快眠グッズ

空気スッキリ爽快!メカニズムに沿った布団のほこり対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

布団がホコリっぽいため、寝ようとすると鼻が詰まったり、ひどい時は咳き込んだりすることはないでしょうか?

とても寝苦しいと思います。

何も対策しないままでは眠りの質が下げてしまいます。そこで本日は、布団にほこりが出る原因を理解し、その上で対策を練りましょう。


1. 布団からほこりが出る原因

布団から出るほこりには2つの種類があることを知ると対策が立てやすくなります。

  1. 中綿の繊維が糸ぼこりになる
  2. 側生地・カバーなどの生地繊維が糸ぼこりになる

さらに、もう一歩踏み込んで、繊維が糸ぼこりとなる理由は何かと言うと「撚った繊維から細かな繊維が剥がれ落ちること」 なのです。まるで人間の皮膚のようですよね。

繊維の拡大イメージ
繊維の拡大イメージ

例えば、綿繊維は一本の長い糸のように見えますが、実のところ、2~4cm前後の短い繊維を撚り合わせて一本の長い糸にしているのです。なので、摩耗や乾燥などにより切れたり解けたりした繊維が糸ぼこりとして出てきている のです。

もちろん、布団やシーツ・カバーだけでなく、カーテン、衣服などにも当てはまります。このことから分かるように、繊維製品と付き合う以上、糸ぼこりと縁を切ることはできません。

とはいえ、喘息などにお悩みの方は「なんとしてでも糸ぼこりを減らしたい」とお考えと思います。そこで、次に布団のほこり対策をご紹介します。

1−1. 布団のほこり対策

今お使いの布団に対してできるほこり対策は以下のものがあります。

  • こまめに掃除機で吸い取る
    掃除機で今にも飛び出そうなほこりを吸い取りましょう。布団内部の空気循環の役割を果たしますので、こまめに行っていただきたいです。
  • 布団の上げ下ろしの際には空気清浄機を稼働させる
    布団の上げ下ろしをする際、どうしてもほこりが舞い上がります。吸い込んでしまうと鼻づまりや咳に繋がりますので、空気清浄機でほこりを取り込みましょう。また、布団の上げ下ろしをゆっくり行うことで出て来るほこりの量を抑えられます。
  • 布団を敷いた後、時間を置いてから就床する
    寝ようとする直前に布団を敷くと、ほこりが舞った中で眠ることになり、どうしてもほこりを吸ってしまいます。なので、就寝の1~2時間前に布団を敷いて置くようにしましょう。
  • 布団の上で走り回らない
    お子様のいる家庭に限った話になりますが、布団の上で走り回るとほこりが立つだけでなく、中綿から糸ぼこりが出やすくさせてしまいますので、気をつけましょう。

ダメなほこり対策

次にやってしまいがちですが、ほこり対策に逆効果となってしまうものをご紹介します。以下のような習慣があれば止めましょう。

  • 布団たたき
    布団をたたいて中のほこりを出している気分になりますが、実際には、中綿の繊維が損傷して余計に糸ぼこりが出やすい状態にしています。やればやるほどほこりが出やすくなるので止めましょう。
  • 過度な天日干し
    日光に長時間晒されることで側生地の繊維が痛みます。また、繊維が元来もっていた保湿性や油分などが失われます。その結果、剥がれ落ちた部分が糸ぼこりとして出て来ることになります。ダニ対策のために天日干しを行うのであれば、黒い布を掛けて行うなど生地を傷めないよう配慮しましょう。

1−2. ほこりを出にくくする寝具環境のつくり方

「もう今の布団はホコリっぽ過ぎるので限界」「次はほこりが出にくい布団を買いたい」とお考えの方は以下の4点をふまえて布団をお選びください。

①化学繊維の綿・生地の布団を選ぶ

綿(コットン)よりもポリエステルの方がほこりが出にくいという点で優れています。中綿・側生地ともにポリエステル素材のものであれば、ほこりの発生は大きく軽減できます。しかしその半面、蒸れを感じやすいなどのデメリットがあります。

②安価な綿(コットン)布団は買わない

綿素材はピンからキリまで様々です。「2~4cm前後の短い繊維を撚り合わせて一本の長い綿糸にしている」と上記で説明しましたが、紡がれた繊維の長さが2cmなのか4cmなのかはとても大きな差になります。もちろん、繊維が短い方が糸ぼこりとして出やすいのは言うまでもありません。

③高密度織り生地のカバーを使う

生地が高密度に織られているカバーやシーツを使うことで、ほこりが出てくることを防ぐことが出来ます。また、羽毛布団は基本的に高密度生地が採用されているので、ほこりは出てきにくい部類に当ります。

④布団ではなくマットレスを使う

ウレタン素材や高反発ファイバー素材からはほこりが出る余地がありません。側生地を高密度のものやポリエステル生地にすればさらにほこりが出にくくなります。ほこり対策として考えるのなら、綿や羊毛の敷布団よりはマットレスの方が良いです。


最後に

ご紹介の布団のほこり対策であなたが快眠できるようになっていれば幸いです。

とはいえ、布団は繊維で作られているためどうしても糸ぼこりが出てしまいます。そのため、敷寝具はマットレスを選ぶことをおすすめします。こちらのページ『【品質表示まで解析】熟睡できる高反発マットレスの選び方』で正しい寝姿勢のための硬さ/柔らかさ、必要十分な厚みなどを説明しているので併せてご参考にしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ベッドのダニを遮断し、繁殖を抑える、快眠のコツをご存知ですか?

あなたはこのようなお悩みを抱えてはいないでしょうか?

・ツメダニに噛まれて体が痒い・・。
・無数のチリダニが体を這い上がるぞわぞわとした痒みで眠れない・・。
・布団に入るとダニアレルギー症状(くしゃみ・鼻づまり)が出る・・。
・ダニがいることを考えるとベッドで寝たくない・・。

もしそうであるなら、ダニを防ぎ睡眠時のつらい痒みやアレルギー症状から解放する方法があります。それが、ヒルトンなどの世界の一流ホテルが導入する防ダニプロテクター「プロテクト・ア・ベッド」です。

  • 50回洗ってもダニ通過率0%。トップレベルの耐久性と防ダニ性。
  • 防水にもかかわらず水蒸気は通す、快適でムレにくい圧倒的な透湿性(50g/㎡•h)。
  • マットレスの使用感を損なわない極薄0.025mmの防水膜。
  • 二重構造の生地が汗をしっかり吸収するのでムレにくくサラッと快適。

創業33年、世界45ヶ国で愛されるアメリカのトップブランドが提供する防ダニ・防水のミラクルシーツです。

もし、あなたがマットレスや布団のダニや衛生面にお悩みであれば、プロテクト・ア・ベッドのミラクルシーツで眠りの質をあげましょう。


プロテクト・ア・ベッドのレビューを見る。

SNSでもご購読できます

コメントを残す

*

快眠タイムズ