マットレス

フローリングにマットレスの直置きは厳禁。するべき5つの処置

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

フローリングにマットレスを直置きしていると、マットレスにカビが生える恐れがあります。

しかし実際のところ、どのカビ対策がどれくらい効果的なのか、イマイチ分からずお困りのことと思います。

そこで本日は、「フローリングのマットレスにするべきカビ対策とその効果の程、各対策の上手な組み合わせ方」をご説明します。


1. フローリングに直置きのマットレスに取るべき処置

高反発マットレス、低反発マットレス、ラテックスマットレスが特にカビ発生の危険度が高いです。が、その他のマットレスでもフローリングに直置きしていると、カビが生える恐れがあるためおすすめできません。

なので、きちんとカビ対策を取ることが大切ですが、「これ1つで完璧!」というような対策はないので、対策を上手に組み合わせる必要があります。

※カビが生えるメカニズム

マットレスのカビ対策を知る前に、フローリングにマットレスを直置きするとカビが生えてしまうメカニズムを知りましょう。対策をより納得して行えます。

以下のイラスト一枚で、分かりやすく説明します。

マットレスが湿気る原因
マットレスが湿気る原因

どういうことかと言うと、

  • 人間が睡眠中に発する気化熱(水蒸気の汗)によりマットレスが湿気る
  • マットレスの上面と下面の温度差により結露ができマットレスが湿気る
  • → 通気の悪い多湿環境下のため、雑菌が繁殖してカビが発生

湿気によりカビが発生すると言うと、夏場が危険のように感じられる人が多いですが、実のところ冬場も全く安心できません。特に、あなたの部屋が以下のような状況に該当するならば要注意です。

  • 朝起きた時、マットレスの底面が湿っている
  • 窓が結露でびっしょり濡れている

それでは次に、具体的なカビ対策をご紹介していきます。

1−1. すのこベッドフレームを使う

ベッドフレームの天板が「すのこ形状」になっているすのこベッドを使うことが得策ですが、何らかの理由でベッドが導入できない場合、床置きすのこベッドを使うことをおすすめします。

床置きすのこ
床置きすのこ

価格:5,990円
【当製品の販売ページ】

マットレスの下に通気スペースが生まれるため、湿気が溜まりにくくなりカビ対策ができます。

とはいえ、写真のような直置きすのこベッドは、あまり高さがないためこれだけで十分と言えるほど通気性を高められる訳ではありません。そのため、他の対策も組み合わせる必要があります。

すのこフレームとフローリング、畳を比較すると、状況が分かりやすいです。

  • 床置きすのこベッド:吸湿△、通気△
    すのこベッドの下に多少ですが通気の空間ができ、布団に湿気が溜まりづらいです。また、ベッドが木製であれば湿気を吸い取る役割も果たします。
  • すのこベッドフレーム(高):吸湿△、通気◯
    ベッドの高さがある分、通気性が高くなるので、さらに湿気が溜まりにくいです。
  • フローリング:吸湿✕、通気✕
    フローリングは湿気を吸い取りませんし、空気が通る隙間もないので、湿気が溜まりやすくなります。そのため、布団を敷きっぱなしにすると、湿気が溜まる一方になります。
  • 畳:吸湿◯、通気✕
    畳の素材であるい草には湿気を吸い込む性質があるので、敷きっぱなしはダメですが、布団に湿気が溜まりづらいです。

1−2. 除湿シートやパッドを使う

シリカゲルなどの吸湿剤が入っている除湿シートやパッドもカビ対策に有効です。

  • 除湿シート
    マットレスの下に敷いて、底面に溜まる湿気を除去します。冬場は週に1度、除湿シート自体を取り出し、乾燥させる必要があります。マットレスの底面が湿気りやすい環境の人には必須です。
  • 除湿パッド
    マットレスの上に敷いて、寝汗・気化熱による湿気を除去します。日中にマットレスの上で空気に晒して乾燥させておく必要があります。寝汗が多い人には必須です。
除湿敷きパッド
除湿敷きパッド

製品:ドライミング除湿パッド
価格:7,549円
【快眠タイムズのレビューを読む】

自社製品で恐縮ですが、おすすめの除湿敷きパッドです。

また、こちらのページ『除湿シートの使い方を図解【ベッドと布団のカビに効果的】』でおすすめの除湿シートとパッドを紹介しているので、ご参考にしてください。

1−3. アルミシートをマットレス下に敷く

安上がりで行えるカビ対策としては、アルミシートをフローリングとマットレスの間に挟むことがおすすめです。

アルミシート
アルミシート

価格:448円
【当製品の販売ページ】 

アルミシートの働きによりフローリングとマットレスの間に強烈な温度差が発生しにくくなるので、結露によるカビ発生の可能性を下げられます。さらに、フローリングから冷気が上がって来づらくなるので、布団の中が温まりやすいというメリットもあります。

1−4. フローリング直置きにおすすめのマットレス

通気性にすぐれた素材、もしくは、吸放湿性にすぐれた素材のマットレスであれば、フローリングに直置きしても湿気りにくくカビが発生しにくいです。

  • 高反発ファイバー素材
  • セルプールウレタンフォーム

などの素材が使われていれば、完璧ではないにせよとても安心できます。

B-AIR PRO PLUS
B-AIR PRO PLUS

価格:55,800円
【当製品の販売ページ】

私どもが素材提供をして関わっているマットレスです。通気性にすぐれる高反発ファイバー素材の「ブレスエアー®」と調湿機能を持つウレタン「セルプール」が組み合わせられているため、非常に湿気りにくい作りになっています。

寝心地はもちろん快適です。

1−5. マットレスの湿気対策お手入れ

上記のような対策グッズに頼らず、その上、通常のマットレスを使用するならば、日々のお手入れをきちんと行う他ありません。

例えば以下のような「マットレスから直接的に湿気を取る対策」が効果的なのでおすすめです。

  • 睡眠中以外はマットレスを壁に立て掛ける
  • マットレスの底面に空気を当てる
  • 布団乾燥機でマットレスを乾燥させる(手間がかかるので、既に布団乾燥機をお持ちの人以外にはおすすめできません)
マットレスの換気方法1
マットレスの換気方法1

一方、以下のような「部屋自体の湿気を抑えるタイプの対策」はそこまで大きな効果はありませんが、可能であれば併せて行うようにしましょう。

  • 加湿器の使用を控える
  • 除湿機を使用する
  • 観葉植物は寝室に置かない
  • 寝室で洗濯物を部屋干ししない

1−6. 各対策の上手な組み合わせ

様々な対策をご紹介してきましたが、どの対策も1つだけでは物足りません。なので、まとめとしておすすめの組み合わせてご紹介します。

  • 春から秋の間におすすめの方法
    【マットレス→除湿パッド】で様子を見ましょう。起床時にマットレスの底面をチェックして、湿っているようなら、すのこor除湿シートを導入しましょう。もしくは、こまめにマットレスの底面を乾かすようにしましょう。
  • 冬の間におすすめの方法
    【すのこ→除湿シートorアルミシート→マットレス】で様子をみましょう。起床時にマットレスの底面が湿気っていれば、除湿シートとアルミシートを両方使うか、マットレスの底面の乾燥をこまめにしましょう。除湿シートの乾燥も忘れずに行いましょう。また、夏場のカビ対策のためにもそうですが、マットレスの上に直接寝るのは良くないので、いずれにしても除湿パッドの使用をおすすめします。

最後に

あなたが湿気とカビの心配をすることなく、快眠できるようになっていれば幸いです。

もし「湿気のせいでダニが繁殖してるかも」とお心当たりの場合、こちらのページ『【保存版】3ステップ式ダニ対策/予防マニュアル』でダニ対策について網羅的に説明しているのでご参考にしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

眠りをより深く快適にする革命的ウレタン、セルプール。

  • しっかりと寝たはずなのに朝起きると体が重い・・。
  • 朝スッキリと目覚められない・・。
  • 日中の眠気のせいで仕事に集中できない・・。

睡眠の質が悪くなっていることで、日常生活に支障をきたしていないでしょうか。眠りをより快適に、そして、より深かめるために私どもが開発したのがセルプールマットレスです。

  • まるで宙に浮いているかのような体の軽さ
  • 力まずコロッと楽にできる寝返り
  • さらっとムレにくい爽やかな寝心地
  • 長く使える圧倒的な耐久性
  • ダニやカビの発生を抑える特殊技術
  • 大使館が推奨する信頼性

是非あなたの睡眠改善にお役立てください。


セルプールの詳しいレビューを読む

SNSでもご購読できます

コメントを残す

*

快眠タイムズ