マットレス

耐久性が分かる。低反発マットレスの寿命を判断する目安

こんなはずじゃなかった・・。

低反発マットレス購入から3年、もうヘタってしまった。

耐久性のことを考えずに品定めをしたり、お手入れを怠っていると、こういう事態になってしまいます。

こんな後悔したくないですよね。

ということで本日は「低反発マットレスの寿命を判断する目安、寿命を伸ばす方法」についてご説明します。

【広告】最高のマットレスを開発しました。こちらのページ「【最高のマットレス1選】睡眠健康指導士が解説します」で紹介していますので、マットレスを比較検討中ならぜひ参考にどうぞ。
著者情報
加賀 照虎

加賀照虎(上級睡眠健康指導士)

上級睡眠健康指導士(第235号)。2,000万PV超の「快眠タイムズ」にて睡眠学に基づいた快眠・寝具情報を発信中。NHK「あさイチ」にてストレートネックを治す方法を紹介。
取材依頼はお問い合わせから。
インスタグラムでも情報発信中⇒フォローはこちらから。


1. 低反発マットレスに寿命が来ているか判断する目安

あなたの低反発マットレスに下記のような症状は見られないでしょうか。

もし該当するものがあれば、それはもう寿命、つまり買い替えをしなければならないとお考えください。

  • ウレタン素材がへたっている
  • 粗相をして汚してしまった
  • カビが生えている

それぞれ補足をしていきます。

1-1. ウレタン素材がへたっている

一度ヘタってしまったら復元は不可能です。

低反発に限らず全てのウレタンフォームに言えることです。

へたったマットレスの上に寝ていると、寝姿勢が悪くなったり、寝返りがしづらいことで、腰を痛めやすくなるのでお気を付けください。

too-soft-mattress
柔らかすぎるマットレス(寝姿勢が悪い)

1-2. おねしょをして汚してしまった

低反発ウレタンフォームは一度水に濡れると激しく劣化します。

復原力がかなり落ちて元のような寝心地に復活させるのは不可能です。

1-3. カビが生えている

ウレタンフォームは洗濯不可なので、カビが生える=買い替えとお考えください。

側生地にカビが生えている程度でしたら、洗濯やアルコールで取ることも可能です。

※側生地の傷、破れなどはなんとかできる

側生地がいくら汚れたり破れたりしていても、ウレタンフォームに問題がなければ寝心地に大きな影響はありません。

敷きパッドを重ねて隠せば気になることもありません。

types-of-topper-on-mattress


2. 低反発マットレスの寿命(耐久性)を判断する目安

次に、購入前にマットレスの寿命を知る方法についてです。

出来れば長持ちするものを選びたいですよね。

結論、低反発マットレスの寿命=ウレタンフォームの密度、です。低密度のスカスカのものがへたりやすいのは簡単にイメージできるかと思います。

※ウレタンフォームの密度については商品ページの詳細スペック欄などに記載があるはずです。確認してみましょう。なぜか記載せずに隠しているメーカーもありますが、そういうときの方法は2−1でお伝えします。

密度ごとの耐用年数がどれくらいになるかというと、使用環境にもよりますが、大体下記のようになると考えてください。

density-of-polyurethanefoam-for-mattress

あなたがお金を払う分、期待以上の耐久性があるのか考える、重要な指標になります。

2-1. 低反発マットレスの耐久性を考えるケーススタディ

商品ページにウレタンフォームの記載がなくとも、大体の密度は推測できます。

というのも密度とは、体積に対する重さだからです。

サイズと重量が分かれば計算できるのです。

方程式は、重量÷(長さ×幅×厚み(m))=密度、となります。

例えば、サイズが200×100×5cm(2×1×0.05m)で、商品重量が4.5kgの低反発マットレスがあります。側生地とインナーカバーの重さが1kgだとして、ウレタンフォームの重さは3.5kgほどとなります。この数値をさきほどの方程式に当てはめると、

3.5÷(2×1×0.05)= 35

つまり、密度は35Dとなり、大体3~5年くらいの耐久性だろうと見積もることが出来るのです。


3. お手入れと保護でマットレスの寿命は伸びる

人間と同じく、環境でマットレスの寿命は大きく変わります。

特に、ウレタンフォームの中でも低反発のものは湿気に弱いため、繊細な取扱が要求されます。

3-1. パッドやプロテクターで保護する

とはいえ、難しいことをする必要はありません。

パッドなどを敷いて、湿気、汚れなどから保護するだけで十分です。

types-of-topper-on-mattress

低反発マットレス → 敷きパッド、で十分です。

ただもし、高いものを買うからしっかり保護したいということであれば、低反発マットレス → マットレスプロテクター  → 敷きパッド、のようにして使うことをおすすめします。

Protect-A-Bed-Mattress-Protector-Classic
>>マットレスプロテクターの商品ページへ

3-2. お手入れ方法のコツ

さらに完璧を目指すなら、お手入れにも力を入れましょう。

  • シーツは週一交換
  • パッドは2,3週に一度交換
  • 月に1度は掃除機を掛ける
  • マットレスの下に除湿シートを敷く
washable-dehumidification-sheet
>>除湿シートの商品ページへ

このようにお手入れしていただければ汚れを防いで、マットレスにダニ・カビなどが発生することも抑えられ、より長く衛生的にお使いいただくことができます。


最後に

低反発マットレスの寿命を見極める方法について包括的にご理解いただけたかと思います。

参考になっていれば幸いです。

なお、マットレスに関するページを以下にまとめましたので、気になるトピックがあればあわせてご参考にしてください。

■あわせて読んでおきたい「マットレス」の記事一覧
 – 選び方編
○マットレスのおすすめ11選|専門家が教える自分に合うものを絞り込む手順
○敷布団とベッドマットレスの比較。素材ごとの併用の相性とおすすめ
○【失敗しないマットレスの選び方】硬さ、厚さ、密度、線材を吟味
○マットレスの3種類7素材を比較|特徴と選び方、おすすめできる人
○低反発と高反発の違い、あなたに合うマットレスはどっちか
○【快眠の方程式】マットレスの理想の硬さ=理想の寝姿勢
○マットレスの正しい厚み(高さ)は「用途と目的」を軸に考える
○【マットレスの通気性】素材・加工ベースで比較評価
 – 使い方編
○【マットレスの使い方】シーツ、パッドの正しい順番とは
○マットレスにすのこは必要か?おすすめの選び方
○マットレスの上に布団を敷いてはいけない2つの理由と代替策
○マットレスの正しいダニ退治方法、二度と繁殖させない予防法
○マットレスのカビ除去方法と、再発を防ぐ予防対策
○ベッド・マットレスがずれる?それなら滑り止め対策を
○長生きでお得に!マットレスの寿命を判断する5つの目安
○賢い節約術!マットレスの処分方法を考えるべき順序

睡眠健康指導士が”本気で”おすすめする
最高のマットレス

最高のマットレス

マットレスを選ぶとき、
このように困ることはないのでしょうか。

  • 品質の差がわからない
  • コスパの良し悪しがわからない
  • 種類が多すぎて選びきれない

睡眠は回復のための時間です。
そしてマットレスはそんな睡眠をサポートする大切な道具です。
あなたの健康のために最高品質のマットレスを眠りましょう。


最高のマットレスについて知る

SNSでもご購読できます

コメントを残す

*

快眠タイムズ