マットレス

ベッド・マットレスのサイズ一覧とおすすめ選び方・注意点

  • ベッド・マットレスのサイズを一通りすべて知りたい
  • 自分の生活スタイルに合うサイズが知りたい
  • ベッドの高さはどれくらいがいいのか気になる
  • サイズを選ぶ上での注意点が知りたい

などなどベッドフレームとマットレスを選ぶときによくある疑問です。

衣服でも家具でもそうですが、きちんと合ったサイズ選びをすることはとても大事です。快適に寝られるのはもちろんのこと、部屋の見栄えも変わってきます。日常生活を送る上での満足感を大きく左右します。

そこで本日は「ベッド・マットレスのサイズ一覧、おすすめ選び方、注意点」についてご紹介します。

著者情報
加賀 照虎

加賀照虎(上級睡眠健康指導士)

上級睡眠健康指導士(第235号)。2,000万PV超の「快眠タイムズ」にて睡眠学に基づいた快眠・寝具情報を発信中。NHK「あさイチ」にてストレートネックを治す方法を紹介。
取材依頼はお問い合わせから。
インスタグラムでも情報発信中⇒フォローはこちらから。


1. ベッド・マットレスサイズ一覧

まず最初に、ベッドフレームとマットレスのサイズの目安についてざっと表で説明します(各メーカーにより誤差がある点、ご了承ください)。

sizes-of-bed-and-mattress4

他にも、ワイドダブル(150cm幅)、ワイドクイーン(170cm幅)、ワイドキング(200cm幅)などありますが、全てのメーカーが定番サイズとして販売しているわけではありません。

セミシングルは床置きマットレスとしては定番になりつつあるサイズですが、ベッドマットレスとしてはやや珍しいです。とはいえ、運賃の高騰によりセミシングル二台でクイーンマットレスとして販売されるメーカーが出てきているので、定番になっていく流れなのではと私は考えています。


2. ベッド・マットレスサイズの選び方5つのポイント

マットレスに様々なサイズがあるので困るかもしれませんが、選ぶときのポイントを知っていれば難しくありません。ご紹介の5つのポイントを頭に入れてください。

2-1. 一人寝なら肩幅+40cm前後のサイズを選ぶこと

一人で寝るなら肩幅+40cm前後の横幅があるものを選びましょう。

この必要最低限の横幅がないと狭さを感じたり、寝返りがしづらくなり、快適に眠れなくなります。

sizes-of-bed-and-mattress5

(※イラスト内の人は身長170cm、体重60kgを想定しています)

もちろん、横幅が広ければ広いに越したことはありませんが、サイズが大きければ値段も高くなりますし、部屋のスペースを多くとることになりますので、予算や間取りと勘案するようにしましょう(後述)。

2-2. 二人寝ならクイーンサイズorシングル二台使いがおすすめ

二人で寝るならクイーンサイズ以上がおすすめです。

「二人寝」=「ダブルサイズ」と考えられることがありますが、ダブルベッドに二人で寝るのは少々キツいです。

sizes-of-bed-and-mattress6

シングルサイズを二台並べて使うのもおすすめです。

それぞれ好みの寝心地のマットレスを選ぶことができますし、シーツやパッドなどの素材もそれぞれ好きな風合いのものを揃えることができます。洗濯をする手間が若干増えますので、どちらのメリット・デメリットを重視するか天秤にかけて考えていただけると良いかと思います。

マットレスとマットレスの間に隙間ができるのが気になるのであれば、以下のようなアイテムがおすすめです。

マットレスすきま用パッド
マットレスすきま用パッド

製品:マットレスすきま用パッド
価格:3,980円
【当製品の販売ページ】

パッドで埋めれば隙間はほとんど気にならなくなります。隙間の存在に気づきにくくなるため、1台の大きなマットレスの上で寝ているように感じられます。また、この方法でベッド・マットレスを買い揃える場合、必ずしも同じマットレスを2台並べる必要はありませんが、高さがある程度同じものでないと段差が生じますし、見た目が不格好になる点はご了承ください。

2-3. 身長に合わせてロング・ショートサイズの検討もすること

また、身長が高い人向けにロングサイズ、そして、身長が低い人向けにショートサイズのベッド・マットレスも存在します。

mattress-sizes2

ロングサイズは丈の長さが210cmや220cmもあるので、高身長の方でも背筋と足を伸ばして寝ることができます。

一方ショートサイズのベッドは丈の長さが180~190cmとコンパクトなので、小柄で部屋を広く使いたい方におすすめです。なお、コンパクト性が重視されるサイズのため、横幅はセミダブルまでの展開がほとんどです。

ロングサイズやショートサイズは特注となるので納期をきちんと確認し、必要な日までに間に合うように余裕をもって注文するようにしましょう。

2-4. ベッドを部屋に置いたレイアウトもイメージしておくこと

あなたの部屋に検討中のサイズのマットレスを置いたらレイアウトがどうなるか、事前に考えておくようにしましょう。

6畳間に各サイズのベッドマットレスを置いたイメージ

mattress-in-6jou-room
6畳間にベッド・マットレスを置いたイメージ

ベッドマットレスが大きいと若干部屋が狭く感じるかもしれませんが、ダブルサイズまでのベッドマットレスならスペースに不自由を感じることはないと思います。

他の家具(本棚、机など)との兼ね合いもありますが、眠り環境を重視した部屋作りをするのであればセミダブル・ダブルサイズのベッドマットレスの使用をオススメします。

8畳間に各サイズのベッドマットレスを置いたイメージ

mattress-in-8jou-room
8畳間にベッド・マットレスを置いたイメージ

部屋の広さが8畳もあればダブルサイズのベッドマットレスを置いても、他の家具を置くスペースは十分にあります。居住者が2人になると家具が増えると思うので、クイーンサイズのベッドマットレスが相応しいです。もしあなたがあまり家具を必要とせず、なおかつ広い睡眠環境がお好みならばキングサイズのベッドマットレスの使用がおすすめです

2-5. ベッド・マットレスの高さの目安となる考え方

ベッドの上にマットレスを置いたときの高さも、寝心地や使い心地を左右します。

  • 30cm以下:低い
  • 45cm前後:ふつう
  • 60cm以上:高い

寝る高さによっても寝心地や使い勝手が変わってくるので、あなたに合うか予め確認しておきましょう。

  • 低いベッドのメリット・デメリット
    ◯落ちる心配がない
    ◯部屋が広く感じる
    ✕ほこりっぽさを感じやすい
    ✕立ち座りの時に膝・腰がつらいことも
  • 高いベッドのメリット・デメリット
    ✕落ちそうになり怖いことがある(特にベッドが狭いと)
    ✕部屋の広さによっては圧迫感が生まれる
    ◯ほこりっぽさを感じることはほとんどない
    ◯立ち座りが楽

特にホコリっぽさについては呼吸器が敏感な方は避けるようにしましょう。高さが30cm以下の環境はホコリが舞いやすいためハウスダストゾーンとも呼ばれるほどです。

house-dust-zone
ハウスダストゾーン

マットレスの厚さとベッドフレームの種類によって寝るときの高さが決まります。

そのため、選ぶ手順としては、まず必要最低限以上の厚さがあるマットレスを選び、その次に、ベッドフレームの高さを選んで、あなたに合った高さで寝られるように調整してください。

indicator-of-mattress-height3

height-of-mattress-based-on-types1

マットレスの厚さについては下記のページで詳しく解説していますので、今まで考えたことがない方は絶対に確認するようにしてください。 関連記事

3. ベッド・マットレスのサイズ選び・寝室のレイアウト時の注意点

次に、知っておくと役立つ注意点についてご紹介していきます。

3-1. ベッド・マットレスは定番サイズから選ぶのがおすすめ

「身長が高いからロングサイズじゃないと満足に寝られない」「ショートサイズじゃないとベッドのレイアウトが困難」など、どうしても非定番サイズでないとダメなケースは例外ですが、できるだけ定番サイズのベッド・マットレスを選ぶことをおすすめします。

というのも単純に、ベッド以外のアイテム(マットレス、ベッドシーツ、プロテクター、ベッドパッド、敷きパッドなど)が、非定番サイズとなると圧倒的に種類が限られるからです。

characteristics-of-mattress-tops

シーツやパッドが若干大きいとズレやすかったり、シワが出来やすかったり、致命的な問題とはならないまでも使い心地があまりよくありません。そのため、シングル、セミダブル、ダブル、クイーンなどの定番サイズからベッドを選ぶことをおすすめします。

3-2. ベッドとマットレスのサイズは要ダブルチェック

1章でも言った通り、ベッドサイズは全てのメーカーのベッドに当てはまるものではありません。メーカーごとに微妙にサイズが違うことはざらにあります。あるメーカーのマットレスがあるメーカーのベッドに収まらないということも起こりえます。そのため、ベッドのサイズとあわせて、ベッドの内寸を確かめてマットレスがベッドフレーム内に収まるかしっかり確認するようにしましょう。

3-3. ベッドの設置は窓際を避ける

ベッド・マットレスを窓際から離して置くべき理由は、以下の2つです。

  • 身体を冷やす恐れがあるため
    寒い時期になると、外の冷気が窓を通って部屋に侵入してきます。窓際にベッドが置いてあると冷気を感じやすくなります。冷えに敏感な人は特に注意しましょう。
  • ベッド・マットレスにカビが生えやすくなるため
    外気と室内の温度が大きいと、窓に結露が発生します。窓の内側に結露がたまると湿気が生まれ、その湿気がベッド・マットレスにカビを生やす原因になります。間取りの都合上、どうしても窓際にしかベッド・マットレスが置けないなら除湿シートを併用しましょう。

3-4. 壁からベッドを離したところに置く

たった5~10cmでベッド・マットレスは壁から離して設置しましょう。その理由は以下の2つです。

  • エアコンの風が直撃しやすくなるため
    ベッドが壁に接して置いてあると、エアコンの冷気や暖気が壁をつたって降りてきて、あなたの身体に直撃します。夏は冷気で身体を冷やしすぎてしまいますし、冬は乾燥した暖気でのどを悪くする原因になります。
  • ベッド・マットレスにカビが生えやすくなるため
    ヒトは一晩眠っている間に寝汗を200mlかきます。ベッドが壁に接しているとベッド周りの通気が悪くなり、湿気がたまりやすくなってしまい、カビが生えやすくなります。

3-5. デッドスペースを考慮する

部屋の広さとレイアウトを元にマットレスのサイズを考えるなら、以下のデッドスペースを考慮しなければいけません。

  • 通路としてのデッドスペース:50cm
    ベッドに横から出入りするためには少なくとも50cmほどのスペースをベッドの横に設ける必要があります。
  • クローゼット前のデッドスペース:90cm
    クローゼットの向かいにベッドを置く場合、間に90cmほどのスペースを作りましょう。クローゼットの前に立って、開け閉めするために必要な距離です。

最後に

あなたが満足するベッドを選ぶための一助になっていれば幸いです。

また、以下のページで硬さや厚み、素材を吟味した選び方や、注意点、おすすめのマットレスを紹介しているのであわせてご参考にしてください。

関連記事

睡眠健康指導士が”本気で”おすすめする
最高のマットレス

最高のマットレス

マットレスを選ぶとき、
このように困ることはないのでしょうか。

  • 品質の差がわからない
  • コスパの良し悪しがわからない
  • 種類が多すぎて選びきれない

睡眠は回復のための時間です。
そしてマットレスはそんな睡眠をサポートする大切な道具です。
あなたの健康のために最高品質のマットレスを眠りましょう。


最高のマットレスについて知る

SNSでもご購読できます

コメントを残す

*

快眠タイムズ