配列のマットレスなら安価なものを買ってはいけないことです。というのも、交互配列だとコイル同士が密に置かれているためコイル同士が擦れやすく、コイルを覆っている不織布が徐々にダメージを受けていき破れやすいからです。一旦、不織布が破れてしまうとコイル同士がじかに干渉し合うので、ギシギシといった軋み音の原因になります。もちろん、耐久性も下がります。高品質なマットレスであれば不織布の品質もそれなりで、柔らかさがあってちょっとした摩擦で破けるようなことはありませんが、安価なマットレスとなると悪い意味でそれなりの品質の不織布が使われます。そのため、安価なポケットコイルマットレスで交互配列のものはリスクが大きいから非推奨ということです。

2つ目は、マットレスの上に座る習慣があるなら交互配列は避けることです。

もちろん、そもそもマットレスは寝るためのものなのであまり座らないほうが良いのですが、住宅のスペースによっては否応なくマットレスに座ることになる方もいらっしゃるかと思います。そのような際、ポケットコイルマットレスが交互配列だと悪くなりやすいので注意してください。というのも、交互配列だとどうしても隅々までコイルを置くことができないため「欠落部分」と呼ばれるコイルのないスペースがマットレスの隅に生まれてしまい、この部分がベコっとへたりやすいのです。

the-edge-of-honeycomb-layout-is-unstable

そのため、マットレスの縁に座ることがあるなら並行配列のポケットコイルマットレスを選ぶことをおすすめします。特に、並行配列でありながら周囲のコイルの線径が太くなっていて硬めに仕上げられているものだと座り心地がしっくりきやすいので尚良いかと思います。

normal-layout-and-edge-support-layout


まとめ

本日の話をまとめると、

  • 並行配列:柔らかで弾力性の高い寝心地
  • 交互配列:きめ細やかに体をサポートするが硬めで弾力性の低い寝心地

というように配列によって差があり好みと慣れで決めてしまって良いのですが、結局はその他の要素(コイルの品質、形状、数、コイルの長さ(ストローク)や太さ(線径)や詰め物など)によっても寝心地が大きく左右されるためトータルで考えることが大事ということです。

あなたのマットレスの選びの参考になっていれば幸いです。

なお、もしマットレス選びのために情報収集中でしたら、ぜひ下記のページをご覧ください。自分にあったマットレスを選ぶための考え方の手順から、種類、素材、値段別におすすめマットレスを紹介しています。きっとお役立ていただけるはずです。

関連記事

 

また、マットレスに関するページを以下にまとめましたので、気になるトピックがあればあわせてご参考にしてください。

■あわせて読んでおきたい「マットレス」の記事一覧
 – 選び方編
○マットレスのおすすめ11選|専門家が教える自分に合うものを絞り込む手順
○敷布団とベッドマットレスの比較。素材ごとの併用の相性とおすすめ
○【失敗しないマットレスの選び方】硬さ、厚さ、密度、線材を吟味
○マットレスの3種類7素材を比較|特徴と選び方、おすすめできる人
○低反発と高反発の違い、あなたに合うマットレスはどっちか
○【快眠の方程式】マットレスの理想の硬さ=理想の寝姿勢
○マットレスの正しい厚み(高さ)は「用途と目的」を軸に考える
○【マットレスの通気性】素材・加工ベースで比較評価
 – 使い方編
○【マットレスの使い方】シーツ、パッドの正しい順番とは
○マットレスにすのこは必要か?おすすめの選び方
○マットレスの上に布団を敷いてはいけない2つの理由と代替策
○マットレスの正しいダニ退治方法、二度と繁殖させない予防法
○マットレスのカビ除去方法と、再発を防ぐ予防対策
○ベッド・マットレスがずれる?それなら滑り止め対策を
○長生きでお得に!マットレスの寿命を判断する5つの目安
○賢い節約術!マットレスの処分方法を考えるべき順序

睡眠健康指導士が”本気で”おすすめする
最高のマットレス

最高のマットレス

マットレスを選ぶとき、
このように困ることはないのでしょうか。

  • 品質の差がわからない
  • コスパの良し悪しがわからない
  • 種類が多すぎて選びきれない

睡眠は回復のための時間です。
そしてマットレスはそんな睡眠をサポートする大切な道具です。
あなたの健康のために最高品質のマットレスを眠りましょう。


最高のマットレスについて知る

SNSでもご購読できます

コメントを残す

*

快眠タイムズ