ダニ

【実験データ】家庭の洗濯でダニは死ぬ?死なない?その真相は!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「寝具のダニって洗濯機洗いで死ぬのかな?それとも死なないのかな?」と疑問に感じることはないでしょうか?

結論からいうと、薄いシーツやカバーなどのダニは90%ほど、厚いタオルケットや毛布となると50%ほど、布団となると40%ほどのダニを洗い落とすのが限界です。

お気持ちわかります。せっかくなら寝具から完全にダニを一掃したいですよね。

そこで本日は、『家庭の寝具を洗濯機でどの程度ダニ除去できるのか、そして、一掃するための方法』をご紹介いたします。


1. 洗い物別|洗濯によるダニ除去効果

ダニの専門家が洗濯機洗いによるダニの除去率を調べた実験があります。

薄い寝具と衣服(シーツ、カバー、衣類)、厚みのある寝具(毛布、厚いタオルケット)、掛布団・敷布団の3つに分けて調べられました。

(参考:『住まいQ&A 寝室・寝具のダニ・カビ汚染』吉川翠、戸矢崎紀紘、田中正敏、須貝高、生協・科学情報センター 共著、『室内微生物汚染 ダニ・カビ完全対策』 小峰裕己 編著)

厚みのあるものになればなるほど、ダニは内部に潜り込む余地があるため、洗濯で除去するのは困難になります。

以下、個別にポイントを交えて解説していきます。

※注:ダニとは生きているダニを意味し、ダニアレルゲンとはダニの死骸、糞、抜け殻を意味します。ダニの被害は刺すことですが、ダニアレルゲンはアレルギーを引き起こす原因となるので、それぞれきちんと除去されなければいけません。詳しくはこちらのページをご参照ください。→『これで絶滅!ダニの発生原因、症状、駆除、予防の総まとめ』

1−1. シーツ、カバー、衣類|洗濯でほぼ全てのダニを除去可能

シーツ類に付いているダニは通常の洗濯で90%以上除去することができる、と報告されています。

シーツ類に付着したダニは、90%以上洗濯で洗い落とされますので、洗濯頻度は高いほうがよいようです。

(引用:『住まいQ&A 寝室・寝具のダニ・カビ汚染』吉川翠、戸矢崎紀紘、田中正敏、須貝高、生協・科学情報センター 共著)

生地が一重の布団カバーやシーツの他にも、薄手のパジャマや衣類であればほぼ同様の除去効果が見込めると考えて良いでしょう。

また、ダブルガーゼ生地や薄手のタオルケットの場合、この数値よりも多少は劣るものの大方のダニは除去できると考えられます。

1−2. 毛布、暑いタオルケット|洗濯で50%程度ダニ除去可能

毛布や分厚いタオルケットの場合は、ほぼ半数のダニを洗濯により洗い落とせます。

洗濯方法は至って普通で、「市販洗濯機による丸洗い、12分間洗浄後、脱水と5分間すすぎを2回繰り返し、自然乾燥」です。その結果、

第2工程の家庭用洗濯機では、50%の部分で半分以上のダニ数が減少していた結果になりました。

(引用:『住まいQ&A 寝室・寝具のダニ・カビ汚染』吉川翠、戸矢崎紀紘、田中正敏、須貝高、生協・科学情報センター 共著)

毛布のダニは洗濯では落としにくいと言われますが、50%以上除去できるので効果ありと考えても差し支えないです。

一方、ダニアレルゲンは水溶性の物質なので、液体に浸れば簡単に流されていきます。

毛布などの洗濯でも、ほぼ全てのダニアレルゲンが除去されています。

1−3. 掛敷布団|洗濯ではダニを除去できず

布団類の場合、ダニは布団内部の中綿に潜んでいるので家庭の洗濯機ではほとんど除去することは困難 です。

以下のデータは、専門業者による布団丸洗いの前後でダニとダニアレルゲン(糞)の数を比較したものです。

実際、布団を丸洗いした研究結果を表3.8に示すが、アレルゲンは90%程度除去されているし、虫体でも40%程度の除去が可能としている。

(引用:『室内微生物汚染 ダニ・カビ完全対策』 小峰裕己 編著)

近年、第三者機関による洗濯実験が行われていないため多少古いデータになり申し訳ないですが、現在の布団丸洗いサービスであればより多くのダニを除去できるはずです。

しかし、いくら最新の家庭用洗濯機といえども一昔前の布団丸洗いサービスよりはダニ除去効果は低いと考えられるので、布団の家庭での洗濯効果はあまりないと考えて良いでしょう。

※注:布団丸洗いと一口に言っても方式によってはダニ除去効果が変わります。布団クリーニングでダニ除去をお考えの方は『布団クリーニングでダニ除去する際の概要と注意点』をご確認ください。

1−4. ダニを一掃するには高温洗濯を行う

ここまで読んでお分かりの通り、シーツやカバー類はともかく、厚みのある寝具にひそんでいるダニを洗濯機で洗い落とすのには限界があります。

そこでおすすめしたいのが、60℃での高温洗濯です。

同様に、コナヒョウヒダニをビニール袋に入れて50℃に加熱すると、10分間以内に死亡した。

(引用:「家屋内生息性ダニ類の生態および防除に関する研究 (8)」 吉川 翠)

寝具のダニは50℃の熱では10分以内に絶命し、60℃の環境下では即死すると報告されています。

自宅の洗濯機が高温設定できればよいですが、もし不可能な場合は、コインランドリーを利用するとよいでしょう。


まとめ

洗濯機洗いによるダニの除去率をまとめると、

  • ダニ除去ほぼ可能:布団カバー、シーツ、パジャマ、衣類
  • ダニ除去50%可能:毛布、ブランケット
  • ダニ除去不可能:掛け敷布団

となります。

厚みある布団などのダニは洗い落せないので熱の力で退治してから、洗い流すようにしましょう。

また、高温洗濯でダニを退治して洗い流す方法以外にも、こちらのページ『手軽で効果抜群!布団の正しいダニ退治方法』で10通りの布団のダニ退治方法から、効果的なものをご紹介しているのであわせてご参考にしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ベッドのダニを遮断し、繁殖を抑える、快眠のコツをご存知ですか?

あなたはこのようなお悩みを抱えてはいないでしょうか?

・ツメダニに噛まれて体が痒い・・。
・無数のチリダニが体を這い上がるぞわぞわとした痒みで眠れない・・。
・布団に入るとダニアレルギー症状(くしゃみ・鼻づまり)が出る・・。
・ダニがいることを考えるとベッドで寝たくない・・。

もしそうであるなら、ダニを防ぎ睡眠時のつらい痒みやアレルギー症状から解放する方法があります。それが、ヒルトンなどの世界の一流ホテルが導入する防ダニプロテクター「プロテクト・ア・ベッド」です。

  • 50回洗ってもダニ通過率0%。トップレベルの耐久性と防ダニ性。
  • 防水にもかかわらず水蒸気は通す、快適でムレにくい圧倒的な透湿性(50g/㎡•h)。
  • マットレスの使用感を損なわない極薄0.025mmの防水膜。
  • 二重構造の生地が汗をしっかり吸収するのでムレにくくサラッと快適。

創業33年、世界45ヶ国で愛されるアメリカのトップブランドが提供する防ダニ・防水のミラクルシーツです。

もし、あなたがマットレスや布団のダニや衛生面にお悩みであれば、プロテクト・ア・ベッドのミラクルシーツで眠りの質をあげましょう。


プロテクト・ア・ベッドのレビューを見る。

SNSでもご購読できます

コメントを残す

*

快眠タイムズ