枕なしで快適に睡眠できる人が持つ3つの条件とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

枕なしで寝ると「ストレートネックや肩こりに効果がある」「首のシワ対策になる」などとテレビなどで言われていたこともあり、枕なし睡眠が気になったことはないでしょうか?

実際のところ、枕なし睡眠が良いのかどうかは、人(睡眠環境)によりけりです。場合によっては、首の痛み、肩こり、首のシワをさらに悪化させる原因になります。なので、実行する前に、あなたが枕なしでも快適に寝られるのか確認する必要があります。

そこで本日は、「枕なしで快適に睡眠できる人が持つ3つの条件」をご紹介します。

1. 枕なしで快眠できる人の条件

結局のところ、枕を使用しなくても良い寝姿勢になれれば、快適に寝ることはできるのです。

立ち姿勢→寝姿勢
立ち姿勢→寝姿勢

姿勢良く立った状態のまま寝られると、理想的な寝姿勢と言われています。なので、枕を使っていなくても、この寝姿勢になれさえすれば良いのです。

しかし、誰もが無条件に枕なしでこの状態になれる訳ではありません。

以下の3つの条件がバランスよく揃っていると、枕なしでも良い寝姿勢で快適に寝られます。

①マットレスが柔らかめ
②後頭部が絶壁気味
③寝返りが少ない体質

それでは次に1つずつ、どういうことかをご説明します。

①マットレスが柔らかめ

後頭部がマットレスに沈み込み安定
後頭部がマットレスに沈み込み安定

体圧分散性が良いというよりは、体が沈み込むような柔らかめのマットレスを使用している場合、枕を使わなくても(背中〜首にかけて)良い寝姿勢がとれることがあります。

どういうことかと言うと、体が沈み込むことによって腰〜背中にかけてマットレスとの間に隙間なくフィットするだけでなく、首・後頭部も若干沈み込み安定するので、枕なしでも快適に寝られるのです。

②後頭部がフラット

後頭部が平らだったり絶壁気味の場合の方が、枕なしでも満足しやすい傾向があります。

後頭部の形
後頭部の形

というのも、後頭部が平らであるほど安定しやすく広い面で荷重を分散できるからです。

また、後頭部・首とマットレスの埋めるべき隙間も沈み込みにより埋められやすいというのも関係します。

反対に、後頭部が張っている人が枕なしで寝ると、後頭部にかかる荷重を感じやすかったり、不安定になりやすかったりします。

③仰向き寝で寝返りが少ない体質

枕を使わずに横向き寝をすると、首が傾いたままになってしまいます。そのため、一晩中横向きに寝返ることなく、仰向きで寝られるような人でないと、枕なし睡眠は向きません。

寝返りが少ない人が存在するのは確かですが、寝返りを意図的に減らすのは無理があります。

※注意
このような条件をたまたまバランスよく兼ね備えていると、枕なし睡眠でも快適に寝られます。しかし、大半の人には当てはまらないと思います。私自身、アメリカの展示会で柔らかいマットレスに寝転んだ際に、腰〜背中〜頭がバランスよく沈み込み、枕なしでも楽に寝られた経験がありますが、寝返りが非常にしづらかったので一晩眠ると体が疲れるだろうなと実感しました。

2. 条件を満たしていない人が枕なしで寝ると被るデメリット

大半の人は上記の条件を満たしていないと思います。

そのような人が枕なし睡眠を実行すると、睡眠の質が下がるどころか体を痛める可能性があります。

アゴが引けて喉がつまる寝姿勢

多くのマットレスは頭が沈み込むほど柔らかくはありません。そんなマットレスの上に、後頭部が丸っとしている人が寝転ぶと、以下のイラストのようになります。

枕がないと喉が詰まる
枕がないと喉が詰まる

後頭部が安定しない結果として、頭が左右上下に傾くことになるのですが、多くの場合はこのように下向き(左下・右下を含む)になります。

この姿勢のまま眠ってしまうと、以下の症状が現れます。

・頚椎(ケイツイ:首の7つの骨)が歪むため首の痛み。
・首・肩の筋肉が不自然に緊張するため肩こり。
・気道の通りを塞ぐためいびき。
・ずっと俯きのため首のしわ。

百害あって一利なしなので、枕なしでこのような寝姿勢になる場合は、枕をきちんと使いましょう。

寝違え・首の痛み

また、寝姿勢が不自然になってしまうにもかかわらず、そのまま枕なしで眠ってしまうと寝違えを起こすことにもつながります。

特に、寝返りをしたときに枕がないと首の支えがないため、首・肩の筋肉に非常に負荷がかかります。翌日の首の痛みで後悔することになるので、この理由からも枕なしでの睡眠はおすすめできません。

※後日談

物は試しと思い、枕なしで眠ってみました。

まず、寝付きが悪くなりました。通常仰向きで眠りに入るのですが、横向きになったりうつ伏せになったりと寝姿勢が決まらずになかなか眠れませんでした。その後なんとか眠れはしましたが、起床すると後頭部から頚椎の上の方まで圧迫感のような違和感がありました。会社で仕事を始めたら忘れましたが、2時間程は妙な不快感が残っていました。その後はなんともないですが、睡眠だけでなく体にも良くないと思うので、お試しだとしてもあまりおすすめできません。

最後に

あなたが枕なしで寝て快眠できるかどうか、判断できるようなっていれば幸いです。

枕なしでも快適に眠れそうであれば、それで良いと思います。

しかし、「やはり枕が必要そうだな。でも、どんな枕を選べば良いんだ?」という場合は、こちらの記事「自分に合う枕はこう選ぶ!理想の形状、高さ、硬さ、素材とは」をご一読ください。あなたに合う枕を探し出す参考になります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

朝、目が覚めた時に首や肩に違和感が残っていませんか?

”男女とも「日中、眠気を感じた」が最も高く、それぞれ 44.5%、48.7%である。”

これは、平成27年度に調査された国民健康・栄養調査の一文です。
実は、平成19年以降、睡眠時間6時間未満の方は年々増加しており、その半数程度が日中に眠気を感じているのです。

  • しっかりと寝たはずなのに朝目が覚めると体が重い・・。
  • 朝スッキリと目覚めることができない・・。
  • 日中眠いせいで仕事でミスが増えている・・。
  • 眠りが浅いせいで深夜に目覚めてしまい、日中が辛い。
  • 目覚めたあとの肩こりがひどく、朝から憂鬱だ・・。
  • 最近気持ちよく目覚めたことがない・・。

熟睡できず、眠りが浅いというあなたには睡眠の質を向上させることが必要です。そのために弊社がおすすめしたいのがセルプールスマートピロー。睡眠先進国であるヨーロッパの2大メーカーが共同開発した高反発枕です。寝ている間に疲れた筋肉をほぐし、質の高い睡眠を実現します。


ユーザーの感想を見る

SNSでもご購読できます

コメントを残す

*

快眠タイムズ