マットレス

ラテックスマットレスで快眠!品定めに知るべき7つの点

※自分に合ったマットレスを選ぶ手順(型→素材→個別商品)と値段、体質、好み別におすすめできるマットレスについてこちらのページ「マットレスのおすすめ11選|専門家が教える自分に合うものを絞り込む手順」で徹底解説しています。ラテックスだけでなく多様な素材から網羅的にマットレス選びを進めたい方は是非ご参考にどうぞ。

こんにちは、加賀照虎です。

天然ゴムが原料のラテックスマットレス。

低反発マットレスのように柔らかいものの沈み込みすぎず、なおかつ、反発力のある寝心地です。

その風合いが気に入り、興味を持つ人が多くいらっしゃいます。

しかし、日本ではそこまで人気がないため、情報が少ないのが現状です。

そこで本日は「ラテックスマットレスの優れた点、使用上の注意点など7つの特徴」をご紹介します。

著者情報
加賀 照虎

加賀照虎(上級睡眠健康指導士)

上級睡眠健康指導士(第235号)。2,000万PV超の「快眠タイムズ」にて睡眠学に基づいた快眠・寝具情報を発信中。NHK「あさイチ」にてストレートネックを治す方法を紹介。
取材依頼はお問い合わせから。
インスタグラムでも情報発信中⇒フォローはこちらから。


1. ラテックスマットレスの7つの特徴

ラテックスマットレスの特徴を一言で表すと、

  • 柔らかいのに弾性のある快適な寝心地で、使い勝手で好みが分かれる

といった具合です。

各種マットレスと比較すると下記のようになります。

種類イメージ体圧分散反発弾性 横揺れ  通気性 お手入れ






高弾性ウレタンhigh-resiilience-foam
ラテックスlatex-foam


高反発ウレタンregular-foam
高反発ファイバーair-fiber


低反発ウレタンmemory-foam




ハイブリッド3-layers-hybrid-mattress


ボンネルコイルbonnel-coil
ポケットコイルpocket-coil
※コイルスプリングマットレスの体圧分散性はコイルの上の詰めもの(ウレタンフォーム やわたなど)の量と品質により大きく左右され、単体での評価が不可能なため「 – 」としています。また、それぞれ加工・品質により△が◯になったり、◎が◯になることがあります。

高弾性ウレタンフォームとラテックスの寝心地は似ています。

むしろ、ラテックスの風合いを出すために調整された「ラテックス調ウレタンフォーム」というものがあるくらいです。

しかしそれはひとまず置いておいて、まずラテックスの特徴をそれぞれ解説していきます。

※実は3タイプあるラテックス素材

特徴の前に前提として知っておいてほしいのが品質。

実はラテックス素材と一口にいっても、3種類あることはご存知でしょうか。

  1. 合成ラテックス
  2. 天然ラテックス
  3. 天然ラテックス100%

ラテックスはゴムの樹液を発泡させて生産するのですが、このときに他の原料を混ぜ合わせることにより種類が変わります。

天然ゴムの保有量が80%以上であれば天然ラテックス、それ以下であれば合成ラテックス、他の原料が無ければ天然ラテックス100%となります。もちろん、天然ゴムの保有量が多いものの方が良いです。合成ラテックスだと耐久性が劣っていたり、ゴム臭が強かったりなど、マットレス素材としての使用には難があります。

ちなみに以下の動画は、ゴムの樹液が採取されるところからラテックスマットレスが出来上がるまでを短くまとめているので興味がある方はご覧ください。

○ラテックスマットレスの優れた点

それでは次にラテックスマットレスの特徴を優れたポイントからご紹介します。

①優れた体圧分散性と優しい反発力

冒頭でラテックスマットレスは快適な寝心地と言いました。それは体圧をきれいに分散する柔らかさと同時に、体をサポートする反発力をあわせ持っているためです。

理想的な寝姿勢
理想的な寝姿勢

柔らかいマットレスであれば体圧を分散しますが、腰が沈み込みすぎないために適度な反発力が同時に存在することが大切です。この点においてラテックスマットレスは、ゴム特有の弾性の働きによって腰を持ち上げるため、キレイな寝姿勢をサポートします。

②耐久性が高く処分が楽でエコ

さらに、密度がしっかりしているものは耐久性が高く長期間の使用が期待できます。

もちろん、合成ラテックス素材のマットレスの中にはへたりやすいものもあるので注意が必要ですが、天然ラテックス100%素材のものは製造者側もコストをかけて発泡しているのでムラの少ない品質の良いものが多いです。また、処分がエコに行える点もラテックスの特徴で、土に埋めてしまえば数年で分解され自然に帰ります。

とはいっても、実際に土に埋める人はいないと思います。しかし、ラテックス素材を細かくちぎりゴミ袋に入れて捨てることもできるので処分はとても楽です。(※燃える、燃えない、資源ゴミかは地方自治体により変わりますので、各自ご確認ください。)

③抗菌性があるため衛生的

天然ラテックス素材は抗菌作用を持っているため衛生的です。そのため、雑菌が繁殖しにくくカビが生えにくいという特性を持ちます。

また、ダニもマットレス内部に寄せ付けにくいです。衛生面を重視してマットレスを選ぶ方に評価されるポイントです。抗菌性はラテックス素材の最大の特徴でもありますが勘違いしてはいけない点が、ラテックスマットレスを覆う側生地(カバー)までは抗菌ではない点です。なので、マットレスの下に除湿シートを敷くなどの湿気対策やお手入れをしなくて良いという訳ではありません。

○ラテックスマットレスの使用上の注意点

このように、寝心地も良く、耐久性にも優れる。

しかもその上、抗菌性があり衛生的な素晴らしいマットレス素材のラテックスですが、若干使い勝手が悪いところがあるのが実情です。海外ほど日本で販売されていない理由ともいえます。

とはいえ、以下で紹介していくデメリットが気にならなければ、あなたはラテックスとの相性が良いとも考えられます。

④通気性を考慮した使用を心がける

ラテックス素材はそこまで通気性が良くありません。

そのため、ピンホールという穴がたくさん空いた形状がほとんどですが、やはり熱帯夜にはムレ感が生じることがあります。これが日本でラテックスが受け入れられない最大の理由かもしれません。

とはいえ、空調管理の行き届いた部屋であれば、ムレ感を強く感じることはほとんどありませんし、高価なラテックスマットレスには側生地にウールわたがキルティングしてあったりと、ムレ対策がきちんとされています。

また、そのようなムレ対策のされたマットレスでなくとも、ベッドパッドやひんやり敷きパッドを別途購入することで、この懸念は解消されます。

⑤ゴム臭に敏感なら天然ラテックス100%を選ぶ

ゴム特有のニオイが若干するので、ニオイに敏感な方には不向きかもしれません。

特に合成ラテックスはゴム臭が強いのでおすすめできません。天然ラテックス100%素材であれば臭いは大きく軽減されます。なので、臭いに敏感な方は購入前にスメリング(臭いのテスト)を行うようにしましょう(ちなみに、ニオイにあまり敏感ではない私の体感にはなりますが、天然ラテックス100%のマットレスに寝転がった状態で臭いが気になったことはありません)。

⑥重いことを念頭に置く

とても重たいです。

例えば、厚み10cmのシングルサイズで約10kg前後、厚み15cmのダブルサイズだと優に20kg前後になります。マットレスを長持ちさせるために定期的に裏表をひっくり返すメンテナンス作業や、除湿シートの換気のお手入れ、引っ越しの場合の搬出入などは手間がかかります。

その上、重いだけでなくグニャッとなる分、持ち運びが一層困難になります。そのため、もしあなたがダブルサイズ(160cm幅)のラテックスマットレスを買おうと考えているのなら、80cm幅のラテックスマットレスを2つ用意して繋げてご使用することをおすすめします。

マットレスの間に溝ができる上に予算も上がりますが、長い目で見ると定期的なケアは楽になります。

⑦ゴムアレルギーをお持ちの方は使用厳禁

多くの方には無関係な話にはなりますが、原料がゴムなので、もしあなたがゴムアレルギーを持っていたらアレルギー反応が出ることがあります。そのため、ゴムアレルギーをお持ちの方はラテックスマットレス(枕も)の使用は控えましょう。


2. ラテックスマットレスは、アリかナシか

エコ意識の高い方におすすめです。

というのも、ラテックスマットレスの寝心地自体はかなり優秀ではあるものの、寝心地が同等レベルである高弾性ウレタンフォームと比べると、どうしてもコストパフォーマンスが悪く感じられるからです。寝心地が同じくらいでも、価格は2倍です。

それではなぜラテックスマットレスの価格がこれほどまでに高いのかというと、原料が天然由来だからです。原料の採取にかかる時間と労力が大きいのです。つまり、エコだから高価なのです。そのため、エコのために倍の価格を出せる方におすすめというわけなのです。

2−1. おすすめのラテックス&ラテックス調マットレス

それではまずおすすめのラテックスマットレスを紹介します。

body-doctor-mattress-advance
ボディードクター アドヴァンス マットレス

製品:ボディードクター アドヴァンス マットレス
硬さ:やや柔らかめ
サイズ:シングル(97×195×13.5cm)
重量:約20kg
価格:96,800円
送料:無料
保証:10年間品質保証
【商品ページはこちら】

こちらは天然100%のラテックスベッドマットレスです。ウレタンフォームの密度計算を適用すると70Dになるほどの高密度です。そのため、シングルサイズで20kgとかなりの高重量ですが、その分、耐久性はズバ抜けています。また、蒸れやすさが気になるラテックスですが、この商品はきちんとピンホール加工がされていますし、側生地に綿が65%も使用されているので安心なのでおすすめです。

次に、「ラテックスの寝心地は気に入ったけど高価だから手が出ない」という方には高弾性ウレタンフォームのマットレスがおすすめです。

kaimin-times-oasis-mattress-20cm
快眠タイムズ オアシスマットレス

製品:快眠タイムズ オアシスマットレス
硬さ:やや柔らかめ
サイズ:シングル(98×195×20cm)
重量:約15.5kg
価格:42,000円
送料:無料
保証:5年間品質保証・3週間トライアル
【商品ページはこちら】

ふわふわのやや低反発気味のウレタンフォーム、もちもちラテックス調ウレタンフォーム、しっかりめの高反発ウレタンフォームの三層構造になっているマットレスです。

Kaimin-times-mattress-foams-20cm-3
上からふわふわ、もちもち、しっかり

柔らかいのに体が沈み込みすぎず、もちっとした弾力で寝返りが楽にコロコロっとできるこの寝心地。朝までぐっすり深く休めることを目指しました。私企画のため手前味噌ですが、最高の寝心地と自負しています。


(追記)ラテックスマットレスのお手入れ方法

「ラテックスマットレスの日々の掃除やお手入れはどのようになりますか?他の種類のマットレスと異なる点はありますか?」との質問がありましたので追記しますが、

  • ラテックスは重たいため側生地を外しにくい
  • ラテックスは水洗い不可
  • 業者によるクリーニングも不可

これら3点を踏まえて、掃除・お手入れについて考えなくてはなりません。

つまり、一度ラテックスマットレスを汚してしまうと掃除が大変なので、敷きパッド、もしくは、マットレスプロテクターを併用してラテックスが汚れないようにしましょう。そして可能であれば、側生地はオープンファスナー構造(全周ファスナー)でマットレスを動かさずとも上面の側生地のみ取り外せる仕様のものをおすすめします。そうしていただければ、

  • 2~4週間に1度を目安にパッドorプロテクターを洗濯機洗い
  • その際、マットレスに掃除機をかける
  • 側生地は汚れたときだけ洗濯機洗い
  • 万が一、ラテックスが汚れたら固く絞ったタオルでサッと拭く

加えて、もしもあなたのご家庭(寝室)が多湿環境であれば、除湿シートをラテックスマットレスの下に敷いておくとなお良しです。

快適なマットレスの寝心地を損ねない高品質なマットレスプロテクターはこちらのページ『知らなきゃ大損?!防水マットレスプロテクターの賢い選び方』をご参考にお選びください。


まとめ

ラテックスマットレスは天然ラテックス100%素材のものをおすすめします。

そうであれば、寝心地、耐久性、衛生面に優れた良いものをお選びいただけると思います。と同時に、4つの注意点(通気性、ゴム臭、重さ、アレルギー)を念頭に置いてあなたの生活状況・体質に合うか考えることも必要です。

また、以下のページで寝心地が素晴らしいマットレスを選ぶためのポイント(体圧分散性、弾力性、耐久性など)とおすすめのブランドについて徹底的に解説しているので、是非あわせてご参考にしてください。

関連記事

 

なお、マットレスに関するページを以下にまとめましたので、気になるトピックがあればあわせてご参考にしてください。

■あわせて読んでおきたい「マットレス」の記事一覧
 – 選び方編
○マットレスのおすすめ11選|専門家が教える自分に合うものを絞り込む手順
○敷布団とベッドマットレスの比較。素材ごとの併用の相性とおすすめ
○【失敗しないマットレスの選び方】硬さ、厚さ、密度、線材を吟味
○マットレスの3種類7素材を比較|特徴と選び方、おすすめできる人
○低反発と高反発の違い、あなたに合うマットレスはどっちか
○【快眠の方程式】マットレスの理想の硬さ=理想の寝姿勢
○マットレスの正しい厚み(高さ)は「用途と目的」を軸に考える
○【マットレスの通気性】素材・加工ベースで比較評価
 – 使い方編
○【マットレスの使い方】シーツ、パッドの正しい順番とは
○マットレスにすのこは必要か?おすすめの選び方
○マットレスの上に布団を敷いてはいけない2つの理由と代替策
○マットレスの正しいダニ退治方法、二度と繁殖させない予防法
○マットレスのカビ除去方法と、再発を防ぐ予防対策
○ベッド・マットレスがずれる?それなら滑り止め対策を
○長生きでお得に!マットレスの寿命を判断する5つの目安
○賢い節約術!マットレスの処分方法を考えるべき順序

睡眠健康指導士が”本気で”おすすめする
最高のマットレス

最高のマットレス

マットレスを選ぶとき、
このように困ることはないのでしょうか。

  • 品質の差がわからない
  • コスパの良し悪しがわからない
  • 種類が多すぎて選びきれない

睡眠は回復のための時間です。
そしてマットレスはそんな睡眠をサポートする大切な道具です。
あなたの健康のために最高品質のマットレスを眠りましょう。


最高のマットレスについて知る

SNSでもご購読できます

コメントを残す

*

快眠タイムズ