マットレス

【賢くお得に】ベッドマットレスを長持ちさせる秘訣

※自分に合ったマットレスを選ぶ手順(型→素材→個別商品)と値段、体質、好み別におすすめできるマットレスについてこちらのページ「マットレスのおすすめ11選|専門家が教える自分に合うものを絞り込む手順」で徹底解説しています。耐用年数だけでなく品質や機能性などに網羅的にマットレス選びを進めたい方は是非ご参考にどうぞ。

高品質なマットレスを購入するのなら、「いいモノは長く使いたい」と考えられると思います。

高価なモノでも長く使えれば、コストパフォーマンスは良くなりますからね。

とはいっても、

  • 「どうすればマットレスを長持ちさせられるんだろう」
  • 「そもそも長持ちするマットレスはどうやって選べばいいんだろう」

などなど不明な点があるかと思います。

そこで本日は、「マットレスを手軽に長持ちさせる方法」を具体的に分かりやすくご紹介します。

著者情報
加賀 照虎

加賀照虎(上級睡眠健康指導士)

上級睡眠健康指導士(第235号)。2,000万PV超の「快眠タイムズ」にて睡眠学に基づいた快眠・寝具情報を発信中。NHK「あさイチ」にてストレートネックを治す方法を紹介。
取材依頼はお問い合わせから。
インスタグラムでも情報発信中⇒フォローはこちらから。


1. マットレスを長持ちさせる3つの秘訣

結論から言うと、やるべきことは以下の3つです。

  1. 「ローテーション」により荷重の集中を減らしてヘタリにくくする
  2. 「敷きパッド」でマットレス表面の湿気を減らしてヘタリ対策をする
  3. 「プロテクター」で一発KOされないようにおねしょ対策をする(該当する場合のみ)

私の推定値のため恐縮ですが、少なくともマットレスの使用可能期間を20~30%は伸ばせられます。そのため、ある程度高品質のマットレスを購入するのであれば、お試しいただくことをおすすめします。

1−1. 「ローテーション」でマットレスにかかる荷重を分散させてヘタリにくくする

人が寝ることでマットレスに荷重がかかりヘタっていきます。

地球に重量がある限り、これは避けられません。

しかし、ローテーションといってマットレスをひっくり返して、使用者の体の重みがかかる位置を定期的に変えることで、極力ヘタリを避けることができます。

マットレスのローテーション
マットレスのローテーション

上記のイラストのように、3~6ヶ月に1度の頻度でマットレスの使用面を変えられると理想的です(もちろん、両面使用可のマットレスである必要もあります)。

とはいえ、マットレスが大きければ大きいほど、この作業は手間がかかります。スプリングマットレスのダブルサイズとなると30kg以上の重さとなるので、1人で行うのはとても大変です。高反発ウレタンやファイバーなどの比較的軽いマットレスを使用されている方や、体力に自身がある方に限られてしまいますが、マットレスを長持ちさせたのならおすすめの方法です。

1−2. 「敷きパッド」でマットレス表面の湿気を減らしてヘタリ対策をする

一方、多くの人が見落としているのが、湿気を原因とするマットレスのヘタれです。寝汗などにより湿った環境下では、マットレスの素材(わたやウレタンなどの詰め物)は非常にヘタれやすくなります。

例えば、「○万回ものマットレス圧縮試験の結果、ヘタり率がたったの2%!!!」という触れ込みでマットレスの耐久性がアピールされていることが多いですが、そのようなマットレスを湿気のある環境下で圧縮実験をすると、ヘタリ率はその数倍になることがあります。

湿気はマットレスの天敵なのです。

そこでおすすめなのが以下のような湿気対策です。とても手軽にマットレスを長持ちさせられるので是非お試しください。

  • ベッドパッド、敷きパッドを敷く:ベッドシーツだけでは寝汗による湿気り対策は万全とはいえません。ベッドパッドや敷きパッドを使うことで、マットレスの湿気りを防いで長持ちさせられるようになります。
  • マットレス表面を乾きやすくする:起床時に寝汗で湿ったマットレスをそのままにするのではなく、窓を開けて風がマットレスの表面に当たるようにしましょう。これだけでも大きな湿気り対策になります。

「ベッドパッド・敷きパッドってどう使うの?何が違うの?」と疑問の方は、以下のページをご参考にしてください。

関連記事

1−3. 「プロテクター」で一発KOされないようにおねしょ対策をする

おねしょ卒業前の子供、頻尿気味の高齢者が使っているマットレスに、特におすすめする方法です。

おねしょ被害は厄介です。

マットレスは物理的に自宅で洗えないため、業者にクリーニングしてもらうしか方法がありません(とはいえ、クリーニングはスプリングマットレスのみで、ウレタンマットレスはクリーニング対象外ですが)。

そのため、おねしょ被害の心配があるマットレスには、以下のような対策をしてもらいましょう。

  • 防水マットレスプロテクターを使う
  • おねしょパンツと敷きパッドを併用する

特にウレタンマットレスはクリーニング不可の上、水洗いによる劣化が激しく、おねしょ一発で捨てるハメになることがあるので、おねしょ対策は万全にしておきましょう。


2. 長持ちしやすいマットレスとはどんなものか

もしあなたがマットレスをまだ購入しておらず、「長持ちするマットレスの目安ってなんだろう」と考えているのであれば、以下の3つのポイントを頭に入れておきましょう。

ウレタンマットレスよりはスプリングマットレス

平均的なウレタンと平均的なコイルスプリングを比べると、コイルスプリングの耐久性のほうが高くヘタりにくいです。

とはいえ、コイルスプリングの品質も多様です。

それを見極めるために、品質表示タグの「コイルスプリングの材料と種類」を確認しましょう。

コイルスプリングの品質表示の見方
コイルスプリングの品質表示の見方

(品質表示引用元:消費者庁HP(引用元ページが表示改正により無くなりました))

硬鋼線(SWRH)の場合、②の数値が70以上で③がB以上のものを基準にして選ぶと、5~8年は快適に使用できます。コイルの品質がSWRH70B未満のマットレスは数年もしない内にギシギシと軋んだり、へたったりすることが予想されるので控えることをおすすめします。

また、線材がピアノ線のものは10年はゆうに使えるほどの品質のコイルです。とはいえ相当大事に扱わないと、詰め物・側生地がそれ以前にヘタってしまいますので、ご注意ください。

注!:大変残念なことに、平成29年3月30日よりスプリングマットレスの品質表示法の改定があり、表示内容が大幅に簡素化されることになりました。
今後はこのような表示内容になるため、品表ラベルを見てスプリングの数、大きさ、材料の種類、品質などを知ることができなくってしまいました。とはいえ、メーカーも販売店も今まで通り上記のスペックを参考に売買をしているので、あなたが店頭でマットレスの線材と品質を質問すれば教えてくれるでしょう。優れた一品を選び抜くため使える知識ですので、品質表示に記載はされていないとしても、知っておくに越したことはありません。

ウレタンの密度が高めのものを選ぶ

「ウレタンの密度」=「ウレタンの耐久性」です。

ウレタンマットレスが長持ちするかどうかに、ダイレクトに関わってくる最重要ポイントです。

ウレタンマットレスだけでなく、スプリングマットレスでもコイルスプリングの上にクッションとしてウレタンが詰められているので、そのウレタンの密度のチェックは長持ちするかどうかを見極める上で大切です。

高反発ウレタンの密度と耐久性は、以下のような関係になります。

ウレタン密度(kg/㎥)耐久性の評価
高反発低反発
20以下30以下数ヶ月~1年程度の使用に向いています。
1万円をきる安価なウレタンマットレスに使用されることが多いです。
25前後35前後3~5年の使用に向いています。
リーズナブルなマットレスに使用されることが多いです。
30前後40前後5~8年前後の使用に向いています。
国内・海外ブランドの有名なマットレスの密度がこの辺りです。
40以上50以上8年以上の長期使用に向いています。
高価で高品質なマットレスのウレタン密度はこの辺りです。

購入前のご参考にしてください。


最後に

マットレスを長持ちさせる方法、そして、長持ちするマットレスを選ぶ目安についてご理解いただけたと思います。

あなたが納得できる品質のマットレスを長くお楽しみいただくきっかけになれれば幸いです。

また、以下のページで寝心地が素晴らしいマットレスを選ぶためのポイント(体圧分散性、弾力性、耐久性など)とおすすめのブランドについて徹底的に解説しているので、是非あわせてご参考にしてください。

関連記事

 

なお、マットレスに関するページを以下にまとめましたので、気になるトピックがあればあわせてご参考にしてください。

■あわせて読んでおきたい「マットレス」の記事一覧
 – 選び方編
○マットレスのおすすめ11選|専門家が教える自分に合うものを絞り込む手順
○敷布団とベッドマットレスの比較。素材ごとの併用の相性とおすすめ
○【失敗しないマットレスの選び方】硬さ、厚さ、密度、線材を吟味
○マットレスの3種類7素材を比較|特徴と選び方、おすすめできる人
○低反発と高反発の違い、あなたに合うマットレスはどっちか
○【快眠の方程式】マットレスの理想の硬さ=理想の寝姿勢
○マットレスの正しい厚み(高さ)は「用途と目的」を軸に考える
○【マットレスの通気性】素材・加工ベースで比較評価
 – 使い方編
○【マットレスの使い方】シーツ、パッドの正しい順番とは
○マットレスにすのこは必要か?おすすめの選び方
○マットレスの上に布団を敷いてはいけない2つの理由と代替策
○マットレスの正しいダニ退治方法、二度と繁殖させない予防法
○マットレスのカビ除去方法と、再発を防ぐ予防対策
○ベッド・マットレスがずれる?それなら滑り止め対策を
○長生きでお得に!マットレスの寿命を判断する5つの目安
○賢い節約術!マットレスの処分方法を考えるべき順序

睡眠健康指導士が”本気で”おすすめする
最高のマットレス

最高のマットレス

マットレスを選ぶとき、
このように困ることはないのでしょうか。

  • 品質の差がわからない
  • コスパの良し悪しがわからない
  • 種類が多すぎて選びきれない

睡眠は回復のための時間です。
そしてマットレスはそんな睡眠をサポートする大切な道具です。
あなたの健康のために最高品質のマットレスを眠りましょう。


最高のマットレスについて知る

SNSでもご購読できます

コメントはこちらからどうぞ

  1. 教えてください!
    1)そもそも畳で布団で寝るのと、15センチコイルマットのベッドのどちらがいいのかと迷っております。私が困っているのは、背中が痛くて夜に2度以上目覚めることですが、畳で寝ても同じです。ただ、シアトルのフォーシーズンズ・ホテルのシモンズベッドでは、痛くありませんでした。畳とベッドとどちらをおすすめですか?
     ブログも見たつもりですが、見落としていたら、すみません。

    2)今使っているマットがへこんでいるのかどうかを見てくれる派遣専門家などはおられるのでしょうか?

     よろしくお願いします。

    1. 桃谷法子様
      お問い合わせありがとうございます。

      1)畳の上に布団 vs 15cm厚コイルマットレス
      どちらもその商品の品質によるので、回答が難しいところですが、
      布団は厚みが少なくとも8cm以上あるものでないと、サポート性が不十分で寝ているときに腰や背中に疲れや痛みを感じ、目覚めの原因になってしまうことがあります。
      15cm厚のコイルマットレスだとしても、コイルの上のクッション材(ウレタンやワタなど)が少ないと同じことになります。クッション材が少なくとも5~6cmはないと腰の痛みで目覚めてしまうことになります。低価格なビジネスホテルのマットレスにこのようなものが多いですね。
      ある程度予算をとれるなら、ベッドの上にマットレスを置いて使うことをおすすめします。もしくは、10cm厚の三つ折りのウレタンマットレスを敷布団のようにして使うことのも良いと思います。

      2)マットレスのヘタリを見る専門家は聞いたことがないですね。
      お近くの家具屋・布団屋に持ち込めば、意見をもらえれるとは思いますが、ちょっと面倒ですよね。
      ただ、マットレスの寝心地が悪くなったのであれば、ヘタリや硬化など寿命がきているんだろうと思います。

      以上、ご参考になってれば幸いです。
      ご不明点があれば、おっしゃってください。
      加賀照虎

桃谷法子 へ返信する コメントをキャンセル

*

快眠タイムズ