マットレス

高反発マットレスの厚みと硬さは「体重」と慣れを元に考える

高反発マットレスは体重に合わせて、厚みや硬さを考えなければなりません。

特に、下記のような方は、しっかりと理解をする必要があります。

  • 体重が80kg以上ある
  • 薄めのマットレスを買おうかなと考えている
  • 硬めのマットレスを買おうと考えている

そこで本日は「高反発マットレスの厚みと硬さは「体重」を元に考える」方法についてご紹介します。

【広告】最高のマットレスを開発しました。こちらのページ「【最高のマットレス1選】睡眠健康指導士が解説します」で紹介していますので、マットレスを比較検討中ならぜひ参考にどうぞ。
著者情報
加賀 照虎

加賀照虎(上級睡眠健康指導士)

上級睡眠健康指導士(第235号)。2,000万PV超の「快眠タイムズ」にて睡眠学に基づいた快眠・寝具情報を発信中。NHK「あさイチ」にてストレートネックを治す方法を紹介。
取材依頼はお問い合わせから。
インスタグラムでも情報発信中⇒フォローはこちらから。


1. 高反発マットレスの厚みと硬さを「体重」を元に考える

体重を基準とした最低限の厚みと硬さについて、それぞれ順に説明していきます。

1−1. 体重別|高反発マットレスに必要な厚み

体重が重ければ重いほど、マットレスに厚みが必要だということは想像に難くないと思います。

それを具体的な数値で表すとするなら以下のようになります(ウレタン密度が30D前後で、耐久性が一般的なものでのケースとなります)。

indicator-of-mattress-height3

体重30kg前後なら、高反発マットレスの厚みの目安は5cm

これくらいの厚みのものは高反発マットレスというよりトッパーです。体重30kg前後の子供なら快適に使えますが、大人の使用には向きません。大人がこの厚みの高反発マットレスの上で寝てしまうと、底つき感(腰がマットレスの下のフローリングやベッドの天板に当たること)があり腰を痛める恐れがあります。

底つき感_仰向け_横向き

体重60kg前後なら、高反発マットレスの厚みの目安は7cm

敷布団のような使い勝手の高反発マットレスです。体重60kg前後の小柄な方なら問題ありません。体重60kgある私の感覚だと基本的に問題ないですが、ものによっては横向き寝をすると腰に底つき感があることがあります。特に、凸凹プロファイル加工がされているとなおさらです。

processing-for-mattress-surface

体重80kg前後なら、高反発マットレスの厚みの目安は10cm

一般的な高反発マットレスの厚みです。

参考:厚み10cmのマットレス
参考:厚み10cmのマットレス

体重80kg前後の大柄の方でも底つき感なく寝られる厚みです。多くの人にとって必要十分な厚みです。折りたたんだり、収納したりできるギリギリの厚みです。これ以上厚みがあると、日常的に動かすのはかなり面倒になります。

体重100kg前後なら、高反発マットレスの厚みの目安は13cm以上

高反発マットレスとしては分厚い部類に入ります。これくらいの厚みがあれば体重100kg前後の方でも、底つき感なく寝られます。ここまで厚みがあると、折りたたんだり収納したりできるものはほぼないです。

1−2. 体重別|高反発マットレスに適切な硬さ

マットレスの適切な硬さは体重(体格)によっても変わります。

体重が(平均体重と比べて)軽めの人は柔らかめ、重めの人は硬めのものが合いやすいです。

preferred-hardness-changes-by-their-weight

なぜこのような違いが生まれるのかと言うと、胴回りの肉付き(筋肉と脂肪の量)が関係しています。体重が軽めの人は胴回りの贅肉が少なく、背中から腰回りがくびれています。

このような方が硬めのマットレスに寝られると、フィット感が少なく背中が浮いてしまうため、寝心地が悪く感じられるのです。

腰が浮いている状態
腰が浮いている状態

それとは反対に、体重が重めの人は胴回りが重いため、柔らかめのマットレスだと腰が落ち込み過ぎてしまうことがあったり、体がマットレスにやや沈み込み過ぎてしまい寝返りがしづらくなるということがあります。

そのため、体重が重めの人にはやや硬めの寝心地のマットレスが好まれるのです。

慣れによっても変わる適切な硬さ

体重と一緒に考えてもらいたいのが「あなたが慣れ親しんだ硬さ」についてです。

というのも、人は慣れた寝心地から大きく変わると、今までの差により不快に感じてしまうからです。例えば、ずっと薄い敷布団で寝てきた痩せ型の人は硬めの寝心地に慣れています。このような人が教科書通りに柔らかいマットレスに買い換えられると大抵柔らかすぎるように感じてしまいます。

そのため、あなたの「体重」と「慣れ」のどちらも考慮して、適切な厚さと硬さについて考えるようにしてください。


最後に

あなたの体重に合わせて高反発マットレスの「厚み」と「硬さ」について考える一助になっていれば幸いです。

なお、以下のページであなたに合った高反発マットレスを選ぶポイント(硬さ、厚み、生地、耐久性など)とおすすめブランドを紹介しているのであわせてご参考にしてください。

関連記事

 

また、マットレスに関するページを以下にまとめましたので、気になるトピックがあればあわせてご参考にしてください。

■あわせて読んでおきたい「マットレス」の記事一覧
 – 選び方編
○マットレスのおすすめ11選|専門家が教える自分に合うものを絞り込む手順
○敷布団とベッドマットレスの比較。素材ごとの併用の相性とおすすめ
○【失敗しないマットレスの選び方】硬さ、厚さ、密度、線材を吟味
○マットレスの3種類7素材を比較|特徴と選び方、おすすめできる人
○低反発と高反発の違い、あなたに合うマットレスはどっちか
○【快眠の方程式】マットレスの理想の硬さ=理想の寝姿勢
○マットレスの正しい厚み(高さ)は「用途と目的」を軸に考える
○【マットレスの通気性】素材・加工ベースで比較評価
 – 使い方編
○【マットレスの使い方】シーツ、パッドの正しい順番とは
○マットレスにすのこは必要か?おすすめの選び方
○マットレスの上に布団を敷いてはいけない2つの理由と代替策
○マットレスの正しいダニ退治方法、二度と繁殖させない予防法
○マットレスのカビ除去方法と、再発を防ぐ予防対策
○ベッド・マットレスがずれる?それなら滑り止め対策を
○長生きでお得に!マットレスの寿命を判断する5つの目安
○賢い節約術!マットレスの処分方法を考えるべき順序

睡眠健康指導士が”本気で”おすすめする
最高のマットレス

最高のマットレス

マットレスを選ぶとき、
このように困ることはないのでしょうか。

  • 品質の差がわからない
  • コスパの良し悪しがわからない
  • 種類が多すぎて選びきれない

睡眠は回復のための時間です。
そしてマットレスはそんな睡眠をサポートする大切な道具です。
あなたの健康のために最高品質のマットレスを眠りましょう。


最高のマットレスについて知る

SNSでもご購読できます

コメントを残す

*

快眠タイムズ