ベッドと布団の湿気取り!除湿シートの使い方を図解

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
著者情報
加賀 照虎

加賀照虎(上級睡眠健康指導士)

上級睡眠健康指導士(第235号)。1,000万PV超の「快眠タイムズ」にて睡眠学に基づいた快眠・寝具情報を発信中。NHK「あさイチ」にてストレートネックを治す方法を紹介。取材依頼はお問い合わせから。インスタグラムでも情報発信中⇒フォローはこちらから

湿気・カビ対策のために除湿シートを選ぶとき、

  • マットレスの下?上?どっちに敷くの?
  • 素材がいくつかあるけど、どれが良いんだろう?

などのように使い方や、選び方で迷うと思います。

そこで本日は、あなたの睡眠環境に合わせた除湿シーツの的確な使い方・選び方をイラストを使って分かりやすくご紹介します。より効果的に除湿シートを使うコツも、同時に学んでいただけます。


0. なぜ布団・マットレスは湿気るのか?

まず最初に、なぜ・どのように寝床が湿気るのかを理解しましょう。

そうすることで、除湿シートの選び方・効果的な使い方がスッと理解できます。以下のイラストが全てを物語っています。

布団・マットレスに湿気やカビが発生するメカニズム
布団・マットレスに湿気やカビが発生するメカニズム

人が眠る時、布団の中は体温で暖かくなると同時に、寝汗と気化熱(蒸気の汗)により湿った環境になります。

特に夏場、この(布団・マットレスの)上からの熱と湿気が強まります。 そのため、除湿シートで湿気対策をしないと、カビが生えることになるのです。では冬場は安心かと言うとそうでなく、上からの熱・湿気は落ち着きますが、床・フローリングからの冷気が強まる結果、大きな温度差がマットレスに生じます。

この温度差により、夏場の冷たいジュースを入れたグラスに生じる水滴のようにマットレスが湿気り、カビが生える原因になるのです。

除湿シートを敷く位置の基本と例外

次に、除湿シートの敷く位置の基本は、以下のイラストのようになります。

除湿シートの使い方
除湿シートの使い方

最もカビが生えやすい敷布団・マットレスの下に敷きましょう。

もしあなたが体の下に直接敷ける除湿シートを探しているのなら除湿機能を持つ敷きパッドを使用しましょう。そのほうが気持ちよく寝られます。通常の除湿シートはマットレスの下に敷く目的で作られているので、硬さがあるため直接その上に寝ると体圧分散性が悪くなるからです。

how-to-use-dehumidification-sheet2
除湿シートをマットレスの上に敷くと体圧分散性が悪くなる

しかし、あなたの布団の状況によって適切な位置が若干変わることがあります。

例えば、敷布団・マットレスの上にトッパーを敷いている場合、それらの間に除湿シートを敷くことをおすすめします。これは湿気がたまりやすい位置、熱と冷気がぶつかる位置がトッパーになるためです。もちろん、双方に除湿シートを敷けるのが最良ですが。


1. 除湿シートの効果的な選び方・使い方

それでは次に、除湿シートをより効果的に活用するための選び方・使い方をご紹介します。あなたの睡眠環境によっておすすめの除湿シートが変わります。

  1. 重たいマットレスをご使用中の方、
  2. 布団をご使用中の方、
  3. 手間を最小限に抑えたい方、

の順にご紹介します。

①重たいベッドマットレスには吸湿量の多い除湿シートを敷く

重たいベッドマットレスの下に敷くための除湿シートであれば、除湿量がなるべく多いものを選ぶことをおすすめします。

というのも、除湿剤・吸湿繊維は湿気を吸い続けるわけではないので、こまめに湿気を吐き出させてあげる(換気をする)必要があるためです。換気をしなければ無価値になってしまいます。しかし、重たいベッドマットレスに挟まれた除湿シートの換気は大分手間なので、なるべく換気回数を減らすためにも除湿量が多いものを選びましょう。

ドライウェルプラス
ドライウェルプラス

製品:西川ドライウェルプラス
素材:ポリエステル60%、モイスファインEX40%
価格:10,584円
【当製品の販売ページ】

私の知る限り、最も吸湿量の多い除湿シートです。換気の手間をなるべく最小限に抑えられます。そしてもし汚れてしまってもモイスファインEXは水洗い可能です。とはいえ、少なくとも1~2週間に1回は除湿シート自体を除湿することをおすすめします。

簡単にできるおすすめの方法は以下の通りです。

  1. 本などを挟み、マットレスの片側を上げる
  2. 除湿シートが空気に触れるようにする
  3. 扇風機・エアコンで隙間めがけて風を送り込む
マットレスの換気方法1
除湿シートの換気方法1

半日ほどこの除湿方法を行っていただければ、吸湿繊維が溜め込んだ湿気を大分吐き出させることができます。

労力がかからないのでおすすめです。

※注:吸湿繊維を使用した除湿シートは数々ありますが、使用している吸湿繊維の量が除湿量の決め手になります。製品重量×吸湿繊維の組成率である程度求められます。ご紹介のドライウェルプラスの場合、1.1kg×40%=440gです。これはかなりの分量です。

②こまめな手入れのできる布団にはシリカゲル除湿シートがおすすめ

もしあなたが布団ユーザーで、ほぼ毎日布団の上げ下げを行っているのなら、シリカゲルの除湿シートの使用をおすすめします。

washable-dehumidification-sheet
洗える除湿シート

製品:洗える除湿シート
素材:[表裏]ポリエステル100% [中材]シリカゲルB型
価格:1,380円
【当製品の販売ページ】

弊社が開発した除湿シートです。なぜおすすめなのかと言うと、吸湿可能量こそ少なくなりますがほぼ毎日布団を上げ下げするのであれば、その間に除湿シートを換気させられるからです。2~3日に1度でも換気させられれば、シリカゲルの吸湿量でも完璧です。それが無理であれば2週間に1度を目安に日陰干しをするようにしましょう。

また、シリカゲルは安価なのも嬉しいポイントです。しかもその上、消臭性が吸湿繊維よりも優れています。

汗臭(アンモニア、酢酸、イソ吉草酸)加齢臭(ノネナール)の減少率はほぼ同等ですが、たばこ臭(ピリジン)、ペット臭(インドール)、ミドル脂臭(ジアセチル)、ホルムアルデヒドなど、吸湿繊維では対処しない物質への効果もあります。

シリカゲルと吸湿繊維の消臭効果比較データ
シリカゲルと吸湿繊維の消臭効果比較データ

③手間を最小限に抑えるなら除湿敷きパッドも併用する

0章でも説明しましたが、敷布団・マットレスを襲う湿気は、「上からの湿気」と「下からの湿気」があります。

除湿シートはこの下からの湿気対策にとても効果的ですが、上からの湿気への対策には若干心もとないです。なぜなら、除湿シートはマットレスの下に敷くものだからです。

なので、除湿敷きパッドを併用することで、布団・マットレスの湿気対策をさらに完璧に近づけられます。マットレスの上に敷くものなので、上からの湿気対策に効果抜群なだけでなく、お手入れも楽です。

dryming-mattress-pad
除湿・消臭敷きパッド

製品:除湿・消臭敷きパッド
価格:
7,980円
【購入はこちら】

お菓子の袋の中によく入っている除湿材の「シリカゲル」が入っている除湿敷きパッドです。寝汗などをスッと吸収するため布団内を蒸れにくくし、ダニが住みにくい環境にします。もちろん、カラッとした爽やかな寝心地も快眠にお役立ていただけます。湿気対策、ダニ対策、カビ対策にどうぞ。自社製品なので恐縮ですが、最高の敷きパッドだと自負しています。

寝汗をたくさんかいても掛け布団をどけておけば、日中に敷きパッドのシリカゲルが勝手に換気されます。もちろん寝汗の臭い対策としても抜群です。布団・マットレスの湿気対策兼あなたの寝心地UP、臭い対策と一石三鳥です。


最後に

もちろん、湿気取りシートを使わずとも、「壁にマットレス・布団をくっつけない」「ベッドの下に衣類を多く置かない」などのカビ対策もあり、原始的ですがとても効果的です。

除湿シート利用以外での具体的なカビ対策についてはこちらのページ「4ステップでカビを事前防止!マットレスの湿気対策マニュアル」でご紹介しているのでぜひあわせてご一読ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

プロが本気で選んだマットレス10選

こんなことでお困りではないでしょうか

  • マットレスの寝心地が悪い···
  • 買い換えたいが、目安が分からない···
  • 商品ごとの違いが分からない···

マットレスのせいで睡眠の質が下がっているなんて勿体ないです。
あなたの硬さの好み、生活スタイル、予算などを考えると、どのようなマットレスを選ぶべきか自ずと分かってきます。
そんなマットレス選びのポイントと、品質・価格のバランスが素晴らしいマットレスを紹介していますので、是非参考にしてみてください。

\寝具のプロが絶賛/

厳選マットレス10選を見てみる

SNSでもご購読できます

コメントを残す

*

快眠タイムズ