布団の掃除方法は3通り!適切に使い分けるべし

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

布団の掃除をする時、なんとなく布団に掃除機をかけて終わらせてはいないでしょうか。

もちろん、布団に掃除機をかけること自体は良いおこないなのですが、それだけでは布団掃除としては十分ではありません。頑張って掃除したつもりでも全然汚いままということもありえます。

そこで本日は、「3通りの布団掃除の方法と適切な使い分け」をご紹介します。


1. 3通りある布団掃除の方法

まず最初に、3通りの布団掃除方法と、各掃除により期待できる効果は以下のようになります。

  • 掃除機:布団の生地表面に生息するダニ、ダニの糞、ホコリ、フケなどの汚れを除去できる。
  • 水洗い:布団内部に溜まっているダニの糞、ホコリ、寝汗などの液体汚れ、こびれ付いたアカなどを洗い流すことができる。
  • 日陰干し:布団の生地・中材に溜まった湿気を取り除く効果がある。

このように各方法で掃除できる対象が全然違うため、時と場合によって上手に使い分けることで布団を適切に掃除することができます。

それでは次に、各方法の詳細な内容(具体的な掃除方法、掃除のコツ、やるべきタイミングなど)をご紹介していきます。

1−1. 布団を掃除機で掃除

布団に掃除機をかけて除去できるのは、側生地表面の生きているダニ(内部にいるダニは不可能)、布団表面と内部(表面近く)のダニの糞、死骸、ホコリ、フケなどです。

掃除機で布団を掃除するコツは、以下の点になります。

  • 布団掃除専用ノズルを使う
  • 1㎡に20秒かけてゆっくりと行う
  • 10月と干した後に重点的に行う

布団専用ノズルは必須

床掃除の汚れが付いたノズルで布団を掃除するのは、ちょっと不衛生な感じがすると思いますが、掃除の効果という観点からも、専用ノズルの使用をおすすめします。

各メーカーが布団専用のノズルを出しています。安いものは1,000円前後で販売されているので是非活用しましょう。

3分間ゆっくりと掃除

細かい汚れは目に見えないため、どれくらい掃除機をかければいいのか分かりづらいと思います。

以下の実験によると、3分間丁寧に掃除機をかけることで布団内部のダニアレルゲンを半分にまで減らすことができたと報告されています。

布団1枚に3分間丁寧に掃除機をかけると、表面の側生地の下の中綿のダニアレルゲン量が掃除機をかける前に比べて半減するという結果が出ているからです。これはあくまでも表面部分に近い中綿でのことです。

(引用:『住まいQ&A 寝室・寝具のダニ・カビ汚染』吉川翠、戸矢崎紀紘、田中正敏、須貝高、生協・科学情報センター 共著)

表面をサッと掃除するだけであれば表側を30秒程度掃除機がけするだけでもいいですが、内部の汚れまで除去したいのであれば3分間じっくり丁寧に掃除することをおすすめします。

10月と布団を干した後の掃除機がけが大切

たった3分の掃除機がけとはいえ面倒ですよね。なるべくしたくないと思います。そのような人は、以下の2つのタイミングを見計らって効率的に掃除をしましょう。

  • 10月中旬ごろ:布団に発生したダニが死んでいき、ダニアレルゲン量が増える時期のため。
  • 外干しした後:大気中に浮遊している塵、花粉などが布団に付くため。

1−2. 水洗いで掃除

掃除機では吸い込んで除去できないような液体汚れやこびれ付いた汚れは、水洗いで洗い流すことをおすすめします。

ぬるま湯で優しく洗う

布団を上手に水洗いするコツは以下の2つです。

  • ぬるま湯で洗うこと:水よりもお湯のほうが皮脂などの汚れを落としやすいです。
  • 優しく洗って押して水切り:絞って生地を傷ませないようにしましょう。
※ダニ発生がひどい場合は熱湯処理も一手です(詳細はこちらのページ『寝具のダニを熱湯で退治!各素材の注意点』)。また、おねしょ汚れでニオイがひどい場合はレモン水に浸すと効果的です(詳細はこちらのページ『臭いスッキリ!おねしょ後の布団処理4ステップ』)。

10月頃と購入直後に

布団の水洗いこそ手間がかかるので時期を見計らって行いましょう。

  • 10月頃:夏の寝汗汚れとダニアレルゲンを一気にのに最適な時期です。
  • 購入直後:製造過程で付くホコリは意外と多いです。シーツやカバーを使うとしても、衛生面を気にされる人には購入直後の水洗いをおすすめします。

1−3. 日陰干しで掃除

日陰干しは掃除というよりは布団のメンテナンスのような存在です。

布団を干さずに湿気らせてしまうと、寝心地が悪化するだけでなく、ダニ・カビの発生につながるので注意が必要です。

日陰干しは敷布団を優先

寝汗などの液体汚れの大半は、掛け布団ではなく敷布団に付きます。

そのため、掛け布団を干すのは月に1,2度で良いですが、敷布団は毎週干すようにしましょう。

天日干しをするなら布団を布で覆うこと

「布団を干すなら天日干しでふっくらさせたい」とお考えの場合、布団を布で覆って日光で生地を痛めないように配慮しましょう。

日光による日焼けと極度乾燥により繊維が痛むと、生地がバサバサになり糸ぼこりが出やすくなるので注意しましょう。


最後に

布団掃除の方法は3通りあり、それぞれの方法のコツとどのようなタイミングで行うべきかについてお分かりいただけたと思います。

是非あなたの快眠生活にお役立てください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【50回洗濯でも問題なし!】 世界の一流ホテルが導入する最高品質の防水シーツをご存知ですか?

おねしょやひどい寝汗、急な出血などでマットレスを汚してしまった経験はありませんか?

マットレスは家庭の洗濯機で洗えず、クリーニング店にも出せず、専門クリーニング業者に洗浄を依頼すると少なくとも10,000円以上の負担になります。

しかし、これら液体汚れを防ぎ、マットレスを衛生的に保つ方法があります。それが、ヒルトンを始めとする世界の一流ホテルが導入する最高品質の防水シーツ「プロテクト・ア・ベッド」です。

  • 50回洗濯をしても防水性が衰えない品質の高さ。
  • 防水にもかかわらず水蒸気は通す、快適でムレにくい透湿性。
  • マットレスの使用感を損なわない柔軟な防水膜と生地

創業33年、世界45ヶ国で愛されるアメリカのトップブランドが提供する防水シーツです。睡眠の質にこだわり抜いており、「ムレ」「ゴワゴワ」「パツパツ」などの不快感を抑えています。

もし、あなたがマットレスや布団の汚れ/衛生性に悩んでいるのであれば、プロテクト・ア・ベッドは劇的にあなたの睡眠の質を改善してくれるはずです。


世界最高品質の防水シーツについて詳しく見てみる。

SNSでもご購読できます

コメントを残す

*

快眠タイムズ