マットレス

マットレスの正しい厚み(高さ)は「用途と目的」を軸に考える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

新しいマットレス(もしくはマットレストッパー)を購入しようとする時、商品ごとに厚み(高さ)が様々なため、どれを選べばいいのか迷うことはないでしょうか?

マットレスの厚みは、あなたがどのようにマットレスを使うのか「用途と目的」を考えて検討しないと、寝心地や使い勝手に不満を感じることになります。

そこで本日は、マットレスの「素材」「種類」「硬さ」を考慮しながら、7つに分けたマットレスの厚みに期待できる用途と目的をご説明します。


1. マットレスの厚みは7段階|それぞれの適切な用途と目的

厚みは大体の目安であることをご了承ください。

また、ウレタンマットレスの表面が波状・凸凹状のものは、0.5~1cmほど厚みを割り引いてお考えください。

厚み 評価
3cm 体圧分散性UPのためのトッパー。分厚い敷きパッドと同じくらいのサポート性。
5cm 体圧分散性UPのためのトッパー。仮眠用のマットレス。床に敷いて1枚で寝るにはギリギリの厚み。
8cm 床に置いて敷布団のようにして使えます。6kg前後なので手軽に扱える。
11cm ベッドの上でも、床に直に敷いて使うこともできる厚み。
15cm ベッドマットレス。重すぎずローテーションがしやすい。床置きには暑すぎる。
20cm ベッドマットレス。スプリング製のものが大半。シングルサイズでも15kg以上の重さになる。
30cm ベッドマットレス。スプリング製で両面仕様のものが大半。ものによっては厚すぎることも。

それでは、それぞれ詳しく説明していきます。

◯厚み3cmのマットレス(トッパー)

厚みが3cmのものはマットレスというよりは、薄めのマットレストッパーです。

一枚で寝るには不十分ですが、寝心地が若干悪くなってきたマットレスの上に敷くのに最適です。とはいえ、マットレスが硬すぎて圧迫感がかなりある場合は、3cm厚のトッパーでは対処しきれないこともあります。

新生児用の敷寝具でしたら、これくらいの厚みが丁度いいです。

◯厚み5cmのマットレス(トッパー)

厚みが5cmのものもマットレスというよりは、マットレストッパーです。

トッパーとしては平均的な厚みです。

マットレスがかなり硬くて寝心地が悪くとも、この程度の厚みがあれば、十分快適なレベルにまで寝心地を改善させられます。

5cm厚のトッパー一枚で寝るのはおすすめできませんが、車中泊用、実験室での仮眠用など、コンパクト性が重視され、尚且つ、たまにの使用であれば悪くないと思います。もしこのような使い方を想定されているのなら、硬めのもののほうが底付き感が少ないのでおすすめです。

また、小学校入学前の20kgくらいの子供用のマットレスなら、これくらいの厚みで丁度いいです。

◯厚み8cmのマットレス

高反発素材で厚みが8cmの場合、トッパーではなくマットレスとして想定されているケースがほとんどです。もちろん、豪華なトッパーとしても使用可能です。しかし、低反発素材の場合はトッパーとして想定されていることもあり、1枚で使うには寝心地が不十分なこともあります。

8cmのものは三つ折り仕様のものが多く、敷布団のように、手軽に折り畳んで押入れにしまえます。ただ、ケースバイケースで使用感が別れやすく、選ぶのが難しいです。以下の3つのポイントを念頭にお選びください。

  • 柔らかいマットレス、低反発素材だと、底付き感があることも。
  • あなたの体重が70kg以上だと、底付き感があることも。
  • ウレタンの密度が低い(20未満)低価格のものは、使用開始数ヶ月で底付き感がでてくることがある。
密度 評価
20
前後
数ヶ月~1年程度の耐久性です。1万円以下の安価なウレタンマットレスに使用されることが多いです。
25
前後
3~5年程度の耐久性です。2万円前後のリーズナブルなマットレスの密度がこの辺りです。
30
前後
5~8年の耐久性です。国内・海外ブランドの有名高反発マットレスの密度がこの辺りになります。
40
前後
8年以上の耐久性です。高品質なマットレスやベッドマットレスの中材には、高密度のウレタンが使用されます。

これらの点を踏まえて、寝具ショップで試し寝をして選びましょう。少なくとも3分間、横向きで試し寝をして、底付き感・圧迫感があらわれなければ、快適に寝られます。

◯厚み11cmのマットレス

ウレタンマットレスの平均的な厚みが11cmです。しっかりとした体格の人でも1枚で十分快適に寝られる厚みなので、ウレタンマットレスの中では定番のサイズです。

「8cm厚では若干物足りない」「押し入れへの収納は想定していない」という場合は、11cm厚がちょうどいいと思います。

また、このくらいの厚みのマットレスの使用者から「マットレスと布団を重ねて使って良いのか」と質問を受けることがありますが、こちらのページ『【基本厳禁】敷布団とマットレスの重ね使いの相性』で素材ごとの相性などを紹介しているのでご参考にしてください。

◯厚み15cm以上のマットレス

低反発にせよ高反発にせよ、ウレタンマットレスとしては十分な厚みです。

一方、スプリングマットレスは大体このあたりが最低限の厚みです。スプリングの上のクッション材(ウレタンなどの詰め物)があまりにも少ない場合(例えば、2cmのウレタン一枚と不織布一枚のみ)だと、寝心地が硬すぎたり、へたりが早く、すぐに硬く感じられることがあるので注意が必要です。

また、これくらいの厚みのマットレスを検討すると、ウレタンマットレスがいいのか、スプリングマットレスがいいのか非常に迷うと思います。こちらのページ『※購入前の注意点!スプリングマットレスの特徴と種類』でそれぞれのマットレスを4つの観点(「耐久性」「使い勝手」「衛生面」「廃棄性」)から比較しているので、あなたに合うのはどちらかご確認ください。

◯厚み20cm以上のマットレス

20cm以上の厚みは、コイルスプリング製のベッドマットレスで売れ筋のものに多いです。床に直置きせずにベッドで使うので、ベッドマットレスと呼ばれます。

裏表どちらにもクッション材が入っていて両面使用可能なものもあります。8年以上の使用期間を想定している場合は、これくらいの厚みのあるベッドマットレスをおすすめします。

また、スプリングマットレスを購入するなら、コイルスプリングの品質チェックも重要です。

コイルスプリングの品質表示の見方
コイルスプリングの品質表示の見方

ざっくりとポイントだけ解説すると、

  • 線材がピアノ線のものは10年以上の長期の使用に向く。
  • 硬鋼線で②の炭素の保有量が:
    60台のものは安価な3~5年前後の耐用年数のものに多い。
    70台前半のものは5~8年前後の耐用年数のものに多い。
    70台後半のものはそれ以上の長期間の使用が見込める。
  • 硬鋼線材はSWRH82B-Cが最高品質。

マットレスの耐用年数を見極める大切な指標です。あなたが検討しているマットレスの比較検討の材料としてお役立てください。

注!:大変残念なことに、平成29年3月30日よりスプリングマットレスの品質表示法の改定があり、表示内容が大幅に簡素化されることになりました。
今後はこのような表示内容になるため、品表ラベルを見てスプリングの数、大きさ、材料の種類、品質などを知ることができなくってしまいました。とはいえ、メーカーも販売店も今まで通り上記のスペックを参考に売買をしているので、あなたが店頭でマットレスの線材と品質を質問すれば教えてくれるでしょう。優れた一品を選び抜くため使える知識ですので、品質表示に記載はされていないとしても、知っておくに越したことはありません。

◯厚み30cm以上のマットレス

コイルスプリングやウレタンフォームの高品質化に従い、分厚いマットレスは減ってきていますが、高価なベッドマットレス(コイルスプリング製)の中には30cm以上の厚みのものもまだまだあります。

良いものはもちろん良いのですが、不必要に分厚く豪華に見せかけただけのマットレスや、クッション材を詰めすぎてしまって、コイルスプリングの良さを打ち消してしまっているマットレスには注意が必要です。

(追記)おすすめのマットレスの厚み

「結局、マットレスの厚みはどれくらいのがおすすめなの?」と言われると、11cm前後の厚みのウレタンマットレスが寝心地、扱いやすさ、コスト面、排気のしやすさ、のバランスがよく万能なのでおすすめです。

スプリングマットレスを検討されているのなら、厚みが25cm弱の厚みがあれば十分だと私は考えています。

あまりに厚すぎても、、、と思います。両面使用可能な分厚いマットレスを買っても、使う面をローテーションする人は少ないです。それなら、片面仕様のマットレスにプロテクターやパッドを敷いて大事に使い、マットレスを長持ちさせることをおすすめします。


最後に

マットレスの厚みの目安についてご理解いただけたと思います。

説明の途中で触れたウレタンの密度とコイルスプリングの品質は、耐久性とコストパフォーマンスを考える上でとても大切な指標です。説明が長くなるので当記事では軽く触れる程度に留めました。さらなる詳細はこちらのページ『マットレスのコスパの良し悪しを見抜く3つのポイント』をご参照ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

マットレスをずっとキレイなまま使える賢い節約ワザ、ご存知ですか?

おねしょやひどい寝汗、急な出血などでマットレスを汚してしまった経験はありませんか?

汚れたマットレスは家庭の洗濯機で洗えず、専門クリーニング業者に依頼するとシングルサイズのものでも約10,000円の負担になります。

しかし、これら液体汚れを防ぎ、マットレスを衛生的に保つ方法があります。それが、ヒルトンを始めとする世界の一流ホテルが導入する最高品質の防水マットレスプロテクター「プロテクト・ア・ベッド」です。

  • 50回洗濯をしても防水性が衰えない品質の高さ。
  • 防水にもかかわらず水蒸気は通す、快適でムレにくい圧倒的な透湿性(50g/㎡•h)。
  • マットレスの使用感を損なわない極薄0.025mmの防水膜。
  • もちろんダニ通過率0%のすぐれた防ダニ性。

創業33年、世界45ヶ国で愛されるアメリカのトップブランドが提供するミラクルシーツです。睡眠の質にこだわり、「ムレ」「ゴワゴワ」「パツパツ」などの不快な寝心地を抑えています。

もし、あなたがマットレスや布団の汚れ/衛生性に悩んでいるのであれば、プロテクト・ア・ベッドは劇的にあなたの睡眠の質を改善してくれるはずです。


世界最高品質のマットレスプロテクターについて詳しく見てみる。

SNSでもご購読できます

コメントを残す

*

快眠タイムズ