快眠グッズ

ダック?グース?水鳥の種類で激変する羽毛布団の品質

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
著者情報
加賀 照虎

加賀照虎(上級睡眠健康指導士)

株式会社篠原化学にてマットレスや枕の企画・開発を行っています。睡眠・寝具のプロとして あなたの眠りの質を向上させる情報を発信していきます。

著者情報
加賀 照虎

加賀照虎(上級睡眠健康指導士)

株式会社篠原化学にてマットレスや枕の企画・開発を行っています。睡眠・寝具のプロとして あなたの眠りの質を向上させる情報を発信していきます。

羽毛布団を選ぶとき「ダックとグース、別々の鳥の羽毛でできたものがあるけど、何がどう違うんだろう…」と疑問に思ったことはないでしょうか?

結論から言うと、一般的にはグースのほうが保温性、弾力性、弾力性、復元性(ふっくら感)が高く、さらには羽毛特有の獣臭も控えめです。とはいえ、一部例外があったり、基準となる数値があるので、それらについても知ることでより満足のいく羽毛布団選びをすることができます。

そこで本日は「ダック?グース?水鳥の種類で激変する羽毛布団の品質」についてご紹介します。


1. ダックとグース|羽毛原料としてのランク表

同じカモ目カモ科の水鳥ですが、ダック(アヒル)とグース(ガチョウ)は別の生き物です。

左がダック、右がグース
左がダック、右がグース

グースのほうが体が大きいため、採取される羽毛(胸の毛)もその分大きめです。そのため、ダックよりもグースの羽毛のほうが保温性、復元性、弾力性にすぐれており、羽毛布団(その他ダウンジャケットなど)の原料として重宝されます。

分かりやすく言うと、グースの羽毛のほうが少ない量で暖かく、軽くて体にふわっと沿う快適な寝心地だということです。

ただ、ダックの中にはグースの羽毛の質をはるかに凌駕する別格の種が存在したり、水鳥の発育段階によっては羽毛の大きさが変わってくることから、布団の原料となる羽毛は以下のように5つに分けられています。

鋭い方ならお察しの通り、ダック/グースの品種や、羽毛が採取される時期によっても羽毛の質が変わってくるのですが、一般的にはそこまで細かくは分類されていません。

上記の5つは上から順によいものとされていますが、アイダーダックだけは別格の存在です。その他とは一線を画する質の羽毛を持っています。そして、マザーグースがその次によいもので、その次にレギュラーグース、マザーダック、レギュラーダックと続きますが、必ずしも全ての羽毛原料がこのランク順の品質である訳ではありません。

低品質なマザーグースよりは高品質なレギュラーグース、低品質なグースよりは高品質なマザーダック、低品質なマザーダックよりは高品質なレギュラーダックというふうに、その羽毛の品質により原料としてのランクが変わってきます。

1−1. 最高峰の羽毛を持つアイダーダックとは

アイダーダックが別格なんて言うと「どうして?何が違うの?」と気になられるかと思います。

アイダーダック(ホンケワタガモ)もダックとグースと同じくカモ目カモ科なのですが、寒さが非常に厳しい北極圏周辺に生息しています。そのため、非常に良質な羽毛を持っているのです。何よりも、羽毛同士が絡み合う性質があり、抱え込んだ空気を逃しにくいため保温性が抜群なのです。

その上、許可を持つ限られた事業者にのみ羽毛の採取が認められているので、希少性が非常に高くなり価格が高騰しているのです。

1−2. 水鳥の種類に加えてダウンパワー値もチェックすること

ただ、羽毛の種類が5つに分けられると言っても、良し悪しの基準がないと、品質が不透明で分かりにくいですよね。そこで役に立つのが、ダウンパワーという数値です。

ダウンパワー(dp)とは何か簡単に言うと、羽毛のかさ高を数値化したものです。水鳥の種類とこの数値を目安にすると、羽毛布団の品質を比較検討しやすくなります。

例えば、レギュラーグースの380dpと400dpであれば、後者の羽毛のほうが暖かいです。

ただ、注意が必要なのが、ダウンとフェザーの比率や充填量によって羽毛布団の質が左右されることです。例えば、レギュラーグースダウン95%(フェザー5%)、380dp、1.2kgとレギュラーグースダウン90%(フェザー10%)、400dp、1kgであれば、トータルで考えると前者のほうが暖かいことがあり得るのです。

難しいのが、マザーダックとレギュラーグースの比較です。一概にどうだとは決めつけられませんが、基本的に、ダックダウンよりグースダウンのほうが羽毛の枝の数が多く、また枝に生えるヒダのような毛の数も多く、より密に空気を抱え込むことができるので、保温性、復元性、かさ高性が高い傾向があります。

よい羽毛ほど大きく枝が多く、枝のヒダも多い
よい羽毛ほど大きく枝が多く、枝のヒダも多い

1−3. ダックとグース|食生活の違いからニオイも変わる

羽毛布団だけでなくダウンジャケットでもそうですが、羽毛のニオイって本当ピンからキリまでさまざまに感じられませんか?

実はその差は、ダックかグースかでも生じているのです。

ダックは雑食なのに対して、グースは草食です。ダックは肉も食べるため、体が油脂を蓄えやすくなり、ニオイが強くなるのです。私たち人間でも同じですよね。肉ばかり食べていると体臭がキツくなりがちです。

1−4. ホワイトダック?シルバーグースなどの色の違いとは

ダックとグースの違いを理解するだけでも一苦労なのに、ホワイトダック、シルバーダック、ホワイトグース、シルバーグースなどの色の違いに悩まされたことはないでしょうか?

シルバーというよりブラウンです
シルバーというよりブラウンです

結論から言うと、これらの色の違いが品質を左右することはありません。

ただ、シルバーダック/グースの羽毛は白い側生地に充填すると、うっすらと羽毛が透けて見えてしまいます。寝具は真っ白な清潔感があるものが好まれる傾向があるため、シルバーダック/グースはホワイトダック/グースよりも下のものとして扱われがちです。

「布団カバーを掛けたら見えなくなるのでは?」と言われればその通りです。色で寝心地が変わることはないので、好みで選んでしまって問題ありません。


最後に

ダックよりもグースのほうが暖かくてニオイの少ない良いもの(アイダーダックは例外)、マザーと頭についていればより良いもの、色は品質と関係ない、と簡素化してでもいいので記憶に留めていただければ光栄です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

朝、目が覚めた時に首や肩に違和感が残っていませんか?

このような眠りのお悩み、抱えてはいないでしょうか?

  • ・しっかりと寝たはずなのに朝目が覚めると体が重い・・。
  • ・朝スッキリと目覚めることができない・・。
  • ・日中眠いせいで仕事でミスが増えている・・。
  • ・眠りが浅いせいで深夜に目覚めてしまい、日中が辛い。
  • ・目覚めたあとの肩こりがひどく、朝から憂鬱だ・・。
  • ・最近気持ちよく目覚めたことがない・・。

熟睡できず、眠りが浅いというあなたは、睡眠の質を向上させることが必要です。そのために私どもがおすすめしたいのが、フォスフレイクス枕です。

  • 細かな独立素材が首・後頭部にぴったりフィット。
  • 羽毛のようにやわらかで頭を包み込むような寝心地。
  • すぐれた復元力で首をしっかりとサポート。
  • 洗濯機・乾燥機で本気で丸洗いOK。
  • 綿100%の贅沢な側生地。

丸洗いもOK!! 驚異の復元力がfossflakesの秘密

抜群のフィット性、豊かな復元力によるサポート性で、正しい寝姿勢で体をリラックスさせ、質の高い睡眠を実現します。


フォスフレイクス枕について詳しく知る

SNSでもご購読できます

コメントを残す

*

快眠タイムズ