掛布団

羽毛布団の水鳥の産地の特徴と品質ランク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
著者情報
加賀 照虎

加賀照虎(上級睡眠健康指導士)

上級睡眠健康指導士(第235号)。1,000万PV超の「快眠タイムズ」にて睡眠学に基づいた快眠・寝具情報を発信中。NHK「あさイチ」にてストレートネックを治す方法を紹介。取材依頼はお問い合わせから。

著者情報
加賀 照虎

加賀照虎(上級睡眠健康指導士)

上級睡眠健康指導士(第235号)。1,000万PV超の「快眠タイムズ」にて睡眠学に基づいた快眠・寝具情報を発信中。NHK「あさイチ」にてストレートネックを治す方法を紹介。取材依頼はお問い合わせから。

羽毛布団の産地偽装が止まらない--。

しかしそもそも、ハンガリー、ポーランド、フランス、中国など、羽毛布団に使用される羽毛の産地によって何がそんなに違うのか疑問に感じてはいないでしょうか。「日本で販売されているフランス産羽毛布団の半分が完全な羽毛布団ではない」と朝日新聞が2016年に報じて以来、羽毛布団に対するこのような疑問は増える一方です。

そこで本日は「羽毛布団の水鳥の産地の特徴と品質ランク」についてご紹介します。


最高品質の防ダニシーツ
商品の詳細はこちら

1. 羽毛布団の水鳥の産地ランク

何を基準に羽毛の産地ランクを決めようかと思案しましたが、その道のプロである製造業者が羽毛を購入している価格をベースにランク付けをしました。プロが品質・価値を認めて金銭を払っているのだからある程度の参考にはなります。

この表は日本政府が提供している2018年の輸入統計を元に作成しました。国別輸入金額から国別輸入量を割って1kg当たりの羽毛の単価を求めています。産地といっても国単位になりますが、これでどの国の羽毛がどれくらいの価値があると見なされているかお分かりいただけると思います。

「ん?アイスランド産の羽毛の単価(215,539円/kg)、桁おかしくない?」と思われるかもしれません。しかし、これで正しいのです。アイスランドは一般的なダックやグースではなくアイダーダックという最高級の羽毛の産地で、輸入量こそ全体の0.04%しかないにも関わらず輸入額ではトップ10にランクインする超高付加価値産地なのです。アイダーダックの羽毛布団がゆうに100万円を超えてしまう理由、ご納得いただけるかと思います。

アイダーダック
アイダーダック

ロシアが2位なのは私としても驚きでした。ポーランドとハンガリーは国家プロジェクトとして羽毛の品種改良を進めてきた経緯があり世界的に羽毛の名産地だったのですが、まさか2位がロシアとは。ちなみに、シベリア産というのもロシア産と同じと捉えて結構です。いずれにせよ、これらの地域はダウンベルトと呼ばれる北緯45~53度(もしくはさらに北の寒い地域)に位置しており、良質な羽毛の採れる水鳥が生息する環境なのです。

ダウンベルト
ダウンベルト

フランス産の羽毛は高級なイメージがあるかと思いますが、とりたてて品質が高くはありません。むしろ、羽毛はフォアグラ(ダック・グースの肝臓から作られる)を製造する工程で出た副産物という認識が正解です。ダウンベルトに入っているとはいえ冬の気候もそこまで厳しくないため、羽毛自体の価値は低めです。

中国産と台湾産について一言でいうと、中国産は安価なものから高価なものでまさに色々あり、台湾産はミドルクラスから安価なものが大半です。中国は広いだけあって羽毛の産地もいろいろあります。中国北部(黒竜江省や吉林省など)はダウンベルトに属するのはもちろんシベリアから下りてくる寒波により冬季はマイナス30°に達することすらザラで、良質な水鳥を育てるのに適した環境です。一方、中部から南部(安徽省など)となると、気候はそこまで厳しくないため羽毛の品質はぼちぼちくらいになります。台湾は年中暖かいので中国産よりもミドル〜ロークラスの羽毛が多くなります。なお、2018年は台湾が輸入量・金額共に一番ですが、2010年から2017年までずっと中国が一番でした(それ以前はデータがない)。この年はもしかすると、「中国産」の悪いイメージを避けるために台湾を経由して「台湾産」にされた羽毛が多い可能性があります。あくまで私の推測ですが。

1−1. 羽毛の品質ランクはダウンパワーを目安に

ここまでお読みになられたら国単位での羽毛の産地についてのイメージは固まったかと思います。とはいえ、中国産の羽毛にピンからキリまであるように、それぞれ個別の羽毛布団の品質は産地だけで推し量ることは出来ません。

ではどうすればいいのかと言うと「ダウンパワー」の出番になります。ダウンパワーが示す数値で羽毛の品質が分かるようになります。

ダウンパワーが高ければ高いほどダウンボールが大きくふわふわと軽くて保温性が高いことを意味します。例えば、中国産ダウンで440dpのものと、ポーランド産ダウンで400dpのものがあるとすれば、前者のほうが高品質だと言えるのです。

ダウンボール
ダウンボール

ただ、ダウンパワーが高い羽毛がふんだんに吹き込まれた羽毛布団が最高品質になるわけではありません。季節や居住環境に合わせた適度な充填量でなければ快適な寝心地にはなりません。この点については以下のページで詳しく説明しているのでご参考にしてください。

関連記事

ダウンパワー以外の品質指標

もちろん、ダウンパワー以外にも羽毛の品質を表す指標はいくつかあります。

例えば、ダックかグースかという水鳥の種類はニオイの強さにとても関係してきます。グースが草食なのに対してダックは雑食のため脂質が多く獣臭が強くなるのです。

ダック(左)とグース(右)
ダック(左)とグース(右)

他にも、品種改良により羽毛同士が連なるようにくっつく性質を持っているダウン(チェーンダウンやスティッキーダウンと呼ばれます)はより保温性が高くなるため高品質とされます。

1−2. 産地にこだわって選ぶのなら原産地証明書のあるものを選ぶ

「いろいろと比較検討した結果、ポーランド産のグースダウンの羽毛布団で良さそうなものを見つけたものの、産地偽装とかされていないか気になる…」と心配される方も多いかと思います。

そんな時は販売店に原産地証明書を見せてもらえるか確認しましょう。原産地証明書は商品の輸入時に必要となることがあるため、輸入を行った業者が持っています(手元になくても現地調達をした業者に連絡を入れればすぐに取り寄せられます)。もちろん、原産地証明書自体を偽装しようと思えば出来るので、原産地証明書があれば100%安心という訳ではありませんが。


最高品質の防ダニシーツ
商品の詳細はこちら

最後に

羽毛の産地について知る一助になっていれば幸いです。

羽毛布団は産地だけでなく、水鳥の種類、ダウンパワー、充填量などトータルで選ぶようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

朝起きた時、腰や背中に違和感はありませんか?

・しっかりと眠ったはずなのに朝起きると体が重い・・。
・朝スッキリと目覚められない・・。
・日中の眠気のせいで仕事に集中できない・・。

睡眠の質が悪くなっていることで、日常生活に支障をきたしていないでしょうか。眠りを見直すためにも、正しい作りのマットレスを試してみませんか?

適切な寝心地で、適度な耐久性、そして手頃な価格をコンセプト「エコラテ エリート マットレス」を開発しました。

  • 軽い寝心地を生む反発弾性45%のウレタンフォーム
  • 腰と背中にやさしい凸凹プロファイルカットによる体圧分散性
  • ウレタン密度32D、たくましい耐用年数(7年前後)
  • 表側テンセル™100%の爽やかな肌心地
  • あなたまでダイレクト、最高のコスパでお届けします!!

是非あなたの睡眠改善にお役立てください。


詳細を見てみる

SNSでもご購読できます

コメントを残す

*

快眠タイムズ