マットレス

【腰痛の7大原因】自己診断チャートで確認&対策

lower-back-pain

問題解決の第一歩は、原因究明です。

腰が痛くても原因が分からなければ、病院へ行こうにも何科に行けばいいか分からず、行動を起こしにくいかと思います。

そこで本日は、

  • 腰痛の10の原因
  • 腰痛の原因を探る自己診断方法
  • 各原因の概要と受診するべき診療科

などについて分かりやすく解説していきます。

腰痛改善の第一歩としては、まずは原因を探りましょう。

著者情報
加賀 照虎

加賀照虎(上級睡眠健康指導士)

上級睡眠健康指導士(第235号)。2,000万PV超の「快眠タイムズ」にて睡眠学に基づいた快眠・寝具情報を発信中。NHK「あさイチ」にてストレートネックを治す方法を紹介。
取材依頼はお問い合わせから。
インスタグラムでも情報発信中⇒フォローはこちらから。


1. 「腰痛の85%は原因不明」ではなくなってきている

腰痛には原因が特定できないものもあります。

一昔前には、「腰痛の85%は原因不明」と言われていましたが、レントゲンだけでなくMRIなどの画像診断技術が発達したおかげで、原因不明の腰痛は格段に減ったと言われています。

したがって、慢性腰痛の原因が明らかとなり、原因不明の腰痛は年々減ってきています。個人的には、10~20%程度と思います。

(引用:腰の激痛 最高の直し方大全 分響社)

腰痛の原因
  • 特異的腰痛
    (原因が特定できる腰痛)

約15%

  • 非特異的腰痛
    (原因が特定しきれない腰痛)

約85%

  • 腰椎椎間板ヘルニア: 4~5%
  • 腰部脊柱管狭窄症: 4~5%
  • 腰椎圧迫骨折: 4%
  • 感染性脊椎炎やがんの脊椎転移: 1%未満
  • 大動脈瘤、尿路結石などの内臓疾患: 1%未満
 

2. 腰痛の7大原因をチェックする「自己診断チャート」

次に、腰痛の原因の自己診断です。

腰を曲げる方向などから腰痛の原因を探る方法で、徳島大学医学部整形外科教授の西良浩一氏が考案したものになります。

lower-back-pain-self-check-chart
腰痛の原因診断チャート(引用:腰の激痛 最高の直し方大全 分響社)

チャートが見づらい方のために文章に起こしていきます。

まず、どのように腰を曲げると痛みが発生しますか?

  • 前屈すると痛む
  • 後屈すると痛む
  • 横に曲げると痛い
  • ひねると痛い
  • 背中も痛い

それでは次に、該当する痛み方のQ&Aに進んでください。Noなら次に進んでください。

  • 前屈すると痛む
  • Q: 下肢にしびれや痛みがあるか?
  • Yes: 腰椎椎間板ヘルニア
  • Q: 閉経後の女性で腰痛を伴う発症のきっかけがあるか?
  • Yes: 腰椎圧迫骨折
  • Q: くしゃみをするときに何かにつかまるか?
  • Yes: 椎間板性腰痛
  • No: 腰椎終板炎

 

  • 後屈すると痛む
  • Q: 下肢にしびれや痛みがあるか?
  • Yes: 腰部脊柱管狭窄症
  • Q: くしゃみをするときに何かにつかまるか?
  • Yes: 腰椎分離症
  • No: 椎間関節炎

 

  • 横に曲げると痛い
  • Yes: 片側終板炎

 

  • ひねると痛い
  • Yes: 片側椎間関節炎

 

  • 背中も痛い
  • Yes: 棘上靭帯炎

該当するものはありましたか。

上から7つが該当する人の多い腰痛の7大原因です。その下の3つのは稀なケースとされています。スポーツ選手や職人など同じ動作を何度も繰り返すことで起こります。

それでは次に、各症状の概要や特徴、受診するべき診療科について説明していきます。

2−1. 腰痛の各原因の特徴

あなたの腰痛の原因の目星はつきましたか?

それでは次に、各原因の概要や受診先などについて個別に解説していきます。

①腰椎椎間板ヘルニア

  • 概要:腰椎(腰の骨)の椎骨と椎骨の間のクッションとなっている椎間板(ツイカンバン)にダメージが蓄積し、その中身(髄核:ズイカク)が飛び出て神経を刺激することで痛みが現れている状態。まれに髄核が側方に飛び出ることもあり「外側ヘルニア」となることも。
  • 原因:性別を問わず、主に20~40代に発症します。スポーツ、重労働などが原因となることが多いです。
  • 受診先:整形外科

腰椎と椎間板
腰椎と椎間板
椎間板、髄核、神経根、脊髄
椎間板、髄核、神経根、脊髄

②腰椎圧迫骨折

  • 概要:椎骨に負荷があった際にヒビが入ったり、潰れることで痛みが現れている状態。
  • 原因:年配の女性に多く発症します。加齢により骨がスカスカになる骨粗鬆症が大元にあり、そのような人が転んだり、重いものを持ったり、激しいクシャミをすることが原因となることが多いです。
  • 受診先:整形外科

③椎間板性腰痛

  • 概要:椎間板の外壁となっている繊維林に炎症が起こっていて痛みが現れている状態。放置していると「①椎間板ヘルニア」にエスカレートすることもあります。
  • 原因:男女問わず主に30~40代に発症することが多いです。運動の衝撃や、重労働による負荷が原因となることが多いです。
  • 受診先:整形外科

④腰椎終板炎

  • 概要:腰椎終板(椎体と椎間板が接する部位)が炎症を起こすことで痛みが現れている状態。起床時に強い腰痛を感じることが多いです。
  • 原因:40~50代の男女に多く発症します。
  • 受診先:整形外科
腰椎終板炎
腰椎終板炎

⑤腰部脊柱管狭窄症

  • 概要:脊柱管(骨の内部の脊髄の通り道)が狭まり、神経が圧迫されて痛みが現れている状態。
  • 原因:男女問わず50代後半から多く発症します。加齢や重労働などにより椎間板が変形し神経を圧迫するようになります。
  • 受診先:整形外科
腰部脊柱管狭窄症
腰部脊柱管狭窄症

⑥腰椎分離症

  • 概要:椎骨のおなか側と背中側が分離してしまうことで痛みが生じます。
  • 原因:男性に多くみられる症状で、そのほとんどが子供のころに行った激しいスポーツによる腰への負荷が原因と考えられています。
  • 受診先:整形外科

⑦椎間関節炎

  • 概要:椎骨同士を支えている椎骨関節が炎症することで痛みが現れています。
  • 原因:男女を問わず50代以上に多く見られる症状です。スポーツや重労働により椎間関節に負担がかかることが原因となります。
  • 受診先:整形外科
関節炎
関節炎

⑧病気

また、腰痛の原因は骨だけでなく、内臓や血管などの病気により起こることも分かっています。

  • 腹痛
  • 吐き気や嘔吐
  • 食欲不振

などのような症状も同じく感じられる場合、病気による腰痛の原因も考えてみましょう。以下、腰痛を招く恐れのある主な病気一覧です。

腰痛を招く内臓や血管の主な病気
消化器系胃・十二指腸潰瘍上腹部痛、みぞおちの痛み、吐血、黒い血便、胃痛、胸焼け、吐きけに注意。
膵炎上腹部痛、腰背部痛、吐き気、嘔吐、食欲不振に注意。
胆石食後の右上腹部痛、腰背部痛、発熱、黄疸に注意。
胆嚢炎、胆管炎食事の数時間後のみぞおちの痛み、右上腹部痛、右腰背部痛、発熱、濃い尿、嘔吐に注意。
循環器系背部大動脈瘤腰背部痛、腹部の拍動に注意。破裂すると激しい腰痛、上腹部痛が起こる。
抹消動脈疾患
(閉塞性動脈硬化症)
手足のしびれ、冷感、下肢痛、間欠跛行に注意。
静脈血栓症エコノミークラス症候群ともいう。足の腫れ、痛み、熱感に注意。
肝炎、肝硬変だるさ、黄疸、上腹部痛、腰背部通に注意。
泌尿器系腎盂腎炎寒気、38℃以上の高熱、むかつき、嘔吐、腎臓付近の腰痛、頻尿、排尿痛、血尿に注意。
尿管結石片側の背中からわき腹にかけての急な激痛、冷や汗、嘔吐、血尿に注意。
腎下垂、遊走腎立ち上がると腎臓が下がる病気。わき腹痛、腰痛、血尿、むかつき、嘔吐に注意。
婦人科系子宮筋腫経血量の増加、不正出血、月経痛、腰痛、足のしびれ、貧血に注意。
子宮内膜症月経痛、下腹部痛、腰痛、便秘、頻尿に注意。閉経後の女性には少ない。
卵巣嚢腫下腹部の膨満感、下腹部痛、腰痛、便秘、頻尿に注意。
がん腎細胞がん血尿、腰痛、発熱、体重減少、食欲不振、貧血に注意。
膵臓がん食欲不振、みぞおちの不快感、体重減少、上腹部痛、腰背部痛、糖尿病の悪化に注意。
子宮がん不正出血、下腹部痛、腰痛、下肢痛、おりものの増加に注意。
がんの脊椎転移前立腺がん、乳がん、甲状腺がん、腎臓がん、肺がん、胃がん、肝がんなどで起こりやすい。

(引用:腰の激痛 最高の直し方大全 分響社)

⑨ストレス

ストレスが腰痛の原因になっているとも考えられています。

慢性腰痛を訴える患者さんの約80%に抑うつ状態が見られるともいわれ、ストレスや心の問題が腰痛に大きく影響していることは否定できません。人間関係のストレス、自分のしごとに対する評価、家庭内の不和など、さまざまな問題がストレスとなって腰痛を増悪させていると考えられます。

(引用:『腰痛、肩こり、手足のしびれ 「背骨」がかかわる症状の診断・治療ガイドブック』 伊藤達雄・戸山芳昭監修)

ストレスが本来的な原因であるというよりは、腰痛をさらに悪化させる一因とされています。

不眠を気にしすぎることで不眠が悪化するように、腰痛のストレスが腰痛を悪化させることも大いに考えられるので、原因の目処がついていたら早急に該当の診療科を受診しましょう。

⑩悪い睡眠環境

睡眠環境が悪いことも腰痛の原因になります。

  • 敷寝具が硬すぎる → 腰に重みが集中 → 腰に圧迫感
  • 敷寝具が柔らかすぎる → 筋肉が硬直 → 血行不良 → 酸欠 → こりや痛みの発生

主な原因は、首や肩、背中の筋肉の疲労です。肩の周辺には僧帽筋や肩甲挙筋、棘下筋などの筋肉がありますが、これらの筋肉が疲労して固く緊張し、血行不良になると「乳酸」などの疲労物質が筋肉中に蓄積してきます。その結果、こりや痛みが起こります。

(引用:『腰痛、肩こり、手足のしびれ 「背骨」がかかわる症状の診断・治療ガイドブック』 伊藤達雄・戸山芳昭監修)

この場合はマットレスなどの敷寝具を見直しましょう。

自分にあった寝心地のマットレスを選ぶための方法を下記のページで解説しています。起床時に腰の痛みや体の疲れを感じている方は参考にしてください。

関連記事

3. 腰痛についてよくある質問

腰痛について多くの人が気になる疑問点についても解説していきます。

3−1. 腰痛の原因は一つなのか?

腰痛の原因は一つではないこともあります。

腰痛の原因は上記の7大原因が主なものとされていますが、特に、年配の方や腰痛に長年悩まれている方は複数の症状が併発されていることが多いです。

3−2. 運動不足でも腰痛になるのか?

運動不足は関節的に腰痛の原因になります。

というのも、人の体は腰椎だけでなく腹筋や背筋などによっても支えられているのですが、運動不足により筋肉量が減ることで腰椎への負担が増えるからです。

また、座りっぱなしの生活をしていることで腰椎の柔軟性が減りますし、そもそも、座っている状態は立っている状態よりも腰への負担は大きいので、運動をしない(座っている時間が多い)のは多面的に腰に良くないのです。

burden-for-lower-back-based-on-postures-and-actions

(出典:the load on lumbar disks in different positions of the body. A. Nachemson A.Clin Orthop Relat Res. 1966 Mar-Apr;45:107-22)

3−3. 腰痛は自然に治るのか?

腰痛の大半は自然に治ると言われています。

腰痛のおよそ80%は、遅くとも3ヶ月もすれば自然に治るとされています。当初は激しい痛みがあっても、市販の湿布薬を貼るなどして無理をせずに動ける範囲で1~2週間も過ごせば、痛みは次第に軽くなります。

(引用:腰の激痛 最高の直し方大全 分響社)

大半が自然に治るとはいえ、原因を特定するためにも専門医へ受診することが推奨されています。特に、

  • マヒ
  • 痺れ
  • 安静にしていても痛みが激しい
  • 発熱、嘔吐、血尿

などがある場合には早急に病院へ行きましょう。

3−4. 整形外科医の選び方

整形外科といっても範囲が広いです。

そのため、腰痛で悩んでいるなら「脊椎脊髄病医」や「脊椎脊髄外科指導医」などの脊椎外科を専門とする整形外科医を探しましょう。さらに、STIR-MRIやブロック診断などが可能ですと、より詳細な診断ができます。

3−5. 病院を受診するときの流れ

病院の検査は以下のような流れで行われます。

どのような検査が行われるか知ると心理的ハードルが下がり、気楽に受診できるかと思います。

  1. 視診:自覚症状と別に医師が見た所見を集める。
  2. 問診:あなたの自覚症状からはじめ、症状に応じて医師が詳しい症状を質問していきます。この際、症状が出来るだけ正確に伝わるように、「腰を反らすとピリッと痛みが走る」などのように具体的に説明できるようにしましょう。
  3. 運動検査:体の動きを見られます。
  4. 画像検査:上記から推察される異常があるかレントゲン、CT、MRIなどを使って確認されます。
  5. 神経ブロック検査:上記から異常があると推察される箇所の神経に麻酔を打ち判定をします。

最後に

あなたの腰痛の原因は特定できましたか?

もしそうなら是非該当する診療科を受診し治療を進めるようにしましょう。

腰痛改善の一助になっていれば幸いです。

睡眠健康指導士が”本気で”おすすめする
最高のマットレス

最高のマットレス

マットレスを選ぶとき、
このように困ることはないのでしょうか。

  • 品質の差がわからない
  • コスパの良し悪しがわからない
  • 種類が多すぎて選びきれない

睡眠は回復のための時間です。
そしてマットレスはそんな睡眠をサポートする大切な道具です。
あなたの健康のために最高品質のマットレスを眠りましょう。


最高のマットレスについて知る

SNSでもご購読できます

コメントを残す

*

快眠タイムズ