ダニ

ダニと無縁に!防ダニ布団の選び方【3種類を徹底比較】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ダニやハウスダストに対してアレルギーを持っていると、睡眠環境を出来るだけ衛生にするために防ダニ布団の購入を検討すると思います。

しかし、「防ダニ布団」の多さから、どの商品を選べば良いのか迷うことはないでしょうか?実のところ、加工方法で絞ってしまえば防ダニ布団には3種類しかなく、簡単にあなたに合うものを選ぶことができるのです。

そこで本日は、防ダニ布団の比較と選び方をご紹介します。


1. 防ダニ布団の比較

防ダニ布団は数多くありますが、防ダニ加工の方法は主に3つの種類に分けられ、それぞれの方法を比較すると以下のようになります。

防ダニ効果の高さと持続性はもちろん、快適な睡眠のための道具ということを考えると、綿(コットン)素材の高密度織り生地の布団がおすすめです。

とはいえ、表だけではざっくりとしすぎているので、より具体的な説明を以下にしていきます。

①防ダニ薬剤加工

薬剤による防ダニ加工とは、忌避効果、つまりダニを寄せ付けない効果のことです。

薬剤といっても人体への影響を試験された安全性の高いものが使われていることが多いです。また、防ダニ加工剤が原因でアレルギーが起こると言われることがありますが、今となっては問題となることはほとんどありません。(※しかし、敏感な方は事前に成分などの確認をすることをおすすめします)

他の2種類の防ダニ加工と異なる点が、使用に応じて防ダニ効果が落ちていくことです。

以下はインテリアファブリックス性能評価協議会の防ダニ性能認定に合格している製品のデータですが、新品時にダニの忌避率99.9%だとしても

  • 洗濯3回後のダニの忌避率83.4%
  • 紫外線80時間照射後63.4%

このように確かな品質のものでも、使用に応じて防ダニ効果は薄れていきます。そのため、防ダニ機能を第一に考える場合、薬剤加工の防ダニ布団はあまりおすすめできません。

しかし、薬剤による防ダニ加工には他にはない良い点もあります。それは繊維・生地の特性を損なうことなく防ダニ加工を施せられる点です。そのため、何よりも寝心地重視の方にとっては大きなメリットになります。

②高密度織り生地(化学繊維)

通常、織られた生地には繊維と繊維の隙間が存在します。

通常の生地には小さな隙間が出来る
通常の生地には小さな隙間が出来る

しかし、繊維をぎっちりと細かく織っていくことで、ダニすら通さない密度の高い防ダニシーツが出来上がります。

薬剤不使用で防ダニ、しかも比較的安価というのが最大の特徴です。しかし、ポリエステル100%で高密度生地だと吸水性・吸湿性が悪いためムレ感が強いです。掛け布団も敷布団もこのタイプだとムレ感がとても強くなり寝苦しく感じられます。そのため、掛け布団か敷布団のどちらかのみに限って使用することをおすすめします。

また、防ダニ機能の高い高品質なものは、縫い目からもダニが出入りしないよう工夫がされています。理論上、生地に損傷がない限りはダニが布団で繁殖することがないので、ダニと縁を切ることができます。

③高密度織り生地(綿100%)

同じ高密度織りと言っても、上記の化学繊維のものとは寝心地が大きく変わります。

高密度織りのため通常の綿100%の生地よりも若干吸湿性は落ちますが、天然繊維のためムレ感はそこまで気にならないレベルです。そのため、寝心地を考えると、綿100%高密度織り加工が防ダニ布団としては最もおすすすめです。

また、高品質なものは縫い目からもダニが出入りしないよう工夫がされています。寝心地も防ダニ性も徹底的に追求するのであれば、細部にまでこだわりのあるものを使いましょう。とはいえ、その分価格は高くつきます。(※他の商品と価格を比べると高いですが、価値には見合っていると思います。)

※布団のわたは何が良いのか

防ダニ布団を比較検討していると、布団に使用されているわたにもいくつか種類があることに気づかれると思います。

防ダニの掛け布団には、羽毛、ポリエステル、綿(コットン)、敷布団には、羊毛(ウール)、ポリエステル、綿が使われますが、高い防ダニ性を求めるのなら羽毛と羊毛はあまりおすすめできません。なぜなら、動物由来の素材はその匂いによりダニを寄せ付けやすいためです。

羽毛は軽くて暖かい、羊毛は弾性がありムレづらいという良さがありますが、防ダニを主眼に置いているのならポリエステルと綿素材を使用したものをおすすめします。


2. おすすめの防ダニ布団

上記の理由を元に、おすすめできる防ダニ布団は以下のものです。

製品:☆アレルギークリア☆
敷布団価格:33,264円 【敷布団の販売ページ】
掛け布団価格:30,456円 【掛け布団の販売ページ】      

綿100%の高密度織りの生地の防ダニ布団です。掛敷共に、中綿が綿70%、ポリエステル30%の割合なので蒸れにくいです。敷布団の中綿の量が4.2kgとしっかり詰められているので、底付き感が気になることもほとんどないです。また、ダニの布団の出入りを防ぐために、キルティングの縫い目を無くす工夫がされています。掛け布団の中綿は3.3kgなので冬でも暖かく使えます。

1点注意が必要なのが、在庫中に布団に穴が空き、そこからダニが侵入してしまうことを懸念し受注生産方式をとっているため、お届けに2週間前後かかることです。

製品:ダニゼロック
敷布団価格:33,010円 【敷布団のページ】
掛け布団価格:30,240円 【掛け布団のページ】

こちらも綿100%の高密度織りの生地の防ダニ布団です。中綿の内容は、掛け布団は上記のものと同様の綿70%、ポリエステル30%ですが、敷布団は固わたにポリエステル100%、巻き綿に綿50%、ポリエステル50%です。中わたの量も4kgとしっかり詰められているので快適に寝られます。掛け布団は3.8kgの中わた量なので冬でも暖かく使えます。こちらの会社も受注生産方式をとっているのでお届けに日数を要します。


3. 防ダニ布団によくある疑問

それでは次に、防ダニ布団の購入や使用時によく感じる疑問について紹介します。ご参考にしてください。

3−1. 敷布団と掛け布団、どちらを優先するべきか?

敷布団の購入を優先することをおすすめします。

理由は単純で、ダニの生息数とダニアレルゲン(ダニの糞、抜け殻、死骸など)の量が、掛け布団よりも敷布団の方に圧倒的に多いためです。

また、掛け布団は夏期には使わないと思いますが、敷布団は年中使用します。そのため、どちらかの購入で迷っているのなら、敷布団を先に使い始めましょう。

3−2. 防ダニ布団を使えば完全に安心?

完全に安心はできませんが、高密度織りの防ダニ布団であれば理論上、ダニ/ダニアレルゲンは生地の上にのみ存在することになり、粘着コロコロテープでほとんど全てのダニを取り除くことができます。

しかし、薬剤による防ダニ布団の場合は、防ダニ効果の低減により布団内でダニが増えていくことがあります。そのような場合は、布団内のダニ退治を行うしかありません。こちらのページ『これで絶滅!ダニの発生原因、症状、駆除、予防の総まとめ』で11通りのダニ退治の方法をご紹介しているのでご参考にしてください。

3−3. 防ダニ布団には防カビ効果もあるのか?

防ダニと聞くと防カビ効果も連想してしまいますが、防ダニと防カビは別ものです。防ダニ布団であっても湿気りによってカビが発生します。

上記でご紹介したような高品質の防ダニ布団を購入したにもかかわらずカビが生えてしまったら大惨事です。防水プロテクターを使うなどしてカビ防止に努めましょう。

『防水プロテクターの上手な選び方』

3−4. 防ダニ布団のお手入れ方法は?

他の布団と同様、週に1~2度を目安に屋内干しをしましょう。

そして、起床後、布団の寝汗を乾かしてから押し入れにしまうよう心がけましょう。

また、上記で紹介した防ダニ布団の場合、敷布団に固わたが使われているためご自宅での洗濯はおすすめできません。そのため、高密度織り生地に穴が空かないためにも、丁寧にクリーニングをしてもらうことをおすすめします。

3−5. シーツカバーも防ダニ仕様にするべきか?

これは迷いやすい点だと思います。あなたの防ダニ布団の種類をベースに、以下のように考えましょう。

寝汗が多くせっかくの防ダニ布団を汚してしまいそうであれば、敷布団に防水シーツを使用することをおすすめします。

3−6. 医療費控除の対象になるのか?

基本的にはなりません。国税庁のウェブサイトで以下の記載があります。

【照会要旨】アトピー性皮膚炎に効果があると勧められた防ダニ寝具の購入費用は、医療費控除の対象になりますか。

【回答要旨】防ダニ寝具の購入費用は、医療費控除の対象とはなりません。医師等による診療又は治療を受けるため直接必要な医療用器具等の購入費用で通常必要なものについては、医療費控除の対象となる医療費の範囲に含まれるものとして取り扱っていますが(所得税基本通達73-3)、ここにいう医療用器具等とは、それ自体が医療用器具等である場合に限られると解されています。 したがって、「防ダニ寝具」はそれ自体が医療用器具等に当たらないことから、その購入費用は、医療費控除の対象とはなりません。

とはいえ、ダニやホコリを原因とする病気を医師に治療してもらい、その医師が布団に病気の原因があるため布団を変えるべきと考え、その上で、その医師が特定の布団に対して推薦書を発行すれば、その布団の購入は医療控除が可能だとも考えられます。

そのため、あなたのかかりつけ医に相談してみることをおすすめします。


終わりに

もしかするとあなたは、防ダニ布団を使うべきか、既存の布団に防ダニシーツを使用するか、迷ってはいないでしょうか。

 

こちらのページ『防ダニシーツの加工方法の比較』で防ダニシーツの選び方もご紹介しているので併せてご参考にしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【ダニ通過率0%!】 世界の一流ホテルが導入する最高品質の防ダニシーツをご存知ですか?

寝ている間にベッドや布団に潜んだダニに噛まれ、かゆくて目が覚めたり、ダニの死骸やフンなどでアレルギーになりくしゃみが止まらなくて辛いという経験はありませんか?

実は、あなたの寝具には約32万匹ほどのダニが繁殖しています。マットレスや布団、枕などの寝具はダニが繁殖しやすい環境が完璧にそろってるためです。

しかし、このダニを完全に防ぎ、睡眠時の辛いかゆみやアレルギーから解放する方法があります。それが、ヒルトンやアヴェンドラ等、世界の一流ホテルが導入する最高品質の防ダニシーツ「プロテクト・ア・ベッド」です。

  • 50回洗ってもダニ通過率0%。最高の耐久性と防ダニ性能。
  • 水蒸気は通すのに汗や血液などの液体は通さない脅威の吸水、防水、透湿性能。
  • 生地の二重構造で汗をシーツに吸収しながら寝具には通さないため衛生的。

創業33年、世界45ヶ国で愛されるアメリカのトップブランドが提供する完全防ダニのシーツで、ダニ通過率が0%というだけでなく、睡眠の質を下げないために高い吸水性を持ち、就寝中のムレも軽減することができます。

もし、あなたがマットレスや布団のダニや衛生面に悩んでいるのであればプロテクト・ア・ベッドは劇的にあなたの睡眠の質を改善してくれるはずです。


世界最高品質の防ダニシーツについて詳しく見てみる。

SNSでもご購読できます

コメントを残す

*

快眠タイムズ