マットレス

高反発ウレタンマットレスの特徴を活かした選び方とおすすめ

こんにちは、加賀照虎です。

高反発ウレタンマットレスといえば、軽量でコンパクトで寝心地快適。

ただ、何を目安に選べばいいのか分かりにくいですよね。

また、「夏は蒸れる」「すぐにヘタる」などと聞いて、「実際のところどうなの?」という疑問もあるかと思います。

そこで本日は「高反発ウレタンマットレスの特徴と選び方」をご紹介します。

【広告】最高のマットレスを開発しました。こちらのページ「【最高のマットレス1選】睡眠健康指導士が解説します」で紹介していますので、マットレスを比較検討中ならぜひ参考にどうぞ。
著者情報
加賀 照虎

加賀照虎(上級睡眠健康指導士)

上級睡眠健康指導士(第235号)。2,000万PV超の「快眠タイムズ」にて睡眠学に基づいた快眠・寝具情報を発信中。NHK「あさイチ」にてストレートネックを治す方法を紹介。
取材依頼はお問い合わせから。
インスタグラムでも情報発信中⇒フォローはこちらから。


1. 他種と比べた高反発ウレタンマットレスの特徴とは

高反発ウレタンマットレスをその他の種類のマットレスと比べると、以下のようになっています。

characteristics-of-mattress-type4

※コイルスプリングマットレスの体圧分散性はコイルの上の詰めもの(ウレタンフォーム やわたなど)の量と品質により大きく左右され、単体での評価が不可能なため「 – 」としています。

これらのポイントから高反発ウレタンマットレスを評価すると、下記のような特徴のマットレスとなります。

  • 適度な体圧分散性でしっかりとした寝心地
  • やや蒸れやすいのでパッドが必須
  • 手軽にお手入れができる(クリーニング不可)

さらに安いのもポイントです。

1~2万円前後である程度しっかりした寝心地のマットレスを買おうとすると、高反発ウレタンマットレス一択になります。その他の素材のマットレスだとここまで安くは作れません。

しかし、問題は選び方です。

正直、高反発ウレタンマットレスには体圧分散性が悪いものが多かったり、お手入れができないものもあります。選び方ですべて変わります。

その他の種類のマットレスの特徴について、下記のページで解説しているので詳しい比較情報が知りたい方はあわせてご参考にしてください。 関連記事

2. 高反発ウレタンマットレスの選び方

それでは次に、具体的にどういうものを選べばいいのかについて解説していきます。

2−1. 体圧分散性の良いものを選ぶ方法

結論からいうと、ウレタンフォームの表面にプロファイル加工がされているものがおすすめです。

processing-for-mattress-surface

これらの加工により表面が柔らかくなりつつ、その下層ではしっかりと体を支えることができるからです。

むしろ、プロファイル加工のない高反発ウレタンフォームはやや硬すぎることがあるので注意が必要です。また、プロファイル加工をせずに柔らかめの高反発ウレタンフォームを使用しているものも注意が必要です。寝返りがしづらく、腰が沈み込み過ぎることがあるからです。その結果、寝姿勢が悪くなり腰を痛めることにも繋がります。

hardness-of-mattress

なので、マットレスは適度な柔らかさと同時に、反発弾性があり腰を支えるサポート力のあるものを選びましょう。

「適度な柔らかさってどれくらい?」と言われると説明が難しいのですが、下のイラストのような寝姿勢がとれるくらいの柔らかさがあることを目指しましょう。

理想的な寝姿勢
理想的な寝姿勢
  • 腰が沈み込みすぎていないこと
  • 背中の下にスキマが空いていないこと

などが目安になります。

2−2. 底つき感のないものの選び方

あまりにも薄い高反発ウレタンマットレスは避けましょう。

底つき感により腰を痛めてしまいます。

底つき感_仰向け_横向き

マットレスの厚みは多様です。

しかし、厚さが5cm前後の「マットレストッパー」として販売されるべきものも、「マットレス」として販売されているため、誤解が生まれやすくなっています(厳密な定義があるわけではないのでしょうがないのですが)。

indicator-of-mattress-height3

一つだけ頭に入れてほしいのが「その厚みが十分かどうか」ということです。

これはあなたの体重を元に考えてください。

私調べになるので恐縮ですが、下記のような目安になります。

  • 厚み13cm:体重100kg前後
  • 厚み10cm:体重80kg前後
  • 厚み7cm:体重60kg前後
  • 厚み5cm:体重40kg前後

これはあくまで最低限です。

これより厚みがあっても寝心地には問題ありません(お手入れのときやや重くなりますが)。

2−3. 蒸れにくいものを選ぶ方法

ウレタンフォーム素材は、やはり蒸れやすいです。

高級なコイルスプリングマットレスのように、ウレタンフォームの上に吸湿性のあるウールわたやテンセルわたなどが一緒に詰められていると、蒸れやすさは気になりづらいです。

ただ、高反発ウレタンマットレスは一般的に、ウレタンフォームの上に直接寝るような構造なのでどうしても蒸れやすいのが実際のところです。

ただ、それでも、極力蒸れづらいものを選ぶ方法はあります。

それが以下の4つです。

  • マットレスの表面がフラットではなく凸凹・ウェーブ形状
  • ウレタンフォームが通気性の良いオープンセル構造やピンホール加工されているもの
  • 吸放湿性のあるウレタンフォーム
  • 側生地に吸水性のある繊維素材が使われていること

opencell-and-pin-hall

characteristics-of-fabric-materials

しかしそれでもやはり限界があります。

そのため、高反発ウレタンマットレスの上には敷きパッドを併用することをおすすめします。蒸れやすさを抑えられますし、汚れ対策にもなります。

characteristics-of-toppers

2−4. 適度な耐久性があるものを選ぶ方法

ウレタンフォームがスカスカの低品質なものだとすぐにヘタってしまいます。

密度をチェックしましょう。

高反発ウレタンマットレスをある程度長く使うことを想定されているなら、ウレタンフォームの密度が30D以上あるものを購入するようにしてください。

density-of-polyurethanefoam-for-mattress

商品ページにウレタンフォームの密度が記載されていない高反発ウレタンマットレスもありますが、このような商品の品質については、、、お察しください。

2−5. お手入れが楽にできるものを選ぶ方法

高反発ウレタンマットレスにするべき日常的なお手入れには、

  • 湿気を逃すための換気
  • 汚れを取るための掃除機がけ
  • 汗染みなどを取る洗濯

などがあります。

How-to-air-mattress
マットレスを乾かす方法

そして、これらのお手入れを簡単に出来るようにするためにも、下記のポイントを満たしたものを選ぶようにしてください。

  • 側生地(元々付いているカバー)が取り外せる構造
    側生地をウレタンから取り外すことが出来ると、寝汗などで出来る汗染み汚れなどを洗濯洗いでキレイに落とせます。さらにその間、ウレタンに直に掃除機をかけて細かな汚れを取ることもできます。
    zipper-on-mattress
  • 厚みが10cm以上のもの
    あまりにも薄いものだとマットレスが自立しないので壁に立てかけたりして乾かすのが難しくなります。また、薄すぎると底つき感があり寝心地も悪くなるので、少なくとも10cm前後はあるものがおすすめです。

※高反発ウレタンマットレスなら折りたたみがおすすめ

なお、高反発ウレタンマットレスを床で使おうと考えているなら、三つ折り仕様のものがおすすめです。

types-of-folding-mattresses

  • 折りたたんでコンパクトにできる
  • 押入れに収納できる
  • へたったときに延命措置ができる

などの利点があるからです。

Change-the-parts-of-polyurethanefoam
三つ折りマットレスはへたりを復活させることができる

二つ折りや四つ折りのものは腰に折り目が当たりやすいのであまりおすすめできません。五つ折りのものは折り目が多すぎて寝心地に違和感が出やすいので同じくあまりおすすめできません。

おすすめの高反発ウレタンマットレス

エコラテ エリート 三つ折りマットレス
エコラテ エリート 三つ折りマットレス

製品:エコラテ エリート 三つ折りマットレス
価格:
16,990円
サイズ:
98×195×10cm
【商品ページはこちら】

高反発ウレタンフォームに凸凹プロファイルを施した三つ折りマットレスです。自社製品のため恐縮ですが、高反発ウレタンマットレスなら寝心地とコスパからこちらのものがイチオシです。


3. 高反発ウレタンマットレスによくある疑問

次に、高反発ウレタンマットレスを選びによくある疑問について解説していきます。

3−1. 高反発ウレタンマットレスの寿命はどれくらい?

高反発ウレタンフォーム素材は、「硬いほうが寿命が長い(耐久性が高い)」と思われがちですが、それは不正解です。

正しくは上記で述べたように「ウレタンの密度の高いと寿命が長く」なります。

密度の低いスカスカのウレタンフォームだとすぐにへたることはイメージしやすいかと思います。また、ウレタン素材は湿気った環境下で加圧されるとヘタリが早くなります。そのため、敷きパッドやマットレスプロテクターを敷くことでも、耐用年数に大きな差が生まれます。

3−2. 硬さ/柔らかさ(ニュートン)はどれくらいがいいの?

ウレタン素材の硬さをニュートン(N)という単位で表示されることがあります。

しかし、ニュートンの数値は一つの参考にするのはいいですが、あまり厳密に考えすぎないほうがいいです。というのも、消費者庁により、

  • 100ニュートン以上:かため
  • 60~100ニュートン:ふつう
  • 60ニュートン以下:やわらかめ

と定められていますが、それと同時に、

許容範囲は、その硬さを示す数値に200ニュートン(20重量キログラム)を加えたものの±10%以内とする。

(引用:消費者庁HP

とも定められており、許容範囲が広いため、あまり当てにならないことがあるためです。

なので、実際に寝ころんで硬さ/柔らかさが適切か判断することをおすすめします。

3−3. ウレタンのニオイがひどい時の対処方法は?

ビニールで圧縮梱包されているウレタンマットレスを開けたら、化学薬品のようなニオイが部屋中に充満した、という声を聞くことがあります。

製造段階でウレタンフォームの乾燥に十分時間がかけられないまま圧縮梱包されると、このようなニオイの元になります。1~2日通気の良いところで風に晒してニオイを取りましょう。しかし、それでもニオイが取れない場合は、他の何かに原因あるはずなのでメーカーや販売店に問い合わせて確認しましょう。

3−4. 廃棄処分はしやすいの?

高反発ウレタンマットレスの優れているポイントに、処分が楽ということがあげられます。

ウレタンフォームと側生地をハサミなどで切り分ければ、小さくちぎったウレタンフォームは不燃ごみへ、側生地は資源ごみ(もしくは可燃ゴミ)として家庭で廃棄することができます。スプリングマットレスは苦労して家から運び出して、粗大ゴミとしての費用を払って処分しなければならないので大変です。


最後に

ご紹介の内容であなたが高反発ウレタンマットレスの特徴を十分に理解し、その上で、上手な選び方を実践できるようになれれば幸いです。

なお、以下のページであなたに合った高反発マットレスを選ぶポイント(硬さ、厚み、生地、耐久性など)とおすすめブランドを紹介しているのであわせてご参考にしてください。

関連記事

 

また、「高反発マットレス」に関するページを以下にまとめましたので、気になるトピックがあればあわせてご参考にしてください。

■あわせて読んでおきたい「高反発マットレス」の記事

①最高の高反発マットレスを選ぶ5つのポイントとおすすめブランド
②高反発マットレスとは|素材別の特徴と寝心地を解説
③低反発と高反発の違い、あなたに合うマットレスはどっちか
④高反発マットレスが原因で腰痛に。避けるための3つの知識
⑤高反発マットレスの厚みと硬さは「体重」を元に考える
⑥高反発マットレスのニュートン数をアテにしたらダメな理由
⑦高反発マットレスは「密度」=「耐久性(寿命)」
⑧高反発マットレスの表面、フラットとプロファイルの違いとは
⑨賢くお買い得に!高反発マットレス7つの比較ポイント
⑩高反発マットレスの通気性には期待してはいけない理由
⑪高反発マットレスはやっぱり三つ折り?メリットとデメリット
⑫高反発マットレスに敷きパッドは必須!季節別の選び方
⑬お店でマットレスの試し寝をする時の5つのチェックポイント
⑭マットレスでシングルサイズを選ぶ時の注意点
⑮【高反発マットレスVS敷布団】特徴と寝心地の違いとは
⑯高反発マットレスのダニ対策!素材別に解説
⑰高反発マットレスが臭い?その原因と対策について
⑱高反発マットレスのお手入れ方法
⑲高反発マットレスを処分!賢く安く捨てる方法

睡眠健康指導士が”本気で”おすすめする
最高のマットレス

最高のマットレス

マットレスを選ぶとき、
このように困ることはないのでしょうか。

  • 品質の差がわからない
  • コスパの良し悪しがわからない
  • 種類が多すぎて選びきれない

睡眠は回復のための時間です。
そしてマットレスはそんな睡眠をサポートする大切な道具です。
あなたの健康のために最高品質のマットレスを眠りましょう。


最高のマットレスについて知る

SNSでもご購読できます

コメントを残す

*

快眠タイムズ