マットレス

マットレスの正しい厚み(高さ)は「用途と目的」を軸に考える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
著者情報
加賀 照虎

加賀照虎(上級睡眠健康指導士)

上級睡眠健康指導士(第235号)。1,000万PV超の「快眠タイムズ」にて睡眠学に基づいた快眠・寝具情報を発信中。NHK「あさイチ」にてストレートネックを治す方法を紹介。取材依頼はお問い合わせから。インスタグラムでも情報発信中⇒フォローはこちらから

マットレスを購入するとき、商品ごとに厚み(高さ)が色々あるため迷いますよね。

マットレスの厚みは、あなたがどのようにマットレスを使うのか「用途と目的」を考えて検討しないと、寝心地や使い勝手に不満を感じることになります。

そこで本日は、マットレスの「素材」「種類」「硬さ」を考慮しながら、7つに分けたマットレスの厚みに期待できる用途と目的をご説明します。


マットレス選びの答え
商品の詳細はこちら

1. マットレスの厚みは7段階|それぞれの適切な用途と目的

まずはチャートでざっと俯瞰してください。

なお、ウレタンマットレスの表面が波状・凸凹状のものは、0.5~1cmほど厚みを割り引いてお考えください。

indicator-of-mattress-height

それでは、それぞれ詳しく説明していきます。

◯厚み3cmのマットレス(トッパー)

厚みが3cmのものはマットレスというよりは、薄めのマットレストッパーです。

一枚で寝るには不十分ですが、寝心地が若干悪くなってきたマットレスの上に敷くのに最適です。とはいえ、マットレスが硬すぎて圧迫感がかなりある場合は、3cm厚のトッパーでは対処しきれないこともあります。

新生児用の敷寝具でしたら、これくらいの厚みが丁度いいです。

◯厚み5cmのマットレス(トッパー)

mattress-topper-6cm

厚みが5cmのものもマットレスというよりは、マットレストッパーです。

トッパーとしてはやや厚めです。マットレスがかなり硬くて寝心地が悪くとも、この程度の厚みがあれば、十分快適なレベルにまで寝心地を改善させられます。

ただ、5cm厚のトッパー一枚で寝るのはおすすめできません。しかし、車中泊用、実験室での仮眠用など、コンパクト性が重視され、なおかつ、たまにの使用であれば悪くないと思います。もしこのような使い方を想定されているのなら、硬めのもののほうが底付き感が少ないのでおすすめです。

底つき感のイメージ
底つき感のイメージ

また、小学校低学年の30kgくらいの子供用のマットレスなら、これくらいの厚みで丁度いいです。

◯厚み7cmのマットレス

高反発素材で厚みが7cmのものは、トッパーではなく敷布団のような床に置いて使うマットレスとして想定されているケースがほとんどです。もちろん、豪華なトッパーとしても使用可能です。

しかし、低反発素材のものはトッパーとして想定されていることもあり、一枚だけで使うには寝心地が不十分なこともあります。

7cmのものは三つ折り仕様のものが多く、敷布団のように、手軽に折り畳んで押入れにしまえます。ただ、ケースバイケースで使用感が別れます。以下の3つのポイントを念頭にお選びください。

  • 柔らかいマットレス、低反発素材だと、底付き感があることも。
  • あなたの体重が70kg以上だと、底付き感があることも。
  • ウレタンの密度が低い(高反発なら20前後、低反発なら30前後)低価格のものは、使用開始数ヶ月で底付き感がでてくることがある。
密度評価
20
前後
数ヶ月~1年程度の耐久性です。1万円以下の安価なウレタンマットレスに使用されることが多いです。
25
前後
3~5年程度の耐久性です。2万円前後のリーズナブルなマットレスの密度がこの辺りです。
30
前後
5~8年の耐久性です。国内・海外ブランドの有名高反発マットレスの密度がこの辺りになります。
40
前後
8年以上の耐久性です。高品質なマットレスやベッドマットレスの中材には、高密度のウレタンが使用されます。

これらの点を踏まえて、寝具ショップで試し寝をして選びましょう。少なくとも3分間、横向きで試し寝をして、底付き感・圧迫感があらわれなければ、快適に寝られます。

◯厚み10cmのマットレス

Mattress-on-the-floor

ウレタンマットレスの一般的な厚みが10cmです。しっかりとした体格の人でも一枚で十分快適に寝られる厚みなので、ウレタンマットレスの中では定番のサイズです。

  • 敷布団だと寝心地がいまいち
  • だけど、床に置いて使える敷寝具がほしい
  • 押入れに収納できればベター

などなどお考えなら、10cm厚の折りたたみマットレスが丁度いいはずです。

また、このくらいの厚みのマットレスの使用者から「マットレスと布団を重ねて使って良いのか」と質問を受けることがありますが、使われている素材同士の相性にもよるので一概にどうだと答えにくいところがあります。以下のページで詳しく解説しているのでご参考にしてください。

関連記事

◯厚み15cm以上のマットレス

低反発にせよ高反発にせよ、ウレタンマットレスとしては十分な厚みです。

これくらいの厚みならベッドの上に置いて使うのが一般的ですが、床に置いて使うのも問題ありません。ただ、壁に立てかけて乾かすときにやや重労働に感じるかもしれません。

その一方、スプリングマットレス(ポケットコイル・ボンネルコイルマットレス)としては薄すぎるレベルになります。

スプリングの上のクッション材(ウレタンなどの詰め物)があまりにも少ない場合(例えば、2cmのウレタン一枚と不織布一枚のみ)だと、寝心地が硬すぎたり、へたりが早く、すぐに硬く感じられることがあるので注意が必要です。

クッション材の少ないスプリングマットレス
クッション材の少ないスプリングマットレス

私の知る限り、スプリングマットレスは20cm以上の厚みがないと、かなり残念な寝心地になってしまうことがほとんどです。

また、これくらいの厚みのマットレスを検討すると、ウレタンマットレスがいいのか、スプリングマットレスがいいのか非常に迷うと思います。以下のページそれぞれのマットレスを4つの観点(「耐久性」「使い勝手」「衛生面」「廃棄性」)から比較しているので、あなたに合うのはどちらかご確認ください。

関連記事

◯厚み25cm以上のマットレス

25cm以上の厚みは、コイルスプリング製のベッドマットレスで売れ筋のものに多いです。床に直置きせずにベッドで使うので、ベッドマットレスと呼ばれます。

裏表どちらにもクッション材が入っていて両面使用可能なものもあります。8年以上の使用期間を想定している場合は、これくらいの厚みのあるベッドマットレスをおすすめします。

また、スプリングマットレスを購入するなら、コイルスプリングの品質チェックも重要です。

コイルスプリングの品質表示の見方
コイルスプリングの品質表示の見方

ざっくりとポイントだけ解説すると、

  • 線材がピアノ線のものは10年以上の長期の使用に向く。
  • 硬鋼線で②の炭素の保有量が:
    60台のものは安価な3~5年前後の耐用年数のものに多い。
    70台前半のものは5~8年前後の耐用年数のものに多い。
    70台後半のものはそれ以上の長期間の使用が見込める。
  • 硬鋼線材はSWRH82B-Cが最高品質。

マットレスの耐用年数を見極める大切な指標です。あなたが検討しているマットレスの比較検討の材料としてお役立てください。

注!:大変残念なことに、平成29年3月30日よりスプリングマットレスの品質表示法の改定があり、表示内容が大幅に簡素化されることになりました。
今後はこのような表示内容になるため、品表ラベルを見てスプリングの数、大きさ、材料の種類、品質などを知ることができなくってしまいました。とはいえ、メーカーも販売店も今まで通り上記のスペックを参考に売買をしているので、あなたが店頭でマットレスの線材と品質を質問すれば教えてくれるでしょう。優れた一品を選び抜くため使える知識ですので、品質表示に記載はされていないとしても、知っておくに越したことはありません。

◯厚み35cm以上のマットレス

コイルスプリングやウレタンフォームの高品質化に従い、分厚いマットレスは減ってきていますが、高価なベッドマットレス(コイルスプリング製)の中には35cm以上の厚みのものもまだまだあります。

良いものはもちろん良いのですが、不必要に分厚く豪華に見せかけただけのマットレスや、クッション材を詰めすぎてしまって、コイルスプリングの良さを打ち消してしまっているマットレスには注意が必要です。

(追記)おすすめのマットレスの厚み

「結局、マットレスの厚みはどれくらいのがおすすめなの?」と言われると、難しいです。何を求めるかによって変わるからです。

ウレタンマットレスなら10cm前後の厚みだと寝心地、扱いやすさ、コスト面、排気のしやすさ、のバランスがよいのでおすすめです。ただ、ベッドの上で使うなら厚みが20cmくらいあると見栄えがかなり立派になります。若干高くはなりますが。

スプリングマットレスを検討されているのなら、厚みが30cm前後の厚みがあれば十分だと私は考えています。ただ、40cmくらいのものとなると、そこまで厚すぎても、、、と思います。両面使用可能な分厚いマットレスを買っても、使う面をローテーションする人は少ないです。それなら、片面仕様のマットレスにプロテクターやパッドを敷いて大事に使い、マットレスを長持ちさせることをおすすめします。


マットレス選びの答え
商品の詳細はこちら

最後に

マットレスの厚みの目安についてご理解いただけたと思います。

また、以下のページでマットレスの厚みだけでなく、寝心地が素晴らしいマットレスを選ぶためのポイント(体圧分散性、弾力性、耐久性など)とおすすめのブランドについて徹底的に解説しているので、是非あわせてご参考にしてください。

関連記事

 

なお、マットレスに関するページを以下にまとめましたので、気になるトピックがあればあわせてご参考にしてください。

■あわせて読んでおきたい「マットレス」の記事一覧

熟睡マットレスのおすすめブランド9選【選ぶコツと注意点】
腰痛を起こすマットレスの3つの原因と改善方法
これで失敗知らず!三つ折りマットレスのおすすめの選び方
奇跡の復活!マットレストッパーの正しい使い方・選び方
子供用マットレスの選び方5つのポイント
低反発と高反発の違い、あなたに合うマットレスはどっちか
【マットレスの使い方】シーツ、パッドの正しい順番とは
【快眠の方程式】マットレスの理想の硬さ=理想の寝姿勢
マットレスの正しい厚み(高さ)は「用途と目的」を軸に考える
マットレスの通気性を3段階で比較評価!
ベッドマットレスにそのまま寝るのはダメな3つの理由
フローリングにマットレスの直置き厳禁。正しい対策でカビ無しに
マットレスを和室の畳に直置きして使うなら気をつけたいこと
マットレスにすのこは必要か?おすすめの選び方
マットレスの上に布団を敷いてはいけない2つの理由と代替策
【ベッドマットレスvs敷布団】あなたに合うのはどっち?!
マットレスの正しいダニ退治方法、二度と繁殖させない予防法
マットレスのカビ除去方法と、再発を防ぐ予防対策
ベッド・マットレスがずれる?それなら滑り止め対策を
長生きでお得に!マットレスの寿命を判断する9つの目安
マットレスに凹み?!ヘタったマットレスへの3つの対処法
賢い節約術!マットレスの処分方法を考えるべき順序

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

プロが本気で選んだマットレス8選

プロが本気で選んだマットレス8選

こんなことでお困りではないでしょうか

  • マットレスの寝心地が悪い···
  • 買い換えたいが、目安が分からない···
  • 商品ごとの違いが分からない···

マットレスのせいで睡眠の質が下がっているなんて勿体ないです。
あなたの硬さの好み、生活スタイル、予算などを考えると、どのようなマットレスを選ぶべきか自ずと分かってきます。
そんなマットレス選びのポイントと、品質・価格のバランスが素晴らしいマットレスを紹介していますので、是非参考にしてみてください。

SNSでもご購読できます

コメントを残す

*

快眠タイムズ