快眠グッズ

子供用布団のおすすめの選び方【サイズと素材を吟味】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

子供用の布団を買うとき、「年齢別に適切なサイズ」「各素材の良し悪し」「適切な硬さ・厚み」など気にならないでしょうか?

値段の高い高品質なものを買えば本当に子供は快眠できるのか、疑問を感じることもあると思います。とはいえ、安いものは品質が悪くて子供の成長を阻害するじゃないか、と心配にもなると思います。

そこで本日は、「子供用布団のおすすめの選び方」についてご紹介します。


1. 子供用布団のおすすめの選び方

それでは、子供用布団の「サイズ」「素材」「厚み」「硬さ」の順番におすすめの選び方を説明して行きます。

1−1. 年齢別|子供用布団に適切なサイズ

いきなりややこしいので申し訳ありませんが、子供用布団には4つのサイズがあり、大人用布団(シングル)と比較すると、以下のようになっています(メーカーにより多少の誤差があります)。

布団の種類
(年齢目安)
サイズ
新生児布団
(3ヶ月まで)
(敷) 60×90cm
(掛) 80×100cm
ベビー布団
(3歳まで)
(敷) 70×120cm
(掛) 95×120cm
キッズ布団
(6歳まで)
(敷) 90×140cm
(掛) 120×140cm
ジュニア布団
(15歳まで)
(敷) 90×180cm
(掛) 130×180cm
大人用布団 (敷) 100×200cm
(掛) 150×210cm

子供の成長に合わせて各サイズの布団を買われる方がいますが、やや勿体無いかなと思います。私のおすすめは、新生児のうちからベビー布団で寝かせ、3~4歳になったらもう大人用布団で寝かせてあげる、というものです。

以下の子供の身長の伸び具合のデータをご覧ください(男児のデータですが、女児もほぼ同様の数値になります)。

ご覧の通り、赤ちゃんはすぐに大きくなります(男女ほぼ一緒です)。新生児用の布団は一年もしないうちに狭苦しく感じられるようになります。ベビー用布団であれば少なくとも3~4歳までは十分に使い倒せます。

同じ理由から、キッズ用とジュニア用はあまりおすすめできないです。1年もしないうちにサイズが足りなくなって押入れで眠らせるハメになった、という話もあります。また、シーツやカバーなどをおしゃれなものにしようとしても、これらのサイズで作られた商品が少ないので非常に選択肢が限られます。

1−2. 子供用敷布団に適切な素材

子供用敷布団は、木綿(コットン)、羊毛(ウール)、ポリエステルの3つの中材が使われることが多く、それぞれ以下のような特徴です。

「子供はとても汗っかきのため、吸水性にすぐれた木綿、もしくは、羊毛がいい」という話を聞くことがあると思います。が、私はポリエステル素材の敷布団がおすすめです。理由は2つあり、

  • 敷布団の上に防水シーツとパッドを敷くため
  • もしもの時の掃除が楽なため

敷布団の上に直接子供を寝かせることはありません。敷布団に防水シーツと敷パッドを敷き、その上に、子供を寝かせます。もしくは、敷布団の上に防水敷パッドを敷きます。

子供用布団の上には防水シーツや敷パッドを敷くこと
子供用布団の上には防水シーツや敷パッドを敷くこと

吐き戻しやおねしょなどで、子供はすぐに敷布団を汚します。その都度、布団を洗うなんて非常に面倒です。しかし、敷パッドだけの洗濯なら楽です。大事故だとしても防水シーツがあればまず敷布団が汚れることはありません。

ただ、万が一、敷布団が汚れてもポリエステル素材の敷布団なら家庭用洗濯機で洗えるものがほとんどですので、何も怖くありません。

また、ポリエステル素材に比べて綿と羊毛は汗の吸い取りにすぐれるためおすすめされますが、防水シーツと敷パッドを敷くとなったら、敷布団の素材の吸水性なんてどれも一緒になります。それなら、安くて取り扱いが簡単なポリエステルのほうが良いと私は考えます。

もちろん、寝心地はこの中では羊毛が一番なので、お財布に余裕があれば、羊毛の敷布団を選ぶのもありです。

1−3. 子供の掛布団の素材は何がいい?

子供の掛布団の素材といえば、羽毛(ダウン)、綿(コットン)、ポリエステルの3つが主なもので、それぞれ以下のような特徴です。

子供の寝心地をとるなら羽毛、お手入れの手軽さをとるならポリエステルがおすすめです。ポリエステルわただとややムレやすいですが、私の経験上、部屋の温度が高かったりしてムレるときは羽毛でもムレます。ただ、掛布団の側生地は(カバーも)絶対に綿のものを選びましょう。

また、子供用の掛布団は軽さが大事だと言われますが、それは新生児や1歳未満の赤ちゃんに対しての話で、布団が重くて苦しかったり、布団内が暑くて辛かったりしても、赤ちゃんが自力で掛布団をどかせないことを懸念してのことです。

私のケースですが、部屋を電気ヒーターで温めて、掛布団ではなくブランケット一枚を掛けて寝かせていました。寝相で布団をはいでしまっても部屋が寒くなければ大丈夫だろう、と考えてのことです。

1−4. 子供用布団に適切な厚み

フローリングや床に布団を直置きして使う予定なら、布団が薄いほうが軽くて押入れからの出し入れなどのお手入れがしやすくいいですよね。

なので、できるだけ薄い敷布団を選ぼうと考えられると思いますが、少なくとも5cmはあるものをお選びください。ポリエステルであろうと木綿であろうと、最低限5cmの厚みはないと寝心地が不安です。

また、もしあなたが敷寝具は布団ではなくウレタンマットレスをお考えでしたら、子供の体重をベースに以下のように厚みをお考えください。(ウレタンは密度30Dを基準にしています。)

  • 3cm:1歳(体重10kg)前後
  • 4cm:1~5歳の間
  • 6cm:5歳以上(体重20kg以上)

1−5. 子供用布団に適切な硬さ

子供用布団は、中芯に固わたが入っている普通〜硬めのものを選ぶようにしましょう。柔らかいものはお控えください。理由は2つあります。

  • うつぶせ寝になったとき、鼻や口が布団にうもれてしまって呼吸ができなくなってしまう恐れがあるため。
  • 寝姿勢が歪み骨の成長に悪影響を及ぼす恐れがあるため。

低反発ウレタンマットレスの低品質なものにも同じことが言えます。ご留意ください。

1−6. 子供用布団のシーツやパッドの揃え方

「布団セットとか色々あるけど子供のための布団は結局、何を買い揃えればいいの?」という疑問を感じると思いますが、これはケース別で異なります。

もしあなたが最低限で済まそうとお考えであれば、【敷布団→防水敷パッド→掛布団(とカバー)】で大丈夫です。もしくは、【敷布団→防水シーツ→敷パッド→掛布団(とカバー)】です。敷パッドの上にシーツを敷いてもいいですが、絶対に敷く必要はありません。

子供用布団の汚れ対策
子供用布団の汚れ対策

ただ、あなたのご自宅が湿気りやすい、もしくは、あなたが週に1~2度布団を干すことができないのであれば、【除湿シート→敷布団→防水シーツ→敷パッド→掛布団(とカバー)】というふうに、除湿シートを使って布団から湿気を取り除きカビ対策をしましょう。


最後に

子供用布団を選ぶための参考になっていれば幸いです。

こちらのページ『子供用マットレスの選び方5つのポイント』で子供用マットレスの選び方をご紹介しているので、敷寝具は布団じゃなくてマットレスにしようかなとお考えであればあわせてご参考にしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

マットレスをずっとキレイなまま使える賢い節約ワザ、ご存知ですか?

おねしょやひどい寝汗、急な出血などでマットレスを汚してしまった経験はありませんか?

汚れたマットレスは家庭の洗濯機で洗えず、専門クリーニング業者に依頼するとシングルサイズのものでも約10,000円の負担になります。

しかし、これら液体汚れを防ぎ、マットレスを衛生的に保つ方法があります。それが、ヒルトンを始めとする世界の一流ホテルが導入する最高品質の防水マットレスプロテクター「プロテクト・ア・ベッド」です。

  • 50回洗濯をしても防水性が衰えない品質の高さ。
  • 防水にもかかわらず水蒸気は通す、快適でムレにくい圧倒的な透湿性(50g/㎡•h)。
  • マットレスの使用感を損なわない極薄0.025mmの防水膜。
  • もちろんダニ通過率0%のすぐれた防ダニ性。

創業33年、世界45ヶ国で愛されるアメリカのトップブランドが提供するミラクルシーツです。睡眠の質にこだわり、「ムレ」「ゴワゴワ」「パツパツ」などの不快な寝心地を抑えています。

もし、あなたがマットレスや布団の汚れ/衛生性に悩んでいるのであれば、プロテクト・ア・ベッドは劇的にあなたの睡眠の質を改善してくれるはずです。


世界最高品質のマットレスプロテクターについて詳しく見てみる。

SNSでもご購読できます

コメントを残す

*

快眠タイムズ