マットレス

マットレスを買い替えるときの注意事項と目安

※自分に合ったマットレスを選ぶ手順(型→素材→個別商品)と値段、体質、好み別におすすめできるマットレスについてこちらのページ「マットレスのおすすめ11選|専門家が教える自分に合うものを絞り込む手順」で徹底解説しています。新しいマットレスの比較検討をしている方は是非ご参考にどうぞ。

「こんなはずじゃなかった・・。」

マットレスの買い替えでさえ、致命的な失敗をされる人がいます。

私はそんな人をこの世から無くしたい。

ということで本日は「マットレスを買い替えるときの5つの注意事項」についてご紹介します。

著者情報
加賀 照虎

加賀照虎(上級睡眠健康指導士)

上級睡眠健康指導士(第235号)。2,000万PV超の「快眠タイムズ」にて睡眠学に基づいた快眠・寝具情報を発信中。NHK「あさイチ」にてストレートネックを治す方法を紹介。
取材依頼はお問い合わせから。
インスタグラムでも情報発信中⇒フォローはこちらから。


1. マットレスを買い替えるときの注意事項

大事なポイントから順に、ご説明していきます。

1-1. ベッドの内寸は問題ないか

一番大事な点です。

「次のマットレスも今のと同じシングルサイズだから」と何も考えずに、マットレスを買い替えてしまうと問題になる可能性があります。

というのも、「シングルサイズ」と言っても、メーカーによって下記のようにサイズがバラバラだからです。

呼称長さ
シングル91~100cm195~200cm

そのため、新しいマットレスがあなたのベッドフレームの枠に収まるかどうか、きちんとチェックしてから購入するようにしてください。

マットレスを埋め込むように設置するベッド
マットレスを埋め込むように設置するベッド

ベッドフレームの内寸と、マットレスのサイズがぴったり、もしくはやや余裕があることを確認するようにしましょう。

1-2. 子供を持つなら予定ならベッドは延期すること

これは、私も犯した過ちです。

子供を持つ予定ならしばらくは、床の上にマットレスや敷布団を敷いて寝るスタイルをおすすめします。

「子供には子供用のベッドを買うし、そんなに気にしなくても良くない?」

と、思われるかもしれません。

ただ、なんだかんだで子供が大人用のベッドで寝ることってたくさんあるんですね。例えば、授乳しながら寝かせるとき、なかなか寝なくて添い寝をするとき、夜泣きしたとき、などなど。

そういったとき、子供が一旦眠ったからといって目を離すと、、、ドンっ、、、とベッドから転落ってことがあるんですね。

というよりも、私の体験談です。幸い、私の娘に怪我はありませんでしたが、万が一のこと考えると、今でもゾッとします。

なので、子供を持つ予定もしくは、子供が小さいうちは、ベッドの購入は先延ばしにすることをおすすめします。

1-3. 枕が合わなくなる可能性があること

これはほぼ全員に起こりえます。特に、

  • マットレスの硬さが大幅に変わる場合
  • マットレスがへたるまで使っていた場合

などに顕著です。

というのも、マットレスへの体の沈み込み具合が変わることで、適切な枕の高さが変わるからです。

Ideal-height-of-pillow1
理想的な枕の高さ(肩口から頭が10~15度の傾斜)

こういった背景から、「マットレスを買い替えたら肩こりが・・」ということになる人がいらっしゃるんですね。

そのため、「マットレスを変えたらなんか枕に違和感がある」という人は、

  • 柔らかくなった場合:やや低めの枕
  • 硬くなった場合:やや高めの枕

このように枕の高さを調整するようにしてください。

1-4. 新しい寝心地に慣れるのに数日かかる

人は習慣の奴隷です。

新しいマットレスでの新しい寝心地、新しい寝姿勢には、当初、違和感があるものです。

マットレスの硬さが悪いものから適切なものに変わるというときでさえ、このような違和感は避けられません。

いかに悪いものであっても、慣れるとそれが普通になってしまうことがあるのです。

そのため、新しいマットレスの寝心地に違和感があっても、まずは1~2週間くらいは様子を見るようにしましょう。

もちろん、2週間経っても違和感があれば何か問題があるはずです。その場合は速やかに販売店に連絡をするようにしましょう。

1-5. 新品のうちから保護を徹底しておく

汗染み、おねしょ、出血などなど。

マットレスをそのまま(もしくはシーツ一枚)だけで使っていると、すぐに汚れたりして耐用年数が短くなってしまいます。

 イメージ役割
ベッドシーツbed-sheet1肌触りや汗取り、コーディネートのためのもの。汚れ防止の役割もあるが
生地が薄いためこれ一枚では不十分。多様な素材、生地、柄がある。
敷きパッドshiki-pad1肌触り、汗取り、温湿度調整、マットレスの保護の役割がある。
夏用の冷感生地や冬用のあたたか生地のものなど多様。
ベッドパッドbed-pad1敷きパッドと似ているが、より厚みがあり体圧分散性を高める
ためのものが多い。厚い分洗濯しづらいのでシーツとの併用推奨。
トッパーmattress-topper1薄いマットレス。へたったマットレスなどに重ねて体圧分散性を
改善させるために使う。この上に寝てはいけない。
プロテクターmattress-protector1防水生地のシーツ。マットレスを汚さずにキレイに使うための
保険のようなもの。種類は少ない。
除湿シートdehumidify-sheet2マットレス下の湿気を取るためのもの。床置きなら必須。
ベッドでマットレスを使うとしてもあったほうがベター。

敷きパッドもしくはマットレスプロテクターで保護しましょう。

睡眠環境が衛生的になるのはもちろん、ダニ・カビ発生のリスクも下げられますし、何よりマットレスが長持ちするとお財布にも優しいです。


2. マットレスを買い替える9つの目安

あなたのマットレスが買い替えのタイミングが判断する目安についても一緒に考えましょう。

  • 表生地に擦り切れ・破れがある
  • わた・詰め物がへたっている
  • ウレタン・ラテックスなどの素材がへたっている
  • スプリングが劣化している(ヘタリ・ギシギシ音)
  • スプリングが背中に当たる感覚がある
  • スプリングが飛出している
  • 表生地の汚れが限界にきている
  • 粗相をして汚してしまった
  • カビが生えている

もしこのようなサインがあればマットレスに寿命が来ているとお考えください。

各項目の具体的な内容については下記のページで解説しています。

関連記事

2-1. マットレスの寿命(耐久性)の目安

なお、新しく購入するマットレスの耐用年数を推し量る方法もあります。

それはウレタンフォームの密度を知ることです。

「密度が低い」ということは「ウレタンがスカスカ」ということであり、その結果、「耐久性が低い」ことになります。

ウレタン密度(kg/㎥)耐久性の評価
高反発低反発
20以下30以下数ヶ月~1年程度の使用に向いています。
1万円をきる安価なウレタンマットレスに使用されることが多いです。
25前後35前後3~5年の使用に向いています。
リーズナブルなマットレスに使用されることが多いです。
30前後40前後5~8年前後の使用に向いています。
国内・海外ブランドの有名なマットレスの密度がこの辺りです。
40以上50以上8年以上の長期使用に向いています。
高価で高品質なマットレスのウレタン密度はこの辺りです。

その逆に、「密度が高い」ということは「しっかり詰まっている」ということであり、「耐久性が高い」ことになります。また、ウレタンフォームの密度が高ければ高いほど、使用される原料が多くなるので原価も高くなります。

あなたがマットレスに期待する耐用年数と、予算のバランスを考えて選ぶようにしましょう。

2-2. 損をしないための処分方法

なお、マットレスを処分するなら検討するべき順番があります。

粗大ゴミとして捨てなくても自分自身で分解すればほぼ0円で家庭ゴミとして捨てることができるからです。

ウレタンフォームのマットレスの場合は、下記のページをご参照ください。

関連記事

スプリングマットレスの場合は、下記のページをご参照ください。

関連記事

上記のページ内でも言及していますが、近年の配送料金の値上げに次ぐ値上げにより、下取りや引き取りサービスは徐々に無くなってきているのが現状です。

これらのサービスにはあまりこだわりすぎないようにする方が良いかと思います。


最後に

あなたがマットレスを買い替えるに際して、知っておくべきことをご紹介しました。

参考になっていれば幸いです。

なお、もしマットレス選びのために情報収集中でしたら、ぜひ下記のページをご覧ください。自分にあったマットレスを選ぶための考え方の手順から、種類、素材、値段別におすすめマットレスを紹介しています。きっとお役立ていただけるはずです。

関連記事

 

また、マットレスに関するページを以下にまとめましたので、気になるトピックがあればあわせてご参考にしてください。

■あわせて読んでおきたい「マットレス」の記事一覧
 – 選び方編
○マットレスのおすすめ11選|専門家が教える自分に合うものを絞り込む手順
○敷布団とベッドマットレスの比較。素材ごとの併用の相性とおすすめ
○【失敗しないマットレスの選び方】硬さ、厚さ、密度、線材を吟味
○マットレスの3種類7素材を比較|特徴と選び方、おすすめできる人
○低反発と高反発の違い、あなたに合うマットレスはどっちか
○【快眠の方程式】マットレスの理想の硬さ=理想の寝姿勢
○マットレスの正しい厚み(高さ)は「用途と目的」を軸に考える
○【マットレスの通気性】素材・加工ベースで比較評価
 – 使い方編
○【マットレスの使い方】シーツ、パッドの正しい順番とは
○マットレスにすのこは必要か?おすすめの選び方
○マットレスの上に布団を敷いてはいけない2つの理由と代替策
○マットレスの正しいダニ退治方法、二度と繁殖させない予防法
○マットレスのカビ除去方法と、再発を防ぐ予防対策
○ベッド・マットレスがずれる?それなら滑り止め対策を
○長生きでお得に!マットレスの寿命を判断する5つの目安
○賢い節約術!マットレスの処分方法を考えるべき順序

睡眠健康指導士が”本気で”おすすめする
最高のマットレス

最高のマットレス

マットレスを選ぶとき、
このように困ることはないのでしょうか。

  • 品質の差がわからない
  • コスパの良し悪しがわからない
  • 種類が多すぎて選びきれない

睡眠は回復のための時間です。
そしてマットレスはそんな睡眠をサポートする大切な道具です。
あなたの健康のために最高品質のマットレスを眠りましょう。


最高のマットレスについて知る

SNSでもご購読できます

コメントを残す

*

快眠タイムズ