硬い枕は頭痛の元?!購入時のチェックポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

硬い寝心地の枕が好みだと、以下のような話を聞き心配にならないでしょうか。

  • 硬い枕は頭痛、圧迫感の原因となる
  • 寝違えをしやすい
  • 首を痛めやすい

枕が硬すぎるのは問題です。しかし、適度な硬さであれば、他のポイント(フィット性、高さ)が適切であれば、このような問題を起こすことはほとんどありません。

そこで本日は「硬い枕を購入する際のチェックポイント」をご紹介します。


1. 硬い枕を購入する際のチェックポイント

硬い枕を購入するのなら、以下の3つのポイントをしっかりチェックしましょう。そうすることで快眠できる枕を選べられるようになります。

  • 枕が首〜後頭部にフィットするか
  • 枕の高さは適切か
  • 硬すぎないか

各チェックポイントの詳細を解説していきます。

1−1. 枕が首〜後頭部にフィットするか

硬い枕を選ぶ時、最も気をつけていただきたいのが、「枕が首〜後頭部にしっかりとフィットしているか」の確認です。

以下のイラストのように枕がピタッとフィットすることを目指しましょう。

枕が首〜後頭部にフィット
枕が首〜後頭部にフィット

このようにフィットさせれれば、快適に寝られます。

しかしもし、硬い素材の枕なのに首〜後頭部にかけてフィットしていないとすると、以下のイラストのようになってしまいます。

枕がフィットしていない
枕がフィットしていない

こうなってしまうと、以下のような不快な症状を起こす可能性があります。

  • 後頭部に負担がかかってしまい圧迫感や頭痛、痺れの原因に
  • 首のサポートがないため首こり、肩こり、寝違えの原因に

休息のための睡眠なのに、体を疲れさせてしまうことになってしまいます。

実のところ、硬い素材の枕はただでさえフィット性が悪いことが多いです。くれぐれも首〜後頭部にピタッと合うことを重視して選ぶようにしましょう。

1−2. 枕の高さは適切か

1つ目のポイントがOKだったら、その次に「枕の高さが適切か」を確認しましょう。

適切な枕の高さは人によって異なるので、「理想的な寝姿勢を取れる枕の高さ」を目安にして選ぶようにしましょう。

理想的な寝姿勢には2つのポイントがあります。

理想的な寝姿勢 仰向け寝
理想的な寝姿勢 仰向け寝
  • 肩口から頭が10~15度の傾斜
  • 顔が5度前後の傾斜

枕の高さをこのように最適化することで、頚椎(首の骨)や筋肉を自然な状態でリラックスさせられますし、気道を圧迫せず呼吸が楽に眠れます。

反対に枕が高すぎたり低すぎたりすると、

  • 頚椎を痛める
  • 筋肉に疲労が溜まり、肩こり首こりに
  • 気道を圧迫しいびきの原因に
  • 血が頭に上りむくみの原因に

などの症状を起こす恐れがあります。自分自身で枕の高さが適切か判断しにくい場合は、店員さんにチェックしてもらいましょう。

枕の高さが適切であることは快眠するための最重要項目の一つです。

1−3. 硬すぎないか

枕の硬さはある程度好みで決めてしまっても大丈夫です。

しかし、硬すぎるものは厳禁です。枕は一度購入したら数年程度の長い付き合いになるので、きちんと試し寝をして適切な硬さであるか(硬すぎないか)チェックすることをおすすめします。

試し寝をする際、まずは上記の2点をチェックしましょう。そしてその上で、少なくとも10分以上枕の上に頭を置いて、圧迫感が生じないかを確認しましょう。

圧迫感や痺れを感じる場合は、その枕は硬すぎるのではないかと思います。購入しても不満の残る寝心地になるのではないかと思います。

※硬い枕と柔らかい枕、どちらがいいのか?

硬い枕vs柔らかい枕の論争は尽きることはありません。

これは本当に好みの問題だと私は考えています。硬すぎたり柔らかすぎたりせず、適度な硬さ/柔らかさであれば(そして、高さと素材が合っていれば)あとは好みで決めてしまって良いと思います。

快適に眠れる枕の選び方(枕の素材/硬さ/高さ)に関して、こちらのページ『枕のおすすめはこれ!選び方の目安はたったの3つ』でお伝えしているのでご参考にしてください。


まとめ

硬い枕の選び方を復習すると、以下のようになります。

  • 枕が首〜後頭部にフィットするか
  • 枕の高さは適切か
  • 硬すぎないか

硬い枕を選ぶ際は、きちんと試し寝をしてこれら3つのポイントを満たした枕であるかチェックしましょう。

3つともポイントを満たした枕であれば、その枕は「買い」の判断を下しても問題ないはずです。あなたが快眠枕に出会えることを陰ながら祈っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

朝、目が覚めた時、首や肩に違和感が残っていませんか?

”男女とも「日中、眠気を感じた」が最も高く、それぞれ 44.5%、48.7%である。”

これは、平成27年度に調査された国民健康・栄養調査の一文です。 実は、平成19年以降、睡眠時間6時間未満の方は年々増加しており、その半数程度が日中に眠気を感じているのです。

  • しっかりと寝たはずなのに朝目が覚めると体が重い・・。
  • 朝スッキリと目覚めることができない・・。
  • 日中眠いせいで仕事でミスが増えている・・。
  • 眠りが浅いせいで深夜に目覚めてしまい、日中が辛い。
  • 目覚めたあとの肩こりがひどく、朝から憂鬱だ・・。
  • 最近気持ちよく目覚めたことがない・・。

熟睡できず、眠りが浅いというあなたには、睡眠の質を向上させることが必要です。そのために私どもがおすすめしたいのが、フォスフレイクス枕です。

抜群のフィット性、豊かな復元力によるサポート性で、正しい寝姿勢で体をリラックスさせ、質の高い睡眠を実現します。


快眠タイムズのレビューを読む

SNSでもご購読できます

コメントを残す

*

快眠タイムズ