マットレス

軽量薄型マットレス!来客用にはコンパクト性を重視

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
著者情報
加賀 照虎

加賀照虎(上級睡眠健康指導士)

上級睡眠健康指導士(第235号)。1,000万PV超の「快眠タイムズ」にて睡眠学に基づいた快眠・寝具情報を発信中。NHK「あさイチ」にてストレートネックを治す方法を紹介。取材依頼はお問い合わせから。

著者情報
加賀 照虎

加賀照虎(上級睡眠健康指導士)

上級睡眠健康指導士(第235号)。1,000万PV超の「快眠タイムズ」にて睡眠学に基づいた快眠・寝具情報を発信中。NHK「あさイチ」にてストレートネックを治す方法を紹介。取材依頼はお問い合わせから。

「軽くて薄くてコンパクトで使い勝手の良いマットレスが欲しい。でも、マットレスの厚みとか素材とかどんなものがいいのか分からない…」とお悩みではないでしょうか。

結論から言うと、利用シーンを具体的に想定することで寝心地・使い勝手により満足した一品を選ぶことができます。

そこで本日は「軽量薄型マットレスのコンパクト性を重視した選び方のコツ」についてご紹介します。


最高品質の防ダニシーツ
商品の詳細はこちら

1. 薄型軽量マットレスの厚みは使用者の体重と勘案する

薄型のマットレスとはいえ、あまりにも薄すぎると底つき感といって腰がフローリングなどの床に付いてしまいます。そうなると床の硬さのために腰を痛めてしまう恐れがあります。

そのため、マットレスにはある程度の厚みがなくてはいけません。その「ある程度の厚み」がどれくらいなのかについては、あなたの体重をもとに考えるようにしましょう。

それでは、マットレスのそれぞれの厚みについて、利用シーンなどを含めたより具体的な評価をしていきます。

1−1. 5cm厚のマットレス(トッパー)は基本的に大人向けではない

薄型マットレスとして販売されることのある5cm厚のマットレス(トッパー)ですが、大人が日常使いするのはおすすめできません。薄すぎて腰が床につき遅かれ早かれ腰を痛める恐れがあるからです。

底つき感のイラスト
底つき感のイラスト

ただ、例外的なケースもあります。

例えば、キャンプ用、車中泊用、研究室での仮眠用など、コンパクト性を何よりも重視しており、たまにしか使わないため寝心地に妥協できるのなら、5cm厚のマットレストッパーを活用するのもありです。私自身、5cm厚のマットレストッパーの上でテストとして何度か寝たことがありますが、やはり腰にやや圧迫を感じるので快適ではありませんでした。仮眠くらいならできるかな、というのが正直な感想です。

1−2. 7cm厚のマットレスは敷布団のように薄くて軽量

大人が日常使いするマットレスで薄くて軽いものを選ぶのなら、少なくとも7cm以上厚みがあるものがおすすめです。

それでも体が大きい人が7cm厚のマットレスの上に寝ると底つき感があるので、どこまでコンパクト性を重視するのか、寝心地と使い勝手を天秤にかけなければいけません。私自身、子供用の7cm弱のマットレス(?)の上で子供と一緒に何度か眠ったことがありますが「眠れなくはないな」という印象でした。ただ、体重が60kgくらいあるので横向きになると、腸骨(腰の側面にある骨)が床について圧迫感があるので仰向きのままでしか寝られませんでした。

100x200x10cmの三つ折りマットレスをクローゼットにしまうイメージ
100x200x10cmの三つ折りマットレスをクローゼットにしまうイメージ

また、このサイズのマットレスは敷布団と同じように折りたたむことができます。シングルサイズだと100×33×21cmとなるので、押入れにもしまうにしてもかなりコンパクトに収納させられます。重量も5.5kg前後と軽量なので使い勝手も良いです。来客用マットレスのように基本的には収納しているがいざという時にはある程度しっかり使えるものは、少なくともこれくらいの厚みがあると良いでしょう。

1−3. 10cm厚のマットレスはコンパクト性が落ちるものの寝心地は十分

マットレスの厚みが10cm前後となるとコンパクト性はほどほどになります(とはいえ厚みが30cmもあるベッドマットレスと比べると十分コンパクトですが)。押入れにしまうことは不可能ではありませんが、占有スペースがやや広くなってしまう嫌いがあります。

その代わり寝心地は十分頼もしくなります。大柄の人でもおおかた満足のいく寝心地です。例えば、弊社が取り扱っている厚み10cmの高反発ウレタンマットレスを例にしますと、体重80kgの大人が横向きに寝転んでも底つきを感じられないほどでした。ただ、重さは8kgくらいになるため、敷布団のように毎日押入れにしまうような使い方はやや面倒に感じられるかと思います。


最高品質の防ダニシーツ
商品の詳細はこちら

2. 軽量薄型のコンパクトマットレスを選ぶときの注意点

薄型軽量マットレスを選ぶ上で素材、構造、使い方についていくつか注意点があるので順に説明していきます。

2−1. スプリングはNG!高反発ウレタンもしくはエアー(空気)がおすすめ

薄型軽量マットレスを検討しているのなら、素材は高反発ウレタンもしくはエアー(空気)のどちらをおすすめします。

理由は軽いからです。より厳密に説明するなら、これら2つの素材はその特性上、軽くても十分な寝心地を作り出すことができるからです。

例えば、厚みが10cmある低反発ウレタンマットレスでも7kg前後の軽いものを作ることはできます。しかし、その分密度が低くスカスカなためすぐにへたれてしまいます。

マットレスの重量が10kgを超えてくるとさすがに重くてコンパクトに折りたたんだり動かしたりするのが億劫になってきます。持ち運んだりすることを考えているのなら特に高反発ウレタンもしくはエアー素材のマットレスがおすすめです。

2−2. コンパクト性を重視するなら折りたたみ、もしくはロール収納可能なものがおすすめ

コンパクトに収納できることをマットレス選びの主軸に考えているのなら、折りたたみ仕様もしくはロール収納が可能であることを条件に入れましょう。

ちなみに、折りたたみといってもいくつか種類がありますが、三つ折りが一番おすすめです。

二つ折りや四つ折りのマットレスは、折り目がちょうど腰のあたりに位置するため不快に感じられることがあるからです。個人差のあることですが私はおすすめしません。

四つ折りは折り目を不快に感じやすい
四つ折りは折り目を不快に感じやすい

なお、ロール収納については、高反発ウレタンマットレスなら厚みが5cm以下であれば基本的に巻き上げることが可能です。元々、マットレスにバンド紐がついていないものでも、ビニール紐で縛ってロール状態にさせられます。

巻いて縛って小さく収納
巻いて縛って小さく収納

2−3. 薄型マットレスをすのこベッドの上で使うなら注意が必要

もし厚み5cm前後の薄型マットレス(トッパー)をすのこベッドの上で使おうかと考えているのなら、すのこのデコボコ感が背中に伝わる可能性があるのでお控えください。

私の経験上、マットレスの厚みが8cm以上だとすのこの上でもデコボコ感が伝わらず寝られます。ただ、体重が80kg以上あるのならより厚みがあるほうが無難かと思います。

2−4. マットレスの上に薄型マットレスっているの?

広告などで「マットレスの上に薄型マットレス(トッパー)を敷こう」と喧伝されることがあるため、マットレスの上に薄型マットレスを敷かなければいけないのかと疑問に思われることがあると思います。

結論から言うと、既存のマットレスの寝心地に不満がなければマットレストッパーは不要です。マットレストッパーはマットレスがへたって硬化して寝心地が悪くなったときや、新品だけど寝心地が硬すぎるマットレスに対して補助的に付け加えるものだからです。


最高品質の防ダニシーツ
商品の詳細はこちら

3. おすすめの薄型のコンパクトマットレス

それでは薄くて取り扱いのしやすいコンパクトなマットレスについてご紹介していきます。

セルプール ハイブリッドマットレスEX
セルプール ハイブリッドマットレスEX

製品:セルプールハイブリッドマットレス
価格:39,000円
サイズ:
98×197×8cm
【公式サイトで購入】 / 【セルプール紹介ページはこちら】

自社製品で恐縮ですが、トップクラスの弾力性(反発弾性63%)を持った高反発ウレタンマットレスです。厚みがたった8cmの薄型マットレスですが、ウレタン密度が50Dとずば抜けて高いので、見かけによらずしっかりと体をサポートします。また、ウレタンフォームが吸放湿するため、ウレタンマットレスなのにムレにくいという素晴らしい性能を持っています。私は自宅でベッドマットレス(備え付けだから変えられない)の上にこれを敷いて寝ています。心から惚れ惚れする寝心地です。

エコラテ エリート 三つ折りマットレス
エコラテ エリート 三つ折りマットレス

製品:エコラテ エリート 三つ折りマットレス
価格:
16,800円
サイズ:98×195×10cm
【レビューはこちら】【製品紹介ページはこちら】

私どもが一から企画した高反発ウレタンマットレスです。厚みが10cmあるので敷布団のように毎日押入れから出し入れするのは大変ですが、三つ折り状態にして部屋の隅にコンパクトにして置いておくには便利です。

エコラテ6cmトッパー
エコラテ6cmトッパー

製品:エコラテ エリート トッパー
価格:
9,800円
サイズ:98×195×6cm
【レビューはこちら】【製品紹介ページはこちら】

上記と同シリーズのマットレストッパーです。この上にそのまま寝るにはやや寝心地に不満を感じられると思いますが、車中泊やキャンプなどのたまにの機会でしたら悪くはないと思います。

エアーマットレス
エアーマットレス

製品:キャンピングマット2.5w
価格:
25,800円(税別)
サイズ:77×198×6.2cm
 【製品紹介ページはこちら】

完全にキャンプ用でしたらこちらのエアーマットレスがおすすめです。普通のマットレスと異なり横幅が77cmとコンパクトに設計されていますし、空気を抜いて巻くと20×85cmの筒状に圧縮収納することができ持ち運びがとても楽です。一般的なエアーマットレスと違い上部にウレタンフォームが詰められているので体圧分散性があり寝心地が快適になるよう設計されています。


最高品質の防ダニシーツ
商品の詳細はこちら

最後に

あなたに適切な軽くて薄いコンパクトマットレスを選ぶための目安になっていれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

朝起きた時、腰や背中に違和感はありませんか?

・しっかりと眠ったはずなのに朝起きると体が重い・・。
・朝スッキリと目覚められない・・。
・日中の眠気のせいで仕事に集中できない・・。

睡眠の質が悪くなっていることで、日常生活に支障をきたしていないでしょうか。眠りを見直すためにも、正しい作りのマットレスを試してみませんか?

適切な寝心地で、適度な耐久性、そして手頃な価格をコンセプト「エコラテ エリート マットレス」を開発しました。

  • 軽い寝心地を生む反発弾性45%のウレタンフォーム
  • 腰と背中にやさしい凸凹プロファイルカットによる体圧分散性
  • ウレタン密度32D、たくましい耐用年数(7年前後)
  • 表側テンセル™100%の爽やかな肌心地
  • あなたまでダイレクト、最高のコスパでお届けします!!

是非あなたの睡眠改善にお役立てください。


詳細を見てみる

SNSでもご購読できます

コメントを残す

*

快眠タイムズ

21日間返金保証付き!
コスパ最高の特別なマットレスがついに完成!

この商品をいますぐチェックする

21日間返金保証付き!
コスパ最高の特別なマットレスがついに完成!

この商品をいますぐチェックする