シーツ

超熟睡!布団カバーのおすすめの選び方【素材と生地が命】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「良い布団カバーが欲しい!」と思っても、何を目安に選べばいいか分からず、お困りではないでしょうか?

ぐっすり眠って疲労回復するためには、素材と生地、機能について知ることがとても大切です。とはいえ、お店では一から百まで全て教えてくれません。

そこで本日は、あなたがより快適な睡眠をとれるよう「布団カバーのおすすめの選び方」についてご紹介します。


0. 熟睡のための布団カバー選び3つの鉄則

まず最初に、事前知識として、気持ちよく布団カバーを使うために以下の3つの鉄則について知りましょう。

  • 寝床内気象を悪くしないこと
    布団内部の温度と湿度はそれぞれ、33℃と50%前後が眠りに最適と言われています。このために、素材と生地の汗の吸収性が大切なのです。

    寝床内気象

  • 肌触りが好みなこと
    生地がなめらかであればあるほど良いという訳ではありません。例えば、リネンのハリ感が好みの方にとっては、なめらかさは不必要なバロメータになります。
  • 体質と生活に合っていること
    新陳代謝が高い人は汗の吸収性に、アレルギー体質の方は衛生性について、よりフォーカスして素材・生地を選ぶことで睡眠環境をより快適にさせられます。

1. 体質・使用感別におすすめの布団カバーの生地・素材

上記の3つの鉄則をベースとしながら、素材と生地の特性・詳細をご説明しつつ、おすすめの布団カバーを4つの視点(なめらかさ重視、夏向け、冬向け、衛生面重視)からご紹介していきます。

1−1. なめらかな肌触りの布団カバー

肌当たりがなめらかな布団カバーを選ぶのなら、シルク、高級綿、リヨセル(テンセル®︎)のサテン生地のものを選ぶことをおすすめします。

生地の織り方は大きく分けると、平織り、綾織り、繻子織り(サテン)の3種類があります。

イラストをご覧の通り、サテン生地は繊維の交差が少ないため、凸凹が少なく触ったときにツルツルっとなめらかな肌当たりになります。また、光の反射も安定し、より光沢感のある美しさも生まれます。ただ、若干生地が弱くなる欠点がありますが。

シルク19匁掛け布団カバー
シルク19匁掛け布団カバー

製品:シルク19匁掛け布団カバー
価格:33,900円
【当製品の販売ページ】

シルク素材のサテン生地は、ダントツのツルツルっとした肌触りです。何よりもなめらかさを重視する方におすすめです。ただ、取り扱い性にはやや難があり、手洗い推奨であること、日焼けで悪くならないよう日光を当てないこと、また、汗の吸収については申し分のない性能ですが、汗を多くかくとペタペタと肌に吸いつくことがあり、好みが別れる点でもあります。19匁とはシルクの生地の密度(もしくは厚み)です。かけ布団カバーには19匁くらいの軽めのものがおすすめです。

GIZA45布団カバー
GIZA45布団カバー

製品:「GIZA45」100%布団カバー
価格:19,224円
【当製品の販売ページ】

綿素材はピンからキリまで差が激しいです。海からあがった後の髪の毛のようなバッサバサのものから、カシミヤのように柔らかなものまで存在します。繊維の長さで品質が決まるのですが、繊維の長い「長繊維綿」や「超長綿」などの高品質な素材で、サテン生地のものをお選びいただければ、うっとりする肌心地をご堪能いただけます。エジプトのGIZA45を始め、アメリカのスーピマコットン、カリブ海の海島綿、中国(ウイグル)の新疆綿などの高級綿ブランドから選ぶのも一手です。欠点が特にないのもメリットです。

製品:リヨセル100%布団カバー
価格:5,378円
【当製品の販売ページ】

シルクや高級綿は希少な天然素材なのでどうしても価格が高くなります。「もう少し費用をおさえて同程度のなめらかさとやわらかさの生地はないものか」とお考えの方におすすめなのが、リヨセル(テンセル®︎)のサテン生地の布団カバーです。天然植物を再生した植物由来の化学繊維です。なめらかさとやわらかさに加えて、吸水性・吸放湿性もすぐれるので、布団の中がムレにくく快適に眠れます。シルクと違って洗濯機で洗えるほどの耐久性はありますが、やや毛羽立ちやすいです。

1−2. 夏向けのひんやり爽やかな寝心地の布団カバー

夏、タオルケットではなく肌掛け布団を使っている方や、新陳代謝の高い方は、ひんやり感のある布団カバーがお好みだと思います。

市販のひんやり布団カバーには化学繊維の生地のものがありますが、汗の吸収があまり良くなく蒸れやすいという観点からあまりおすすめできないものが多いです。ひんやりカバーで私がおすすめできるのは天然の接触冷感をもつリネン素材のものです。

リネン布団カバー100番手
リネン布団カバー100番手

製品:リネン布団カバー100番手
価格:54,000円
【当製品の販売ページ】

とはいえ、リネンと聞くと「麻繊維だからゴワゴワしたりチクチクしたりするんじゃないの?」と気にされることがあります。麻と一口に言っても、リネン、ラミー、ヘンプなどがあり、もしかすると誤解されているかもしれません。リネンはそれらの中でもやわらかでチクチク感が少ないです。しかもこの商品のように100番手のとても細い繊維を使っているものであれば、あなたの今までの常識を覆すかのような優しい肌当たりにびっくりされると思います。

製品:リネン100%布団カバー
価格:42,000円
【当製品の販売ページ】

もしあなたが「リネン素材は気に入ったけど、真っ白な布団カバーじゃつまらない」とお考えであれば、Rachel Ashwell Shabby Chic Coutureというアメリカのインテリアブランドの布団カバーがおすすめです。近年流行っている、シャビー(古ぼけた、アンティーク調)でシック(上品、優雅)なデザインを基調にしたブランドです。品質もデザインもハイランクなのでお値段も張りますが、夏の熱帯夜にひやっと快適に、そしておしゃれに眠りたい方におすすめです。

1−3. 冬向けあたたか布団カバー

築年数を重ねた木造住宅に住んでいる方は「寒くて眠れない…!!!」となかなか寝つけない夜を過ごした経験があると思います。そのような住環境にお住まいであれば、保温性の高いあったか掛け布団カバーを利用することをおすすめします。

ポリエステル100%起毛掛け布団カバー
ポリエステル100%起毛掛け布団カバー

製品:ポリエステル100%起毛掛け布団カバー
価格:
7,990円
【当製品の販売ページ】

ポリエステルの起毛生地はふわっふわでサラサラで暖かいのでおすすめです。静電気が立ちやすいのであの感覚が苦手な方や、静電気のせいでほこりっぽくなりやすいのを好まない方は、避けたほうが賢明かもしれません。また、暖かくなりすぎる可能性もあります。ただでさえ、化学繊維で汗の吸収が悪いので、モコモコのパジャマを着たり、暖房を強めすぎないよう注意しましょう。

睡眠と体温の関係|眠るときに体温は下がる
睡眠と体温の関係|眠るときに体温は下がる

眠りについたら体温が下がっていかないと、睡眠を深められません。

製品:綿100%3重ガーゼ布団カバー
価格:6,480円
【当製品の販売ページ】

強烈な暖かさはいらず、若干ぬくぬくとした暖かさで十分な人におすすめなのが多重コットンガーゼ生地の布団カバーです。重なりあった生地に暖かさを抱え込みますが、コットン素材なのでムレにくくさらっとした寝心地をお楽しいいただけます。ガーゼはやや粗めの平織り生地を重ねて作られるので、サテン生地のような滑らかさこそありませんが、ミルフィーユのような多重生地のふわっと気持ちいいやわらかさは格別です。

1−4. 衛生面を重視した布団カバー

もしあなたがダニやハウスダストに対してアレルギー体質で、布団に入ると咳が出たり、鼻がつまるなどの症状が出る場合、それらの対策となる機能をもつ布団カバーを優先して選ぶことをおすすめします。肌触りや汗の吸い取りが多少悪くなっても、アレルギー症状が抑えられるほうが快適に眠れるはずです。

ダニゼロック
ダニゼロック

製品:ダニゼロック布団カバー
価格:12,960円
【販売ページ@楽天】

まずおすすめしたいのが、繊維を高密度で織り上げた生地を使っている布団カバーです。このような生地で布団を包むことで、布団の中のダニ・ダニアレルゲンが出てくることを抑えられるので、アレルギー症状を感じにくく眠ることができるようになります。多くの高密度織り布団カバーはポリエステル繊維が使われることが多いですが、こちらの製品は綿100%なので汗の吸い取りが変に悪いことはありません。

通常の生地には隙間がある
通常の生地には隙間がある

製品:プロテクト・ア・ベッド 掛け布団プロテクター
価格:11.880円
【販売ページ@楽天】/【プロテクト・ア・ベッドのレビューはこちら】 /【公式ページを見る】

しかしもし、犬猫と一緒に眠っている、赤ちゃんと一緒に眠っているなどに該当する方は、布団が汚れるリスクを抱えていると思います。布団を汚してしまうと、クリーニング代で10,000円弱かかってしまいますので、防水加工の施された布団カバーを使うことをおすすめします。自社製品で恐縮ですが、こちらのブランドは薄さ0.025mmの伸縮性にすぐれた防水膜とタオル生地の二重構造になっているので、重さやゴワゴワ感が気にならずに眠れるのでおすすめです。


最後に

気になる布団カバーが見つかっていれば幸いです。

なお、こちらのページ『【得ワザ満載】ベッドシーツ・布団カバーの洗濯方法』で布団カバーの上手な洗濯方法を紹介しているので、あわせてご参考にしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

マットレスをずっとキレイなまま使える賢い節約ワザ、ご存知ですか?

おねしょやひどい寝汗、急な出血などでマットレスを汚してしまった経験はありませんか?

汚れたマットレスは家庭の洗濯機で洗えず、専門クリーニング業者に依頼するとシングルサイズのものでも約10,000円の負担になります。

しかし、これら液体汚れを防ぎ、マットレスを衛生的に保つ方法があります。それが、ヒルトンを始めとする世界の一流ホテルが導入する最高品質の防水マットレスプロテクター「プロテクト・ア・ベッド」です。

  • 50回洗濯をしても防水性が衰えない品質の高さ。
  • 防水にもかかわらず水蒸気は通す、快適でムレにくい圧倒的な透湿性(50g/㎡•h)。
  • マットレスの使用感を損なわない極薄0.025mmの防水膜。
  • もちろんダニ通過率0%のすぐれた防ダニ性。

創業33年、世界45ヶ国で愛されるアメリカのトップブランドが提供するミラクルシーツです。睡眠の質にこだわり、「ムレ」「ゴワゴワ」「パツパツ」などの不快な寝心地を抑えています。

もし、あなたがマットレスや布団の汚れ/衛生性に悩んでいるのであれば、プロテクト・ア・ベッドは劇的にあなたの睡眠の質を改善してくれるはずです。


世界最高品質のマットレスプロテクターについて詳しく見てみる。

SNSでもご購読できます

コメントを残す

*

快眠タイムズ