大人気の大きい枕で快適ベッド生活!おすすめの使い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

海外のホテルに宿泊した時、ベッドの上に四角の大きい枕を発見して、

「なにこれ!めちゃくちゃおしゃれ!しかも、ベッドのだらだらグッズとして最強!」

と、一目惚れしたことはないでしょうか。とはいえ、日本の枕売り場にはあまりないサイズの枕のため、探すのに苦戦したり、上手な使い方に頭を悩ますと思います。

そこで本日は、数少ないながらも存在する「大きい特殊サイズの枕とそのおすすめの使い方」をご紹介します。


1. 枕の定番サイズと大きい特殊サイズ

枕の定番サイズは以下の3つで、それぞれ小柄の人、中柄の人、大柄の人向けとなっています。

  • 35×50cm(小柄な人向き)
  • 43×63cm(中柄な人向き)
  • 50×70cm(大柄の人向き)
枕サイズ
枕サイズ

そして、本日のトピックである「大きい特殊サイズの枕」には(若干の誤差はありながらも)以下の6つの種類(サイズ/形状)があります。

  • 60×63cm
  • 80×80cm
  • 43×100cm
  • 抱き枕(I字型)
  • 横向き寝枕(L字型)
  • ボディサポート枕(U字型)

これらの枕の快適な使い方を可能な限り写真で分かりやすくご紹介していきます(※抱き枕は基本的に抱きつく用途以外ないので省略します)。

1−1. 正方形型のクッション枕

外国のホテルのベッドのヘッドボードに添えられていることの多いのが、60×63cmサイズの枕です。稀に80×80cmの特大サイズの枕もあります。

(※形状が似ているので一緒におすすめの使い方を紹介していきます。)

欧州の高級寝具売り場では、ほぼ定番なサイズです。日本にも徐々に浸透し始めています。

通常の枕のようにして使うと背中から頭まですっぽりとサポートしてくれます。

上体を起こして寝たい方、頭だけでなく肩甲骨から背中まで、ふわっとしたサポートがほしい方にぴったりの使い方です。

80×80cmサイズであれば2つ並べると脚から頭まで全体をふわっふわにサポートして寝られます。

写真よりも脚をもうちょっと上げて寝ると、パンパンにむくんだ脚を楽にできます。歩き回った日の夜におすすめの使い方です。

そのまま横向き寝で寝る時は、枕を脚に挟むと横向き寝姿勢が安定して眠りやすいです。

他にも、ベッドのヘッドボードに枕を立て掛けて背当てクッションとして使うのもおすすめです。

ベッドの上で読書をしたり、テレビを見たり、スマホをいじったりする時、このようなクッションがあると非常に楽になります。ベッドの上でのリラックスアクティビティがとても捗るようになります。

1−2. 43×100cm(ロング枕/I型枕)

43×90~120cmサイズの枕も徐々に日本で普及しつつあります。

このサイズの枕は基本的に、1つの枕を2人でシェアする使い方がメインです。もちろん、1人で贅沢に使うのもありですし、子供を真ん中に挟んで川の字で寝るのにも向いている枕です。

若いカップルの支持が強いからなのか、日本の小売店ではドン・キホーテがこのサイズの枕をいくつか販売しているところを見たことがあります。

1−3. 横向き寝枕(L字型枕)

L字型の横向きサポート枕も人気です。

特にお腹が大きくなり仰向けでは寝づらくなった妊婦の方からは、絶大な支持を受けています。

使い方はシンプルに以下の写真のようになります。

サイドウェイズ(Sidewayz)
サイドウェイズ(Sidewayz)

使い方のポイントは、体重を斜め後ろにかけるようにして、横向きに寝ているけれども体の側面にのみ重心がかかるのではなく、背中にも体重がかかるように分散させることです。

そうすることで横向き寝を安定させられますし、横向き寝疲れを起こしにくくなります。

1−4. ボディサポート枕(U字型枕)

U字型のボディサポート枕はここ数年どんどん流行って来ています。

私どもが取り扱うU字型枕も伊勢丹新宿店の快眠フェアで取り上げられたり、睡眠クリニックで採用されるなど多方面で人気を博しています。

例えば、抱き枕のように片方に抱きつきつつ、もう片方を背中のサポートとして使ったり、

体全身を枕にあずけて文字通りボディサポート枕として使うのも快適です。

ベッドの上での読書、テレビ視聴、スマホいじりなどのリラックスタイムには本領を発揮します。好きなように枕のカタチを作って、あなたが楽な体勢をサポートさせてみましょう。最高に至福な時間になります。

U字型枕は作れるカタチの自由度が高いので、実際に手にしてみるとご紹介の使い方以外にも様々な用途が思いつきます。

ちなみに、我が家では幼い娘が寝返りで布団から落ちないようにするための防波堤としても役に立っています。

あなた独自の使い方を見つけてお楽しみください。


2. おすすめの大きい枕

自社製品のため恐縮ですが大人気の大きい枕をご紹介します。

2−1. フォスフレイクス枕(60×63cm)

フォスフレイクス60×63cm
フォスフレイクス60×63cm

価格:7,560円
【当製品の販売ページ@楽天市場】/【快眠タイムズのレビューを読む】

頭、首、肩だけでなく、肩甲骨までサポートする大きな枕です。ふわっと包み込まれて眠りに落ちる使用感が好みの方にとてもおすすめです。もちろん、ベッドの上でゴロゴロするときのクッションとしても有用です。

 

2−2. フォスフレイクス枕(80×80cm)

価格:11,880円
【当製品の販売ページ@楽天市場】/【快眠タイムズのレビューを読む】

なんと80×80cmの巨大な枕です。身長160cmの方なら文字通り半身をゆだねられるハーフボディーサポートピローです。上半身をやや起こして寝たり、腰枕として背中をサポートさせたり使ったり、枕として使いながらも肩甲骨や背中のクッションとして使ったりすることができます。おすすめの一品です。

2−3. コンフォートUピロー(80×110cm)

コンフォートユー(Comfort-U)
コンフォートユー(Comfort-U)

製品:コンフォートユー(Comfort-U)
価格:19,224円
【19,224円@楽天市場】/【19,042円@Amazon】/【快眠タイムズのレビューを読む】

上記のフォスフレイクス枕シリーズの中でも人気の、大きなU字型の枕です。抱きまくらのようにして使ったり、横向き寝サポート枕として使ったり、ベッドの上でくつろぐときのボディークッションとして使ったり、活用の幅がとても広い快眠枕です。

2−4. セルプールオブロンピロー(43×100cm)

セルプールオブロンピロー(43×100cm)
セルプールオブロンピロー(43×100cm)

価格:12,000円
【当製品の販売ページ@楽天市場】

「睡眠中もパートナーと繋がっている安心感がほしい」とお考えの方におすすめなのが横長サイズの枕です。横幅が100cmもある枕だと2人でシェアして使うのもなんなくできます。もちろん、寝心地にもこだわった設計です。詳細は上記のページをご参照ください。

 


最後に

各サイズの大きい枕について、そして、様々な使い方に関してお分かりいただけたと思います。

大きいサイズの枕はあなたの睡眠をサポートするだけでなく、ベッドの上でのリラックス活動もサポートしてくれるお役立ちアイテムです。

ご紹介の使い方が参考になっていれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

朝、目が覚めた時、首や肩に違和感が残っていませんか?

このような眠りのお悩み、抱えてはいないでしょうか?

・しっかりと寝たはずなのに朝目が覚めると体が重い・・。
・朝スッキリと目覚めることができない・・。
・日中眠いせいで仕事でミスが増えている・・。
・眠りが浅いせいで深夜に目覚めてしまい、日中が辛い。
・目覚めたあとの肩こりがひどく、朝から憂鬱だ・・。
・最近気持ちよく目覚めたことがない・・。

熟睡できず、眠りが浅いというあなたは、睡眠の質を向上させることが必要です。そのために私どもがおすすめしたいのが、フォスフレイクス枕です。

  • 細かな独立素材が首・後頭部にぴったりフィット。
  • 羽毛のようにやわらかで頭を包み込むような寝心地。
  • すぐれた復元力で首をしっかりとサポート。
  • 洗濯機・乾燥機で本気で丸洗いOK。
  • 綿100%の贅沢な側生地。

抜群のフィット性、豊かな復元力によるサポート性で、正しい寝姿勢で体をリラックスさせ、質の高い睡眠を実現します。


フォスフレイクス枕のレビューを見る

SNSでもご購読できます

コメントを残す

*

快眠タイムズ