マットレス

高反発マットレスは「密度」=「耐久性(寿命)」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
著者情報
加賀 照虎

加賀照虎(上級睡眠健康指導士)

1988年生まれ。生粋の名古屋人。早稲田大卒。上級睡眠健康指導士。1,000万PV超の「快眠タイムズ」にて、よりよい生活のための睡眠・寝具情報を発信中。NHK「あさイチ」にてストレートネックを治す方法を紹介。

著者情報
加賀 照虎

加賀照虎(上級睡眠健康指導士)

1988年生まれ。生粋の名古屋人。早稲田大卒。上級睡眠健康指導士。1,000万PV超の「快眠タイムズ」にて、よりよい生活のための睡眠・寝具情報を発信中。NHK「あさイチ」にてストレートネックを治す方法を紹介。

高反発マットレス選びをしているとき「ウレタン密度30D」との記載を見かけ、「ウレタンの密度ってなんだろう」と疑問に思ったことはないでしょうか?

素晴らしい着眼点です!抜け目がないですね。ウレタンの密度は、そのマットレスの良し悪しを決める大事な指標となります。比較検討をする上でも重要なポイントになります。

そこで本日は「高反発マットレスの密度」について図解で分かりやすく説明していきます。


最高品質の防ダニシーツ
商品の詳細はこちら

1. 高反発マットレスの「密度」とは「耐久性」を表す指標

高反発マットレスの密度とは、ウレタンフォームの密度(比重)のことです。耐久性を表すための数値だとご理解ください(30DのDは英語の密度(Density)という言葉の頭文字)。

想像していただくと分かりやすいと思いますが、スカスカで軽いウレタンフォームとぎっしり詰まった重みのあるウレタンフォーム、どちらがより長持ちするでしょうか。100均で売られているような食器洗い用スポンジのようなスカスカの低密度のウレタンフォームはすぐにヘタってしまいます。

スポンジもウレタンフォーム
スポンジもウレタンフォーム

もちろん、ウレタンフォームの密度が高いということは、より多くの原料が必要になるため製造コストも高くなります。とはいっても、単純に密度が高ければ高いほど良いという訳ではなく、あなたが期待する想定年数に合う密度のマットレスを購入するのが賢いマットレスの選び方です。と、そこで肝心の「ウレタン密度」と「耐久性」についてですが、ざっくり表すと以下のようになります。

  • 密度25D:3~5年前後の耐久性
  • 密度30D:5~8年前後の耐久性
  • 密度40D:8年以上の耐久性
  • 密度50D:10年以上の耐久性

それでは次に、これらの密度についてやや深掘りしてご説明していきます。

1−1. 密度25D前後

3~5年程度の耐久性が期待できます。2万円前後のリーズナブルなマットレスの密度が大体この辺りです。

正直、あまり長く使うことは期待できません。ただ、転勤などのために2~3年でまた居を移すという方で毎回マットレスを買い直している人にはいい選択になりえます。手頃な価格で毎回新しい寝心地を味わうことができます。とはいえ、環境のことを考えるともう少し耐久性の高いものをより長く使う方がよいとは思いますが。

1−2. 密度30D前後

5~8年の耐久性が期待できます。国内・海外ブランドの有名高反発マットレスの密度がこの辺りになります。

中学校に入った子どもが高校を卒業するまでや、大学に入った子供が新卒2~3年目になって自立するまでの間、使い倒すのに丁度いい耐久性です。3万円を超えるそれなりのお値段のものが増えますが、ある程度長く使うことを考えるとウレタン密度の低い安いものを買うよりもお得です。

1−3. 密度40D前後

8年以上の耐久性が期待できます。7~8万円を超える高品質な高反発マットレスに使われたり、10万円前後のスプリングマットレスに詰められているウレタンフォームはこれくらい高密度なものが多いです。

ただ、密度が40Dを超えてくるとウレタンフォーム自体がかなり重くなってくるのも事実です。そういう兼ね合いもあり、高反発マットレスに40D以上の密度のウレタンフォームが採用されていることは稀です。

1−4. 密度50D前後

10年以上の耐久性が期待できる品質です。かなり高級な高反発マットレス、もしくは、10万円を超える高級なスプリングマットレスに使われます。

正直、ウレタンフォームの密度は40もあればよっぽど十分なレベルなのですが、そんな中あえて密度50Dのウレタンフォームを採用するメーカーはかなりのこだわりがあると考えられます。「他社のハイエンドマットレスはどんな作りなんだろう」と色々なメーカーのカタログを見てきた上で思うのですが、わざわざ密度50Dのウレタンフォームを部材に採用しているところは、こだわりの強いメーカーしかありません。

※「密度」と「硬さ」は無関係、「寝心地」もほぼ無関係

よくある質問なのですが、ウレタンフォームの「密度」と「硬さ」は一見関係ありそうですが無関係です。しっかりした硬さだと耐久性が高く感じられますが、必ずしもそうではありません。

「密度」と「寝心地」もほぼ無関係ですが、密度が低すぎるとウレタンがすぐにへたってしったり、弾力性のある柔らかさに仕上げられないので全く無関係という訳ではありません。とはいえ、ウレタンの密度と柔らかさをコントロールした上で、仕上がりに弾力性を持たせられるウレタン発泡メーカーは限られるのも事実です。

※高密度とはいってもある程度の厚みは必要

ここまで読むと「ウレタンの密度が高ければマットレスが薄くてもサポート性は十分になるの?」と疑問を感じられると思います。結論から言うとYesですが、若干サポート性が高まるくらいです。例えば、以下の2つのマットレスがあるとします。

  1. 高反発マットレス厚み6cm、密度40D
  2. 高反発マットレス厚み8cm、密度30D

どちらがより底つき感が少ないかといえば後者です。密度が10Dも違うなんてかなり大きな差ですが、ウレタンの厚み2cmの差を超えるほどではありません。高反発マットレスの厚みについて考えるのなら、以下のページをご参考にしてください。

関連記事

最高品質の防ダニシーツ
商品の詳細はこちら

2. 復元率99%でも使用環境によっては3年でヘタれる理由とその対策

話を一気にひっくり返すようで申し訳ありませんが、上記の「ウレタン密度30Dなら5~8年の耐久性が期待できる」というのはあくまでも理論値です。

つまり、使用環境によって大きく左右されるのです。テレビのCMなどで「復元率99%」と言われているマットレスでも、実際に家で使ってみると2~3年でヘタってしまうことがあるのはこのためです。

なぜこのようなことが起こるかと言うと、試験環境と使用環境に差があるからです。このような製品試験を行うときの湿度環境は大抵50%前後のやや乾いた状態です。対して、マットレスの一般的な使用環境はと言うと、寝汗をかいたりするためかなり湿気った環境になります。ウレタンフォームは湿気が天敵です。湿気った環境下で体重がかかり続けるとかなりへたりやすくなります。私の見立てでは復元率99%だったとしても80%を下回るのではと考えています。

そのため、マットレスの上にはシーツやパッド、プロテクターなどを使うことが推奨されているのです。以下のページで詳しく説明しているのであわせて参考にしてみてください。

関連記事

(追記)ウレタンフォームの密度は簡単に誤魔化せる

本日(2019年5月1日)広州交易会にて、仕入れ先のウレタンフォームメーカーの社長から知らされましたが、ここ数年、ウレタンフォームの密度を誤魔化しているメーカーが増えているようです。

そもそも密度とは、ウレタンフォームの体積に対する重さです。例えば、重さ6kgで100×200×10cmのマットレスなら、6÷(1×2×0.1)=30となり、密度が30Dだと分かります。弊社のようにマットレスの製造を外部に委託しているメーカーは、作られたマットレスが届くやいなやサンプルを一つ抜き取り重さを測って密度が正確か確かめているのです。だから、マットレスの重さが規定どおりであれば問題ないのです。

が、なんと、石の粉を混ぜて密度を誤魔化しているメーカーがあるそうです。ウレタンフォームの原料を少なくしてコストを下げつつ、石の粉を混ぜ込んで重さを出して見かけの密度を高めているとのこと。うーん、なんという悪知恵。困ったことに消費者だけでなく、我々や試験機関でさえパッと見でその違いを見分けられないほど巧妙なのです。そのため、「ウレタン密度30D」と記載があっても、もしかするとその試験結果自体がおかしいこともあるのです。どんなことにも抜け穴は存在するんですね。やはり、信頼のおけるメーカーから購入するのが鉄則です。

ウレタンフォームの密度が異なるとどれくらい耐久性に差があらわれるのか

百聞は一見にしかずです。

推定密度10Dのウレタンフォーム(左)と推定密度25Dのウレタンフォーム(右)の上に25lbの重り(約11kg)をのせてどれくらいの差があるのか実験している動画を見つけました。ウレタン密度の違いで生まれる耐久性の差がよくわかります。

また同時に、ウレタンが一度へたると復元させるのは不可能だということもよくわかります。


最高品質の防ダニシーツ
商品の詳細はこちら

最後に

マットレスの密度がどういう性質のものかご理解いただけたかと思います。マットレス選びをする上で大事な要素なのでしっかりと覚えて、比較検討にお役立てください。

なお、以下のページであなたに合った高反発マットレスを選ぶポイント(硬さ、厚み、生地、耐久性など)とおすすめブランドを紹介しているのであわせてご参考にしてください。

関連記事

 

また、「高反発マットレス」に関するページを以下にまとめましたので、気になるトピックがあればあわせてご参考にしてください。

■あわせて読んでおきたい「高反発マットレス」の記事

①最高の高反発マットレスを選ぶ5つのポイントとおすすめブランド
②高反発マットレスとは|素材別の特徴と寝心地を解説
③低反発と高反発の違い、あなたに合うマットレスはどっちか
④高反発マットレスが原因で腰痛に。避けるための3つの知識
⑤高反発マットレスの厚みと硬さは「体重」を元に考える
⑥高反発マットレスのニュートン数をアテにしたらダメな理由
⑦高反発マットレスは「密度」=「耐久性(寿命)」
⑧高反発マットレスの表面、フラットとプロファイルの違いとは
⑨賢くお買い得に!高反発マットレス7つの比較ポイント
⑩高反発マットレスの通気性には期待してはいけない理由
⑪高反発マットレスはやっぱり三つ折り?メリットとデメリット
⑫高反発マットレスに敷きパッドは必須!季節別の選び方
⑬お店でマットレスの試し寝をする時の5つのチェックポイント
⑭マットレスでシングルサイズを選ぶ時の注意点
⑮【高反発マットレスVS敷布団】特徴と寝心地の違いとは
⑯高反発マットレスのダニ対策!素材別に解説
⑰高反発マットレスが臭い?その原因と対策について
⑱高反発マットレスのお手入れ方法
⑲高反発マットレスを処分!賢く安く捨てる方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

朝起きた時、腰や背中に違和感はありませんか?

・しっかりと眠ったはずなのに朝起きると体が重い・・。
・朝スッキリと目覚められない・・。
・日中の眠気のせいで仕事に集中できない・・。

睡眠の質が悪くなっていることで、日常生活に支障をきたしていないでしょうか。眠りを見直すためにも、正しい作りのマットレスを試してみませんか?

適切な寝心地で、適度な耐久性、そして手頃な価格をコンセプト「エコラテ エリート マットレス」を開発しました。

  • 軽い寝心地を生む反発弾性45%のウレタンフォーム
  • 腰と背中にやさしい凸凹プロファイルカットによる体圧分散性
  • ウレタン密度32D、たくましい耐用年数(7年前後)
  • 表側テンセル™100%の爽やかな肌心地
  • あなたまでダイレクト、最高のコスパでお届けします!!

是非あなたの睡眠改善にお役立てください。


詳細を見てみる

SNSでもご購読できます

コメントを残す

*

快眠タイムズ

21日間返金保証付き!
コスパ最高の特別なマットレスがついに完成!

この商品をいますぐチェックする

21日間返金保証付き!
コスパ最高の特別なマットレスがついに完成!

この商品をいますぐチェックする