敷きパッドがあればシーツは不要?役割の比較とケース別の組み合わせ

敷きパッドとシーツって似ていますよね。

そのため、

  • どっちを上に敷くのが正しいの?
  • 敷きパッドがあればシーツって要らないのでは?

などの疑問を感じると思います。

結論、基本的にはシーツが一番上です。が、敷きパッドを一番上に敷くべきケースも例外的にあります。この点をカチッと理解するために本日は、

  • 敷きパッドとシーツの役割と特徴の違い
  • 敷きパッドとシーツを敷く順番の基本と例外
  • 敷きパッドとシーツのおすすめの組み合わせ方

について分かりやすく解説していきます。

著者情報
加賀 照虎

加賀照虎(上級睡眠健康指導士)

上級睡眠健康指導士(第235号)。2,000万PV超の「快眠タイムズ」にて睡眠学に基づいた快眠・寝具情報を発信中。NHK「あさイチ」にてストレートネックを治す方法を紹介。
取材依頼はお問い合わせから。
インスタグラムでも情報発信中⇒フォローはこちらから。


1. 敷きパッドとシーツの役割・特徴の比較

まず最初に敷きパッドとシーツの役割と特徴を比べて理解してみましょう。

 敷きパッドベッドパッドベッドシーツトッパープロテクター
イメージshiki-pad1bed-pad1bed-sheet1mattress-topper1mattress-protector1
役割
  • 肌触りの改善
  • 温湿度の調整
  • マットレスの汚れ防止
  • 肌触りの改善
  • 温湿度の調整
  • おしゃれ
  • 体圧分散改善
  • マットレスの
    汚れ防止
厚み薄め(5mm前後)厚い(1~2cm前後)薄い厚い(3~5cm)薄い
温湿度調整◯(生地で)◯(中材で)◯(生地で)
汚れ防止
手入れ簡単やや大変簡単(保護対象)簡単
体圧分散改善

1−1. 敷きパッドの役割と特徴

  • 肌触りの改善
  • 温湿度調整
  • 汚れ防止
  • 薄めのため洗濯や手入れは大変ではない
  • 冷感・発熱加工など機能性に富んだものが多い
  • 素材、品質、色、柄などのバリエーションはやや限られる

1−2. シーツの役割と特徴

  • 肌触りの改善
  • 温湿度調整
  • コーディネート
  • 薄いため洗濯や手入れがもっとも手軽
  • 冷感・発熱加工など機能性に富んだものは少ない
  • 素材、品質、色、柄などのバリエーションが豊富

1−3. 敷きパッドとシーツの役割・特徴の比較

それぞれの役割・特徴をかみ砕いて比べてみましょう。この点をわかっていると敷きパッド・シーツの上下の組み合わせをスッと理解できるようになります。

  • どちらも肌触りの改善をするがシーツのほうが品質の幅が広い。例えば、超長綿の敷きパッドはないがシーツはあるし、サテンシルクの敷きパッドはないがシーツではある。
  • どちらも温湿度調整はするものの敷きパッドはシーツにはない中わたによる調整機能まで出来るので、この機能においては敷きパッドに分がある。
  • どちらも汚れ防止に役立てるのがシーツは薄いため若干の汗取りくらいしか出来ない。敷きパッドは中わたによる厚さがあるため十分マットレスの保護ができる。
  • 冷感や発熱加工などの機能性のある商品は敷きパッドのほうが多い。
  • 色や柄などのバリエーションは敷きパッドでは少ないので、ベッドをコーディネートするならシーツで行うことになる。

2. 敷きパッドとシーツを敷く順番【基本シーツが一番上だが例外あり】

結論、基本的にはシーツを一番上に敷きます。

そのため、敷きパッドやシーツなどをすべて敷くとすると、

  • 【マットレス>トッパー>マットレスプロテクター>ベッドパッド>敷きパッド>シーツ】

という順番になります。

とはいえ、マットレス周辺アイテムを全て使う必要はありません。

多くの場合、下記のような組み合わせになります。

  • 一般的な組み合わせ:【マットレス>ベッドパッドor敷きパッド>シーツ】
  • 保護重視の組み合わせ:【マットレス>プロテクター>ベッドパッドor敷きパッド>シーツ】
  • へたったマットレスでの組み合わせ:【マットレス>トッパー>ベッドパッドor敷きパッド>シーツ】

2−1. 例外的に敷きパッドを一番上にして使う2つのケース

ただ、上記の3つの組み合わせとは違って、例外的に敷きパッドを一番上にして使うケースもあります。

必要最低限の組み合わせで利用するケース

【マットレス>敷きパッド】という組み合わせです。

肌触り、温湿度調整、マットレスの保護まで一通りすべて敷きパッドに任せることになります。汗を吸収する素材の敷きパッドであれば、それ一枚だけで機能的には十分といえば十分になります。そのため、「買うものを極力少なくしたい」と考えている方には、このように敷きパッドが一番上にくる組み合わせがあるのです。

この組み合わせの欠点が敷きパッドを洗う頻度が増えることです。敷きパッドの上に直に寝ることになるため、敷きパッドを1~2週間に1度で洗うことになります。いかに敷きパッドが薄めとはいえ、やや手間がかかります。敷きパッドの上にシーツを敷けば、シーツを週に1度、敷きパッドを2~3ヶ月に1度ほどの頻度で洗えばよくなります。購入物を減らすメリットと洗濯の手間が増えるデメリット、どちらを取るか天秤にかけて考えましょう。

夏用・冬用の敷きパッドを利用するケース

  • 接触冷感敷きパッド
  • 吸湿発熱敷きパッド
  • あたたか起毛生地敷きパッド
通年敷きパッド夏用の冷感敷きパッド冬用のあたたか敷きパッド
all-year-mattress-padcool-mattress-padwarm-mattress-pad

このような敷きパッドは、その上に直接寝ることで冷感・温感を味わって寝ることができます。その上にシーツを敷いてしまうと効果が減ってしまいます。そのため、この手の敷きパッドを使うなら同じく例外的に【マットレス>敷きパッド】という組み合わせになります。

こちらも同じく、冷感・温感を味わうメリットと洗濯の手間が増えるデメリット、どちらを取るか天秤にかけて考えるようにしましょう。

2−2. 敷きパッドとシーツ、おすすめの組み合わせ

人それぞれ好みや生活スタイルなどあるかと思いますが、私のおすすめの組み合わせはこれです。

  • 【マットレス>敷きパッド>シーツ】:この組み合わせが全てのバランスが良いので一番おすすめです。シーツには幅広い素材・色の選択肢がありますので、寝心地もベッドのコーディネートも理想通りにできます。さらに、きちんとした素材の敷きパッドを選べば温湿度調整も快適にでき、なおかつ、マットレスの保護もほとんど十分なレベルにできます。もちろん、洗濯などの負担も少ないです。

ぜひ、ご参考にしてください。


最後に

敷きパッドとシーツの違いを理解し、どのような組み合わせがあなたに合うか理解できていれば幸いです。

なお、自分に合った敷きパッドを選ぶ手順(役割の理解→素材選び→好み・体質チェック)についてこちらのページ「敷きパッドのおすすめ6選と選び方【素材と機能を徹底理解】」で徹底解説しています。敷きパッド選びの情報収集をしている方は是非参考にしてください。

綿100%でカラッと爽やか。
最高の敷きパッドを開発しました。

「ベッド内の湿度を適切にコントロールすることで、
眠りの質を高める」このような考えのもと、

などなど、
あなたが快適な眠りをする一助となります。

詳しくは下のボタンの先のページをお読みください

商品の詳細はこちら

SNSでもご購読できます

コメントを残す

*

快眠タイムズ