自分に合う枕はこう選ぶ!理想の形状、高さ、硬さ、素材とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

目覚めると肩が重い。首筋が張っている。熟睡感がない。

自分に合う枕を使っていないと、このような症状に悩まされます。

とても勿体無いです。少しの知識で改善が見込めるにもかかわらず、毎日、不快感に悩まされるのは不本意だと思います。

そこで本日は、「自分に合う枕の形状、硬さ、高さ、素材の選び方」をご紹介します。

1. 自分に合う枕の選び方

まずは「枕が合っている理想の状態」を知りましょう。この状態だと、枕の存在を感じないかのような、体との一体感があります。

そのため、肩・首の筋肉をリラックスさせて眠ることができます。

あなた自身で枕を合わせ、そのような状態になれることを目指しましょう。

1−1. 「自分に合う枕」に必要な3つの条件を知る

「自分に合う枕」とは結局のところ、次にご紹介する、たった3つのポイントを満たした枕です。

しかし、多くの人の枕がこの基礎的なポイントを欠いている(もしくは、劣化して満たせなくなった)ために、肩こり・首こり、頭痛などの不調を感じていたりして勿体無いな、と思います。

1. 体の隙間を埋めること(≒理想の形状の枕)
2. 理想的な寝姿勢がとれること(≒理想的な枕の高さ)
3. 素材が体質、環境に合っていること

それでは、どういうことか1点ずつ図解していきます。

①体の隙間を埋めること(≒理想の形状の枕)

自分に合っていると感じる枕は、当てた時のフィット感が重要です。

枕でマットレスと首の隙間を埋める
枕でマットレスと首の隙間を埋める

枕のフィット感は、「マットレスと首の間にできる隙間をきちんと枕で埋めること」で実現されます。

というのも隙間を埋めることで、①約6kgと重い頭の荷重を広い面で分散できるためと、②後頭部・首の支柱となる部位への負荷を減らせられるためです。

イラストのように、枕で隙間を埋められれば首筋を緊張させることなくリラックスして寝ることができます。そしてこのように、隙間をしっかりと埋められる枕を、あなたに合った形状の枕と捉えられます。

※隙間を埋められない枕だと、首の痛み、肩こりの原因に

反対に、下のイラストのように、マットレスと首の間の隙間を埋められない枕もあります。

枕で隙間が埋められていない状態
枕で隙間が埋められていない状態

枕の形状が奇抜だったり、素材が硬すぎたり、柔らかすぎたりするために首・後頭部にフィットしないことがあります。

この状態だと、後頭部に荷重が集中するので強い圧迫感があったり、首のサポートがないため支柱となる部位への負荷が強くなり、首の付け根の筋肉が緊張しっぱなしになります。

その結果、首の痛み、肩こりを引き起こし、「枕が合わなく」感じられます。

②理想的な寝姿勢がとれること(≒理想的な枕の高さ)

また、枕の高さも大事な要素です。とはいえ、個体差により絶対的な枕の高さを数値で表せないので、その代わりに、理想的な寝姿勢がとれることを目指しましょう。

理想的な寝姿勢とは何かと言うと、あなたが姿勢良く立っている時の頚椎(ケイツイ:首の7つの骨)のカーブと顔面の傾きをそのまま寝転んで再現した姿勢です。

仰向け寝姿勢の場合

理想的な寝姿勢のポイントは2つです。

理想的な寝姿勢 仰向け寝
理想的な寝姿勢 仰向け寝

1. 「肩口から頭が10~15度の傾斜」
この角度だと、頚椎(ケイツイ:首の7つの骨)のカーブを自然なまま保っていられます。肩と首の筋肉が強張ることなく、リラックスした状態を維持できます。さらに、頭の位置が心臓よりも高くなるため、血流の乱れ(鬱血)を防ぎます。

2. 「顔面が5度の傾き」
顔が若干うつ向く程度だと、気道の通りに差し支えることなく、睡眠中の呼吸を楽なままできます。また、太り気味の方やアゴの下に脂肪がついている方の場合、顔の傾きが0度だと呼吸がしやすく眠りやすいことが多いです。なので、0~5度の間から、あなたが眠りやすい傾斜を見つけましょう。

この姿勢がとれる枕が、あなたにとって適切な高さの枕と言えます。

横向き寝姿勢の場合

また、横向き寝の場合、「頚椎が真っ直ぐ(床と水平)になること」 が理想的な寝姿勢のポイントです。

理想的な寝姿勢 横向き寝
理想的な寝姿勢 横向き寝

とはいえ、これは感覚的に分かっている人が多いと思います。

横向き寝の場合、枕の高さよりも、良い横向き寝姿勢を安定して維持することが難しいと思います。

なので、もしあなたが本格的な横向き寝タイプなら、こちらの記事「安定した横向き寝を実現する3つのポイントとおすすめの枕」も併せてお読みください。

横向き寝を安定させることで、枕が自分に合う感覚がより一層体験できると思います。

※枕が高すぎたり低すぎたりすることでも、肩こり・首こりの原因に

以前の記事「肩こりになる枕とは?6つの原因と今晩からできる快眠対策」で詳しく紹介しましたが、枕が高すぎたり低すぎたりすることで、肩こり・首こりの原因になります。

高すぎる枕
高すぎる枕

というのも、理想的な寝姿勢がとれない(つまり、頚椎が不自然な形状のまま寝ること)と肩・首周りの筋肉が緊張し、血行不良になり、疲労がたまるためです。

実際、市販の枕には「高すぎるのでは?」と思うものが多々あり、このような枕を使っている結果として「枕が合わない」と感じることになっていると思います。

③素材の性質が体質に合っていること

あなたが枕を選ぶ時、素材の性質を吟味したことはありますか?

使用感を元に好みで選ぶのも大事ですが、体質により合う・合わないが大きく別れます。以下、枕素材の性質別に、気をつけるべき点をご紹介します。

アレルギー性蕎麦アレルギーをお持ちの方はそば殻枕を、ゴムアレルギーをお持ちの方はラテックス枕の仕様は厳禁です。また、喘息をお持ちの方も、そば殻枕の使用はお控えください。使用に応じて殻が割れていくと微細な粉になり、吸い込む恐れがあるためです。

臭いフェザー・ラテックス素材の枕は(特に低価格のもの)独特の動物臭・ゴム臭があります。匂いに敏感な人はお控えください。

通気性低反発ウレタン、高反発ウレタン、ラテックス、ビーズなどは通気性があまり良くないので、体の基礎体温が高く、ムレ感が気になる方はお控えください。

洗濯性肌が敏感な方、衛生面を大事にする方は、洗濯で丸洗いできる枕を使用することをオススメします。顔から剥がれ落ちた皮膚、皮脂、フケなどの汚れや、ダニ・花粉などを洗濯により洗い流せます。

硬さ/やわらかさ枕の中材が硬すぎたり柔らかすぎたりすると、後頭部や首へフィットしにくく隙間が生じやすいです。また、痩せ型で骨ばっている人が硬い素材を使うと、圧迫感を感じやすいのでオススメできません。

これらは「枕が自分に合っている」と感じるための大事なポイントなので、参考にしてください。

1−2. 枕をオーダーメイド制作してみる

あなたの体型に合わせて一から作るオーダーメイド枕は、正に「自分に合う枕」です。

とはいえ、フィッターさんに枕をフィッティングしてもらったにもかかわらず、枕が合わないと感じる方は少なくありません。

そんなオーダーメイド枕の失敗談をまとめてみたところ、共通点がありました。

オーダーメイド枕を制作するなら気をつけてほしい7つの点

以下の7点を確認していただければ、枕をオーダーメイドして失敗する可能性はほぼ無くせると思います。

①実店舗でオーダーすること。
②枕をフィッティングするときのマットレスの使用感は、使用中のマットレスと似ているか確認すること。
③硬すぎる素材の使用は避けること(特に表面での)。
④枕で頭を固定し過ぎないこと。
⑤フィッティングの邪魔にならない服装・髪型にすること。
⑥アフターサービスの内容を確認すること。
⑦慣れもあるので、完成後2週間は様子を見ること。

これらの点の詳細はこちらの記事「【失敗を避けるために】オーダーメイド枕製作7つのポイント」でご紹介しているので、オーダーメイド枕を検討している方はご覧ください。

1−3. 合わせやすい枕を選ぶ

市販の枕から「自分に合う枕」を選ぶ場合、あなたに合わせやすい枕の中から選ぶことをオススメします。

例えば、形状や素材に特徴のある枕は、やはり合わせにくいです。

独立素材を使用した枕が合わせやすい

パイプ、そば殻、羽毛、フェザーなどの素材は、枕の中で一つ一つ独立しているため、隙間を埋めてフィットさせやすく、その上、流動性があるため自分で高さの調整をさせることも簡単です。

ポリエチレンパイプ枕
ポリエチレンパイプ枕
ポリエチレンパイプ枕

中材:ポリエチレンパイプ100%
側生地:ポリエステル100%
価格:2,770円
サイズ:43×63cm
【当製品の販売ページ】

5mm程度のパイプが枕の中材として使われています。プラスチックのストローをカットした素材といえば分かると思います。中材が自由自在に動くので、あなたの首・後頭部の形に合わせてフィットさせられます。

しかし、プラスチック素材の特徴上けっこう硬いので、硬めの使用感を好む方にのみオススメです。

羽毛枕
羽毛枕(ダウン枕)
羽毛枕(ダウン枕)

中材:中国産ホワイトダックダウン85%・ スモールフェザー15% (327dp)
側生地:綿100%(脱脂綿加工生地)
価格:8,900円(中材350gちょっと柔らか目タイプ)、11,800円(中材500gしっかり目タイプ)
サイズ:43×63cm
【当製品の販売ページ】

羽毛枕も同じく、合わせやすいのでオススメです。しかし注意が必要です。「羽毛枕」なら何でも良い訳ではありません。 ご紹介の枕のように羽毛(ダウン)と羽根(フェザー)の割合が8:2前後のものを選びましょう。ダウンがこれ以上多いとサポート性に欠け、枕の高さも十分でなくなります。

反対に、フェザーが多いと硬く感じられますし、フィット感が悪くなり合わせにくくなります。

フォスフレイクス枕
フォスフレイクス枕
フォスフレイクス枕

中材:ポリエチレンフィルム(フォスフレイクス)70%、ポリエステル粒綿30%
側生地:綿100%
価格:5,378円
サイズ:43×63cm
【当製品の販売ページ】

羽毛枕は動物臭、洗えない点などが気になります。しかし、それらの点を克服した新素材の枕が、こちらのフォスフレイクス枕です。

羽毛のように中材が細かく独立しているため、首のカーブ・後頭部の形状を問わずフィットさせられます。また、この中材のフォスフレイクスは、極薄に引き伸ばしたポリエチレン樹脂に特殊シワ加工を施しているので弾力性に富みます。

そのため、枕を首に当てると柔らかい触感がありますが、沈み込みすぎず一定の高さでグッと優しくサポートしてくれます。

自社製品なので手前味噌ですが、自分に合う枕を探している人に心オススメの枕です。

シンプルな首枕

また、余計な形状・構造を捨て首をサポートすることに特化した枕も、首を当てるだけでフィットしてあなたに合わせられます。

スマートピロー
セルプールスマートピロー
セルプールスマートピロー

中材:高反発ポリウレタンフォーム(セルプール)
サイズ:縦21cm × 横55cm × 高さ9.5cm
税込価格:11,880円
【当製品の販売ページ】

私どもが「枕の首へのフィット感」を追求して設計した枕です。ウレタンの内部をくり抜き(エアースプリング構造)、その上、表面をウェーブ状にカッティングしているので、あなたの首のカーブにふわっと優しくフィットします。

さらに、最高級ポリウレタンウレタンフォーム「セルプール」の優れた反発弾性により、頭が沈み込みすぎず首の自然なカーブを維持できます。

まとめ

枕が合っている状態(①体の隙間を埋めていること、②理想的な寝姿勢がとれていること、③素材が体質に合っていること)を理解すれば、自分に合う枕を選ぶことはとても簡単です。

あなたが自分に合う枕で快眠できるようになれば、幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます

コメントを残す

*

快眠タイムズ