敷きパッドで蒸れないものの選び方【素材がカギです】

敷きパッドで蒸れないものを選ぶには、

  • 側生地の素材
  • 中綿の素材

この2つを理解することが大切です。

どのような素材がいいのか具体的に解説していきます。

著者情報
加賀 照虎

加賀照虎(上級睡眠健康指導士)

上級睡眠健康指導士(第235号)。2,000万PV超の「快眠タイムズ」にて睡眠学に基づいた快眠・寝具情報を発信中。NHK「あさイチ」にてストレートネックを治す方法を紹介。
取材依頼はお問い合わせから。
インスタグラムでも情報発信中⇒フォローはこちらから。


1. 敷きパッドで蒸れないものの選び方

まず始めに、側生地と中綿の意味についてですが、

  • 側生地:敷きパッドの表面の生地
  • 中綿:内部に詰められているわた素材

construction-of-pad

このようにご理解ください。

1-1. 蒸れにくい側生地の素材

側生地は肌に触れるものです。

そのため、側生地の素材に吸水性・吸湿性があるかどうかは蒸れにくさを大きく左右するポイントです。

そのため、側生地素材は、

  • 綿(コットン)
  • 麻(リネン、ラミー、ヘンプなど)
  • 絹(シルク)
  • 羊毛(ウール)
  • レーヨン(バンブー、リヨセル、テンセル™など)

から選ぶことをおすすめします。

characteristics-of-fabric-materials

断じて、ポリエステルやナイロン、ポリエチレン、アクリル素材のものは選ばないようにしましょう。

これらの素材は吸水性があまりないので蒸れやすいです。

standard-moisture-regain-of-fiber-materials

蒸れやすい素材だと寝ているときに背中が暑くなるような寝苦しさを感じて、睡眠の質を下げることになるので避けるようにしましょう。

1-2. 蒸れにくい中綿に注目

側生地だけでなく、中綿も大切です。

例えば、側生地:綿100%、中綿:ポリエステル100%というものだと、やはり蒸れやすさを感じてしまいます。側生地と中綿、どちらもきちんとした素材でないと中途半端になるからです。

中綿の素材はポリエステル100%を避けて、綿、麻、特殊吸湿素材などを選ぶようにしましょう。

※接触冷感ものでも吸水性のあるものを

蒸れやすさで問題になりやすいのが、接触冷感敷きパッドです。

というのも、ポリエステル、ナイロン、ポリエチレンなどのような吸水性の少ない素材に接触冷感性があるために、ポリエステルとナイロン素材のみで作られた冷感敷きパッドが販売されたりするからです。この手の敷きパッドは触ったときのひんやり感は確かに強いです。しかし、吸水性・吸湿性がほとんどないため、寝ているうちに蒸れてきて「あれ?接触冷感敷きパッドなのに寝苦しい…」なんてことになりうるからです。

そもそも接触冷感というのは瞬間的なひんやり感しかないものが大半なのですが、それでも「ひんやり感があるものがほしい」という方は、例えば、ポリエチレン50%、レーヨン50%というような吸水性のある素材と接触冷感素材が掛け合わされたものを選ぶようにしてください。接触冷感性はやや落ちますが、蒸れにくいので寝心地はこのほうが断然良くなります。


まとめ

話をまとめると、蒸れにくい敷きパッドをお探しなら、側生地と中綿のどちらにも吸水性・吸湿性のある素材(綿、麻、絹、レーヨン)が使われているものを選びようにしましょう。

なお、適切な素材で気持ちよく眠れる敷きパッドをお探しの方は、下記のページで紹介しているのでご参考にしてください。

関連記事

暖かくてムレにくい、理想の睡眠環境を作ってみませんか?

・暖房をかけて寝室を暖める。
・あたたかい寝具を使っている。

あなたはこのようにして、布団の中を「高温多湿」な環境にしてしまってはいないでしょうか?

そうなってしまうと、睡眠を深めにくいだけでなく、寝苦しくて汗だくで夜中に目を覚ましてしまうことにもなります。汗がベタベタして気持ち悪いだけでなく、ニオイも気になったりしてイヤですよね。

そこで、私がおすすめしたいのが、「あったかドライミング敷きパッド」です。

  • フランネル生地でふわふわで暖か。
  • コットンタオル生地の4倍の保温性。

  • 吸湿材シリカゲルの力でカラッと調湿。
  • 汗臭98%、加齢臭98%、ミドル脂臭95%、根こそぎ消臭。

敷きパッドなのにまるで暖房・除湿機・消臭機などの電化製品のような機能まで兼ね備えた快眠のための敷きパッドです。あなたの冬の眠りのお供にどうぞ。


あったかドライミングの詳細を見てみる

SNSでもご購読できます

コメントを残す

*

快眠タイムズ