快眠グッズ

【素材を徹底吟味】理想的なベッドパッドの選び方3ステップ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「ベッドパッドって選ぶコツとかあるの?」

一見するとどれも似たように見えるため、ベッドパッドは何を基準に選ぶと良いか分かりづらいです。

しかし、充填された素材、側生地の素材、重量などの考えるべきポイントはあり、それらをあなたのニーズに合わせることで、あなたにとって理想的なベッドパッドが選べられます。

そこで本日は「素材を吟味したベッドパッドの選び方」をご紹介いたします。


1. ベッドパッドの選び方3ステップ

ベッドパッドは以下のステップを踏まえて検討すると、あなたにとって理想的なものを選べられます。

  • STEP1:あなたに必要なのはベッドパッドなのかもう一度考えてみる
  • STEP2:ベッドパッドの各素材を比較検討する。
  • STEP3:必要な寝心地を重量で考える。

たった3つのステップですが、知ると知らないとでは大違いです。

それでは順を追って説明します。

ステップ1:あなたは本当にベッドパッドが必要なのか考える

どのようなベッドパッドを求めているのか質問をしていると時として、ベッドパッドの役割を勘違いしているために、「本当に必要としているのはベッドパッドではなかった」なんてこともあります。

あなたがベッドパッドを購入する目的は、

  1. 寝心地の改善
  2. 暑さ寒さ対策
  3. 肌触りの改善
  4. 本格的な寝心地の改善

の4つの内、何が最も大きいでしょうか。

それにより本当に必要なものが分かります。

1. 寝心地の改善のための場合

ベッドパッドを使用しましょう。厚みのあるベッドパッドは体圧分散性を高めます。

その上、良質な素材であれば布団内のエアコン機能も果たしてくれます。また、ベッドパッドを使うことで寝汗などの汚れがマットレスまで侵入しないので、汚れ対策にもなります。

当記事内の『ステップ2:ベッドパッドの素材を比較検討する』をご覧ください。

2. 肌触りの改善のための場合

シーツを見直しましょう。ベッドパッドは肌に直接触れることを想定して作られていません。もし多少の汗の吸い取りや肌触りの改善が目的の場合、シーツの方が相応しいです。

素材・生地を厳選したシーツの選び方を、こちらの記事『ベッドシーツのおすすめの選び方!5通りの体質・使用感別』でご紹介しているのでご参考にしてください。

3. 暑さ寒さ対策の場合

敷きパッドを使用しましょう。あったか機能、冷感機能は敷きパッドにしかありません。もしあなたが暑さ寒さを改善しつつ直接そのまま寝転がれるものをお求めの場合、敷きパッドの使用がより適切です。

例えば、夏用の敷きパッドであれば『ひんやり接触冷感敷きパッドを選ぶコツとおすすめ5選』で解説しているのでご参照ください。

4. 本格的な寝心地の改善の場合

マットレストッパーを使用しましょう。もしあなたのマットレスが硬すぎる使用感のため、本格的に寝心地を改善する必要があるのなら、ベッドパッドでは役不足かもしれません。この場合、マットレストッパー・オーバーレイの使用をおすすめします。

これらを踏まえた上であなたに必要なものがやはりベッドパッドだった場合、素材と重量を考えてあなたに相応しいベッドパッドを選んでいきましょう。

ステップ2:ベッドパッドの素材を比較検討する

それでは、ベッドパッドを選ぶ上で最も重要な素材についてです。

ベッドパッドに使用される代表的な素材(中わた)は4つあり、その特徴は以下のようになっています。

1. ポリエステル:
安価で手入れがしやすいですが、汗の吸い取りに劣るため暑がりの方、寝汗が多い方にはおすすめできません。また、良質なものでないとへたりが早いです。

2. 綿(コットン):
素材の特性上、汗をよく吸収しますが乾きが遅いという欠点があります。そのため、こまめに干さないと夜になってもムレ感があったりすることがあります。

3. 麻(リネン・ラミー):
若干高価ですが、汗をよく吸収し乾きも早いです。熱をためこまないので、さらっと涼しい使用感が特徴です。暑がりの方におすすめです。

4. 羊毛(ウール):
高価なものが多いですが、汗をよく吸収し乾きも早いです。保湿性もあるので冬に暖かく使えます。総合的な使用感を考えると最も優れています。

これらの素材の特徴を理解するだけでも、大分選びやすくなったと思います。しかし、まだまだ重要なポイントがあります。

側生地の素材もとても大事

ベッドパッドの素材というと、(基本的に直接肌に触れないため)中わたに使用される素材に目がいきがちですが、側生地の素材も同じく重要です。

一言でいってしまうと、中わたがポリエステル素材のベッドパッド以外で、側生地にポリエステル素材を使用しているベッドパッドはおすすめできません。

というのも、ポリエステルの側生地は中わたの汗の吸収を邪魔する働きがあるためです。ウールわたのベッドパッドだとしても側生地がポリエステルの場合、ウールの機能性はほとんど発揮されません。綿・麻わたの場合もしかりです。

その一方、中わたがポリエステルの場合、側生地もポリエステルだと価格も抑えられ、洗濯性・耐久性の面でのメリットに相乗効果があるので、考え方によっては良いのかなと思います。

なので、中わたが綿、羊毛のベッドパッドの購入を考えている場合、側生地は綿100%のものをおすすめします。中わたが麻のベッドパッドの場合はメーカー自体が麻にこだわりを持っているため、側生地の選択肢が麻しかないことがほとんどだと思います。

ステップ3:寝心地は中わたの量が左右する

ベッドパッドの寝心地は寝転んで確かめるのが最良ですが、ネット上で購入予定のため試し寝できずにお困りの場合、中わたの重量を参考にしましょう。

少し乱暴な線引になりますが、「シングルサイズで中わたの重量1kg」を目安に寝心地をイメージしましょう。

中わたの量が1kg以下であれば寝心地は若干程度の変化ですが、1.3kgほど中わたが詰まっていれば寝心地が良くなったとご実感いただけると思います。とはいえ、本格的な寝心地の改善にはトッパーの方が向いていますが。


おすすめのベッドパッド

以上の選び方を踏まえて、最後におすすめのベッドパッドを挙げると以下のようになります。

もしあなたが、「寝心地を改善できて衛生的なベッドパッドがほしい」 とお考えなら、こちらの商品がおすすめです。

フォスフレイクス
フォスフレイクス

素材:ポリエステル100%(フォスフレイクスTM70%、ポリエステルつぶ綿30%)
中わた重量:820g
価格:11,880円
【当製品の販売ページ】

自社製品で手前味噌ですが、中わたを820g詰めているのでかなり寝心地の改善が感じられます。

また、素材が洗濯に非常に強いので、衛生面を気にされる人に向いた仕様になっています。そして、側生地が綿100%なので、シーツがない時にこのベッドパッドを敷きパッドのようにして使ったとしても、べたべたとした不快感少なくお使えいただけます。

またもしあなたが、「使用感の優れる素晴らしいベッドパッドがほしい」 とお考えなら、こちらの商品がおすすめです。

ウールベッドパッド
ウールベッドパッド

素材:[中わた]ファイングレードウール100% [側生地]綿100%
中わた重量:1.5kg
価格:9,504円
【当製品の販売ページ】

ウールが1.5kgも詰まっているので大きな寝心地の改善が期待できます。また、側生地もきちんと綿100%ですので、汗の吸収もしっかりとしてくれ爽快なにお使いいただけるでしょう。

洗濯も優しい洗い方であれば大きな問題はないので、寝心地重視の方におすすめです。

もしあなたが「本格的に寝心地を改善したい」 とお考えなら、ポリウレタンフォームのマットレストッパーを使用することをおすすめします。

セルプール スウィートドリーム
セルプール スウィートドリーム

価格:24,840円
サイズ:98×195×2.5cm
中材:高反発ウレタンフォーム(セルプール)
ウレタン密度:50N
【当製品の販売ページ】

自社製品で恐縮ですが、反発弾性に優れたセルプールウレタンを使用したパッドです。寝心地に満足できないマットレスの上にこれを一枚敷くだけで、寝心地を一気に改善します。

わたのクッション性では満足できない方におすすめです。

 


まとめ

ベッドパッドの選ぶ上で考えるべき3つのステップをもう一度まとめると、

①必要なものがベッドパッドなのか考える。
②各素材を比較検討する。
③必要な寝心地を中わたの重量で考える。

この順序でお考えいただければ、満足したベッドパッドをお選びいただけます。

あなたが良いベッドパッドをお選びいただければ幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【ダニ通過率0%!】 世界の一流ホテルが導入する最高品質の防ダニシーツをご存知ですか?

寝ている間にベッドや布団に潜んだダニに噛まれ、かゆくて目が覚めたり、ダニの死骸やフンなどでアレルギーになりくしゃみが止まらなくて辛いという経験はありませんか?

実は、あなたの寝具には約32万匹ほどのダニが繁殖しています。マットレスや布団、枕などの寝具はダニが繁殖しやすい環境が完璧にそろってるためです。

しかし、このダニを完全に防ぎ、睡眠時の辛いかゆみやアレルギーから解放する方法があります。それが、ヒルトンやアヴェンドラ等、世界の一流ホテルが導入する最高品質の防ダニシーツ「プロテクト・ア・ベッド」です。

  • 50回洗ってもダニ通過率0%。最高の耐久性と防ダニ性能。
  • 水蒸気は通すのに汗や血液などの液体は通さない脅威の吸水、防水、透湿性能。
  • 生地の二重構造で汗をシーツに吸収しながら寝具には通さないため衛生的。

創業33年、世界45ヶ国で愛されるアメリカのトップブランドが提供する完全防ダニのシーツで、ダニ通過率が0%というだけでなく、睡眠の質を下げないために高い吸水性を持ち、就寝中のムレも軽減することができます。

もし、あなたがマットレスや布団のダニや衛生面に悩んでいるのであればプロテクト・ア・ベッドは劇的にあなたの睡眠の質を改善してくれるはずです。


世界最高品質の防ダニシーツについて詳しく見てみる。

SNSでもご購読できます

コメントを残す

*

快眠タイムズ