枕から後頭部へ圧迫感がある2つの原因と対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

このページをご覧のあなたはもしかすると、以下のような症状に悩んではいないでしょうか。

  • 布団に入ってしばらくすると、後頭部に圧迫感が出てきて眠るどころじゃなくなった。
  • 枕に頭を乗せるとズーンと重い感じがする。

快眠できず大変お困りだと思います。そこで本日は、このような場合の原因と圧迫感を減らすための対策についてご紹介します。


1. 枕が後頭部へ圧迫感を与える2つの原因

枕が元となり後頭部への不快な圧迫感がある場合、以下の2つが原因として考えられます。

  • 枕が硬くて後頭部が圧迫されている
  • 枕が高すぎて神経痛を起こしている

どういうことなのか分かりやすくイラストを使って説明します。

1−1. 枕が硬くて後頭部が圧迫されている

最もありがちなのが、硬すぎる枕を使っていることです。

あなたが寝ている時、以下のようになってはいないでしょうか。

硬い枕による後頭部への圧迫感
硬い枕による後頭部への圧迫感

枕が硬すぎると後頭部に対して全くフィットしないので、後頭部に対して大きな圧迫感を与えることになります。そして、圧迫感が長く続くと、ズーンと重い不快感になります。

以下のような枕を使っていると、このような状態になりやすいです。

  • そば殻、パイプ、ビーズ、フェザー、ウッドチップなどの素材がパンパンに詰められた枕
  • 竹、高反発ファイバーなどの面で支える硬めの素材の枕

硬い枕への対策

この場合の対策はどうすればいいのかと言うと、「枕の後頭部へのフィット性を高める」に尽きます。

例えば、パンパンになっている中材を取り出したり後頭部に合わせて枕を形作るなどして、以下のイラストのように首〜後頭部まで隙間なくフィットさせることを目指しましょう。

枕でマットレスと首の隙間を埋める
枕でマットレスと首の隙間を埋める

こうすることで後頭部にかかる圧力を分散できるので圧迫感を減らすことができます。

他にも、枕に柔らかいタオルを敷くのも一手です。が、枕が高くなりすぎる恐れがあるので注意が必要です。

1−2. 枕が高すぎて神経痛を起こしている

後頭部への不快な圧迫感を起こすもう1つの原因として、枕が高すぎるために神経痛を起こしている可能性があります。

もしあなたが枕を使う時に、以下のようになっていたらこのケースに該当しているでしょう。

枕が高すぎる
枕が高すぎる

このような寝姿勢だと、首に大きな負担がかかってしまいます。

通常、首の筋肉が緊張し続けることで血行不良になり、首こり・肩こりを起こすことになります。しかし、ひどい場合では、神経を圧迫してしまい、後頭神経痛や緊張性頭痛まで引き起こす恐れがあります。

高すぎる枕への対策

高すぎる枕への対策としては、以下の2つ考えられます。

  • 枕の中材を取り出して枕を低くする。
  • タオルなどで上体を高くして枕を相対的に低くする。
  • 中材のウレタンを切って低くする。
タオルで体の位置を高くする
タオルで体の位置を高くする

しかし、タオルが体の下にあると寝心地が低下したり、ウレタンを上手く切れないとこれもまた寝心地の低下につながります。その場合は、枕を買い換えることをおすすめします。

こちらのページ『枕のおすすめはこれ!選び方の目安はたったの3つ』で適切な枕の選び方(素材/硬さ/高さ)を元におすすめの枕を紹介しているのでご参考にしてください。

1−3. 症状がひどい場合は医療機関の受診を

寝ている時以外にも後頭部の圧迫感を感じるようでしたら、専門医への受診をおすすめします。

後頭部の内側に痛みを感じる場合は、神経痛の可能性が高いと考えられるので神経外科への受診をおすすめします。


最後に

まずは原因に合わせた対策を行うようにしましょう。

そうすることで後頭部の圧迫感が軽減し、あなたが快適に眠れるようになれれば幸いです。

しかしもし、なかなか症状が緩和しないのなら、医療機関を受診するようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

朝、目が覚めた時、首や肩に違和感が残っていませんか?

”男女とも「日中、眠気を感じた」が最も高く、それぞれ 44.5%、48.7%である。”

これは、平成27年度に調査された国民健康・栄養調査の一文です。 実は、平成19年以降、睡眠時間6時間未満の方は年々増加しており、その半数程度が日中に眠気を感じているのです。

  • しっかりと寝たはずなのに朝目が覚めると体が重い・・。
  • 朝スッキリと目覚めることができない・・。
  • 日中眠いせいで仕事でミスが増えている・・。
  • 眠りが浅いせいで深夜に目覚めてしまい、日中が辛い。
  • 目覚めたあとの肩こりがひどく、朝から憂鬱だ・・。
  • 最近気持ちよく目覚めたことがない・・。

熟睡できず、眠りが浅いというあなたには、睡眠の質を向上させることが必要です。そのために私どもがおすすめしたいのが、フォスフレイクス枕です。

抜群のフィット性、豊かな復元力によるサポート性で、正しい寝姿勢で体をリラックスさせ、質の高い睡眠を実現します。


快眠タイムズのレビューを読む

SNSでもご購読できます

コメントを残す

*

快眠タイムズ