布団の打ち直し価格の相場、考えるべきポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ふかふかだったはずの布団がいつのまにかペッチャンコの煎餅布団になっていて「この際、布団の打ち直しをしてみようかな」とお考えではないでしょうか?

寝心地が悪いままの布団で寝るのは健康的でないので、早め早めに対策を取りたいです。とはいえ、布団の打ち直しなんて滅多に行うこともないと思うので、価格の相場などわからずお困りのことと思います。

そこで本日は、

  • 布団の打ち直し価格の相場
  • 打ち直し不可な布団素材
  • 打ち直しに際して知っておくべきこと

をご紹介します。あなたの布団の素材や状況と照らし合わせながら、打ち直し計画のご参考にしてください。


1. 布団の打ち直し価格の相場

まず最初に、掛け布団と敷布団の打ち直し価格の相場はそれぞれ10,000円前後ですが、具体例として北海道は札幌の寝具ショップ「ふとんのヨネタ」を参考にすると、

  • 敷き布団100×200cm:10,240円
  • 敷き布団140×200cm:14,040円
  • 掛け布団150×200cm:11,340円
  • 掛け布団190×200cm:15,120円

となっています。

様々なお店を比較検討していると、それぞれ価格が異なるため疑問を持たれるかもしれませんが、価格に影響を与える大きな要素として生地の品質があります。

生地は綿100%のことがほとんどですが、綿100%と一口に言っても、中繊維綿や長繊維綿など品質はピンからキリまであるので、どのような綿で生地を仕立てているかで価格が変わります。

(※綿繊維の詳細はこちらのページ「ピンキリ要注意!布団カバー・シーツ綿100%の選び方」をご参考にしてください。)

他にも、繊維の細さや密度(打ち込み本数)、中綿を増量するかどうかなどが価格をあげる要因になっています。

上記の料金よりも高い場合、こだわった素材が使われていることが多いです。高品質な綿生地は肌触りがいいだけでなく、汗の吸い取りに優れ、ホコリも出にくいので、睡眠の質を気にされる方は一度生地に触れるなりして検討することをおすすめします。

羽毛布団の打ち直し(リフォーム)価格の相場

また、厳密には打ち直しとは言えませんが、羽毛布団も中材の羽毛を洗浄したり、必要があれば足したり、新しい生地で仕立てあげることでリフォームすることができます。

日本全国に100店舗以上構える寝具ショップチェーンの「タナカふとん」を例にすると、

  • 羽毛掛け布団 150×210cm:17,280円
  • 羽毛掛け布団 190×210cm:24,840円

となっています。繊維の素材の品質や、打ち込み本数のほか、羽毛の品質や充填する量などによって価格が変わります。

10万円を超える高価な羽毛布団をお使いならば、側生地も高品質なもので揃えることをおすすめします。

打ち直し不可な布団素材

ポリエステル100%わた、固わたなどお布団の場合は、打ち直しすることはできません。むしろ、価格のことを考えると新しく買い直すほうが安上がりでお得でしょう。

一方、羊毛素材の場合、打ち直しに対応していないお店がほとんどですが、探すと稀に対応しているところがあります。日本全国で宅配打ち直しサービスを展開している「とみおかクリーニング」の価格を参考にすると、

  • 羊毛敷き布団100×200cm:13,500円
  • 羊毛敷き布団140×200cm:18,000円
  • 羊毛掛け布団150×200cm:13,500円
  • 羊毛掛け布団190×200cm:18,000円

となっています。やはり羊毛は木綿よりも高くなりますね。

また、宅配にかかる送料は無料とのことですが、規定の袋に収まらないサイズの布団は別途3,150円かかります。

布団を打ち直しするか、買い換えるかの判断ポイント

上記でご覧の通り、布団の打ち直しは安くありません。そのため、打ち直すか、買い替えるか、判断に迷うことになると思います。

  • 6~7万円を超える高品質な布団なら打ち直す
  • 思い入れのある布団なら打ち直す

これらに該当する布団であれば、打ち直しする価値があるといえます。

また、上2つに該当するとしても、敷布団の日陰干しなどのお手入れを面倒に感じるのならば、ポリウレタンフォーム素材のマットレスを購入することをおすすめします。体のサポート性が高いのもさることながら、お手入れがより手軽で、ダニ・カビ発生の心配が少ないためです。

マットレスの選び方に関しては以下のページをご参考にしてください。

絶対後悔したくない人向け!マットレスの上手な選び方

布団の打ち直しに際して知っておくべきこと

また、打ち直しは単に布団を蘇らせるだけでなく、様々な応用を利かしてもらうことができます。

  • 布団のサイズ調整が可能
  • 中綿の量も調整可能
  • 敷布団を掛け布団に作り直してもらうことも(大体)可能
  • ダニやカビが発生していても(大体)可能

大きくなった子供のために布団のサイズをシングルからダブルに変更してあげることはもちろん、より暖かみをだすために木綿の量を多くしてもらうことも可能です。(木綿を増量すると、料金も上がります。)

また、マットレスに買い換えたために余った敷布団を、来客用の掛け布団に作り直すことも可能です。

さらに、側生地や中綿に多少カビが発生していても、それらを取り除いてキレイに蘇らせることだってしてくれます。とはいえ、あまりにもダニ・カビが繁殖していたり、中綿が汚れていたり、クタクタになっていると打ち直しができず、買い替えすすめられることがある点、ご了承ください。


最後に

限りある資源を再利用できるという観点から考えると、布団の打ち直しは本当に尊いサービスです。まずはお近くの寝具ショップに布団を持ち込み、あなたの布団が打ち直し可能か、そして、費用がいくらかかるか確認してみましょう。

また、こちらのページ『【熟睡敷布団のおすすめ7選】正しい選び方3つのコツ』で綿、羊毛、ポリエステルなどの素材別に、腰・背中をリラックスさせて眠るためのサポート性、キレイに維持するための衛生性、日常生活を楽にするための取扱性、の3つの点から敷布団の選び方をご紹介しています。

お使いの敷布団が打ち直し不可能なようであれば、是非あわせてご参考にしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

マットレスをずっとキレイなまま使える賢い節約ワザ、ご存知ですか?

おねしょやひどい寝汗、急な出血などでマットレスを汚してしまった経験はありませんか?

汚れたマットレスは家庭の洗濯機で洗えず、専門クリーニング業者に依頼するとシングルサイズのものでも約10,000円の負担になります。

しかし、これら液体汚れを防ぎ、マットレスを衛生的に保つ方法があります。それが、ヒルトンを始めとする世界の一流ホテルが導入する最高品質の防水マットレスプロテクター「プロテクト・ア・ベッド」です。

  • 50回洗濯をしても防水性が衰えない品質の高さ。
  • 防水にもかかわらず水蒸気は通す、快適でムレにくい圧倒的な透湿性(50g/㎡•h)。
  • マットレスの使用感を損なわない極薄0.025mmの防水膜。
  • もちろんダニ通過率0%のすぐれた防ダニ性。

創業33年、世界45ヶ国で愛されるアメリカのトップブランドが提供するミラクルシーツです。睡眠の質にこだわり、「ムレ」「ゴワゴワ」「パツパツ」などの不快な寝心地を抑えています。

もし、あなたがマットレスや布団の汚れ/衛生性に悩んでいるのであれば、プロテクト・ア・ベッドは劇的にあなたの睡眠の質を改善してくれるはずです。


世界最高品質のマットレスプロテクターについて詳しく見てみる。

SNSでもご購読できます

コメントを残す

*

快眠タイムズ