快眠グッズ

ベッドの高さで変わる睡眠と生活。6つの確認事項と注意点

こんにちは、加賀照虎です。

ベッドの高さで睡眠から生活感まで大きく変わるのはご存知でしょうか。

結論、ベッドの高さなどのサイズは、下記の点を押さえて選ぶことが肝になります。

  • 横幅:使用人数、体格、部屋の広さ
  • 縦の長さ:身長
  • 高さ:生活環境の好み、収納の必要性

とはいえ、これだけでは意味が分からないですよね。

そこで本日は、

  • ベッドの高さで変わる6つのポイント
  • 【高さ別】ベッドの種類とその特徴
  • おすすめのベッドの高さ
  • お店でベッドを選ぶときの高さに関する注意点
  • 低いベッドの高さを上げる方法

などについて分かりやすく解説していきます。

※ベッドの横幅と縦の長さについては下記のページのほうで解説していますので、まだ決めていない人はご参考にしてください。 関連記事
著者情報
加賀 照虎

加賀照虎(上級睡眠健康指導士)

上級睡眠健康指導士(第235号)。2,000万PV超の「快眠タイムズ」にて睡眠学に基づいた快眠・寝具情報を発信中。NHK「あさイチ」にてストレートネックを治す方法を紹介。
取材依頼はお問い合わせから。
インスタグラムでも情報発信中⇒フォローはこちらから。


1. 4種類のベッドの高さで変わる6つのポイント

まず初めに、ベッドの高さは以下の4つの種類に分けられます。

  1. 低い:30cm未満
  2. 標準:35~45cm
  3. 高め:50~60cm
  4. 高い:90cm~

この高さの違いにより何が変わるか、チャートにしてまとめると下記のようになります。

 低い標準高め高い
イメージbed-lower
目安~30cm35~45cm50~60cm90cm~
開放感
立ち座り
ホコリ
転落
収納
揺れ・軋み
マットの制限

それぞれ具体的に解説していきます。

1-1. 開放感

ベッドは低いほど、部屋が広く感じられます。また、ロフトベッドなどのような高いベッドだと、寝たときに天井が近いため圧迫を感じられることもあります。

1-2. 立ち座りのしやすさ

身長により個人差こそありますが、ベッドは標準的な高さでないと立ち座りしづらいことがあります。特に、ヒザが悪いと気になりやすい要素です。ロフトベッドは言わずもがなですね。

ベッドの高さ目安イメージ種類
低い~30cmbed-lowerベッドから立ち上がるときに
膝にやや負担がかかる
標準35~45cm楽にできる
高め50~60cmbed-high老人はベッドから出るときに
手すりが必要なことがある
高い90cm~bed-higher上り下りが大変

1-3. ホコリっぽさ

床から30cmまでの高さはホコリが舞いやすいハウスダストゾーンです。そのため、呼吸器が敏感な方やアレルギーをお持ちの方は低いベッドは避けることをおすすめします。

house-dust-zone
ハウスダストゾーン

1-4. 転落の可能性

ベッドが高くなればなるほど転落の危険も高まります。子供が小さいうちは低いベッド、もしくはベッドなしの床置きマットレスがおすすめです。

 敷布団ノンコイル
薄型マットレス
ノンコイル
ベッドマットレス
コイルスプリング
ベッドマットレス
画像futon1thin-non-coil-mattress1thick-non-coil-mattress1coil-mattress1
長所
  • ベッド不要
  • 処分が簡単
  • 比較的安価
  • クリーニング可
  • 寝心地◯
  • ベッド不要
  • 取扱いが手軽
  • 処分が簡単
  • 比較的安価
  • 寝心地◎
  • 耐久性は高め
  • 置きっぱなしOK
  • 処分が簡単
  • 寝心地◎
  • 耐久性が高い
  • 置きっぱなしOK
  • クリーニング可
短所
  • 寝心地△
  • サポート不十分
  • 手入れが大変
  • ホコリっぽい
  • 床冷えしやすい
  • 手入れが必要
  • 薄いと底つき感がある
  • ホコリっぽい
  • 床冷えしやすい
  • クリーニング不可
  • コスト高め
  • ベッド必要
  • 収納不可
  • やや重たい
  • クリーニング不可
  • コスト高い
  • ベッド必要
  • 収納不可
  • 非常に重たい
  • 軋み音が心配
  • 処分が大変

1-5. 収納スペース

ベッドの高さがあるほど、ベッド下の収納スペースが増えます。もちろん、ベッドの種類にもよりますので、収納機能を重視するなら収納したいものベースでベッドの種類を選ぶようにしましょう(2章で詳述)。

床置きすのこローベッド
フロアベッド
脚付きベッドパイプベッド
スチールベッド
sunoko1low-bed1bed-with-legs1steel-bed1
折りたたみベッド脚付きマットレスベッドソファベッド電動ベッド
foldable-bed1mattress-bed1sofa-bed1movable-bed1
引き出し収納ベッド跳ね上げ式ベッドロフトベッド二段ベッド
bed-with-drawer1flip-up-bed1loft-bed1bunk-bed1

1-6. 使用可能なマットレスの制限

低いベッドや高いベッドではコイルスプリングマットレスは使用不可ですし、厚さが20cm以上のノンコイルマットレスも重量や見栄えの観点から使えないものがあります。高めや標準的な高さであれば特に制限はありません。

敷寝具種類イメージ 厚さ  重量 
敷布団木綿cotton2

10cm
(仮定)

6kg
ノン
コイル
高反発ウレタンregular-foam7kg
高反発ファイバーair-fiber10kg
高弾性ウレタンhigh-resiilience-foam10kg
ラテックスlatex-foam15kg
低反発ウレタンmemory-foam11kg
ハイブリッド3-layers-hybrid-mattress
コイルボンネルコイルbonnel-coil20cm
(仮定)
18kg
ポケットコイルpocket-coil20kg

2. 高さ別|ベッドの種類とその特徴

また、ベッドの高さによって選べる種類が変わってもきます。

この点も押さえて複合的にベッドの高さについて考えてもらえると、より満足度の高いものが選べられるようになります。

ベッドの高さ目安イメージ種類
低い~30cmbed-lowerローベッド(フロアベッド)、
床置きすのこ
標準35~45cm脚付きベッド、パイプベッド、
ソファベッド、折りたたみベッド、
脚付きマットレスベッド、
電動ベッド
高め50~60cmbed-high引き出し収納付きベッド、
跳ね上げ式ベッド
高い90cm~bed-higherロフトベッド、二段ベッド
床置きすのこローベッド
フロアベッド
脚付きベッドパイプベッド
スチールベッド
sunoko1low-bed1bed-with-legs1steel-bed1
折りたたみベッド脚付きマットレスベッドソファベッド電動ベッド
foldable-bed1mattress-bed1sofa-bed1movable-bed1
引き出し収納ベッド跳ね上げ式ベッドロフトベッド二段ベッド
bed-with-drawer1flip-up-bed1loft-bed1bunk-bed1

2-1. 30cm未満の低いベッド

高さが30cm未満のベッドとなると、ローベッド(フロアベッド)一択になります(床置きすのこをベッドと見なすかは判断が難しい)。低くて開放感がありおしゃれなのはいいですが、収納面やベッド下の掃除がしにくいのが難点です。日々の使い勝手に不満を覚えないか使用している状況をシュミレーションしてみましょう。

2-2. 35~45cmの標準的高さのベッド

いろいろな種類のベッドが選べられますが、収納スペースがいるかどうかを軸に考えられると絞りやすいです。なお、パイプベッド(スチールベッド)はギシギシ音が鳴りやすいのであまりおすすめできません。

2-3. 50~60cmの高めのベッド

収納スペースがいるかどうか、もしくは、収納したいものを軸に考えると選びやすいです。例えば、スノーボードの板のような大きいもので頻繁に取り出さない性質のものを収納したいなら跳ね上げ式ベッドがおすすめですし、衣類のような頻繁に出し入れする小物を収納したいなら引き出し収納付きベッドがおすすめです。

2-4. 90cm~以上の高いベッド

部屋にクローゼットがなく大量の収納スペースが必要であればロフトベッド、子供のためのベッドなら二段ベッドが重宝します。

2-5. おすすめのベッドの高さ

私のおすすめのベッドの高さは40~50cm前後の標準的なものです。理由は以下の通りです。

  • 寝室があまり広くなくても圧迫感がない
  • ベッドマットレスが使用可能
  • 立ち座りが楽
  • ベッド下にモノを収納できる(種類によりますが)
  • ホコリっぽさを感じにくい

寝室の広さ、あなたの身長、ベッドの型などに左右されるという点、ご了承ください。

※お店でベッドを選ぶときの高さに関する注意点

上記のポイントを押さえながらベッドの高さを考えていただければ、イメージと大きくズレることはほとんどありませんが、家具屋などでベッドを選ぶ時に注意してもらいたいポイントがあります。

それは広さによる目の錯覚です。

お店で選んだベッドを寝室に設置すると、意外と高く感じられるということが多いです。というのも、広々とした実店舗では高さが感じられにくい一方、広さに限りのある寝室では高さが目立ちやすいためです。反対に、お店では「ちょっと低くないかな?」と感じていても、寝室に設置すると意外と満足できるということがあるのです。


3. 低いベッドの高さを上げる方法

「採寸ミスをしてしまい、ベッドの下に入れるはずだった収納ボックスが入らない、、、。」と落ち込んだことがあるのは私だけではないと思います。雑誌などをベッドの脚に挟んで高くすることも可能ですが、少し見栄えが悪いですよね。

製品:ベッドの高さをあげる足
価格:1,490円
【当製品の販売ページ@Amazon】

4つ脚ベッドにしか使うことはできませんが、このような便利グッズでベッドを高くすることができます。とはいえ、これ以外にベッドの高さを上げる画期的な方法はないので、お気に召さなければベッドを買い換えるしかないです。


最後に

ベッドの高さを考える一助になっていれば幸いです。

また、ベッドは種類によっても使い勝手が変わってくるので、あなたの生活スタイルに合うものを吟味することも大切です。こちらのページ『ベッドフレームは12種類!機能に注目した選び方』で12種類のベッドの使い勝手、向き不向きを紹介しているので併せてご参考にしてください。

睡眠健康指導士が”本気で”おすすめする
最高のマットレス

最高のマットレス

マットレスを選ぶとき、
このように困ることはないのでしょうか。

  • 品質の差がわからない
  • コスパの良し悪しがわからない
  • 種類が多すぎて選びきれない

睡眠は回復のための時間です。
そしてマットレスはそんな睡眠をサポートする大切な道具です。
あなたの健康のために最高品質のマットレスを眠りましょう。


最高のマットレスについて知る

SNSでもご購読できます

コメントを残す

*

快眠タイムズ