※要確認!低反発枕が肩こりを起こすたった1つの理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「低反発枕の使用感が好きだから買いたいけど、肩こりの原因になると聞くから迷っている。」

このような意見をいただくことがあります。低反発枕の使用感はその他の枕と大きく異るため、選ぶ時に気をつけるべき点も変わります。枕選びの大事なポイントは、寝具ショップや情報サイトでも紹介されており参考にできると思います。

しかし、1点見落とされている大事なポイントがあります。

そこで本日は、その「低反発枕が肩こりを悪化させるたった1つの理由」をご紹介します。

1. 低反発枕で肩こりになる理由

どの素材の枕でも、肩こりの原因になることはあります。

しかし、低反発枕は性質上、肩こりを起こしやすい特徴があります。

そもそも肩こりになるメカニズムとは

まずは肩こりになるメカニズムを知りましょう。後の説明の理解が楽になります。

主な原因は、首や肩、背中の筋肉の疲労です。肩の周辺には僧帽筋や肩甲挙筋、棘下筋などの筋肉がありますが、これらの筋肉が疲労して固く緊張し、血行不良になると「乳酸」などの疲労物質が筋肉中に蓄積してきます。その結果、こりや痛みが起こります。

(引用:『腰痛、肩こり、手足のしびれ 「背骨」がかかわる症状の診断・治療ガイドブック』 伊藤達雄・戸山芳昭監修)

つまり、肩・首周りの筋肉が疲労、緊張、血行不良を起こすことで、肩こりになるのです。

頭の寝返りができないため肩こりになる

低反発枕が肩こりを悪化させる理由は、頭が枕に沈み込んでしまって、睡眠中に頭を左右に動かす程度のちょっとした頭の寝返りができなくなるためです。

頭が枕に固定され過ぎる
頭が枕に固定され過ぎる

例えば、どんなに整形外科学的に優れた椅子に正しい姿勢で座っていても、30分も同じ姿勢を維持できません。

疲れてしまいます。

飛行機の中で長時間座り続けるとエコノミー症候群になるように、体は動かさなければなりません。

そのため、頭が沈み込んでしまい頭の寝返りができないと、肩・首周りの筋肉が疲労、緊張を起こし、結果的に肩こりになってしまうのです。

2. 肩こりを起こす低反発枕を避ける方法

しかし、全ての低反発枕が上記のような、沈み込み過ぎてしまうものではありません。

見分ける方法をご紹介します。

安価なものは避ける

安価な低反発枕は低反発ウレタン素材の密度が低いため、頭が沈み込みやすい傾向があります。

もし低反発枕同士で比較できるなら、重さを持ち比べてみましょう。明らかに軽いものは、ウレタンの密度が低いと断定して良いです。また、密度が低いウレタン素材は耐久性も悪いため、長く使うことも期待できません。

メーカー直販の低反発枕でも、価格が3,000円以下の場合はこの傾向が顕著ですのでおすすめできません。

ボリューミーで柔らかいものは避ける

枕の形状が大きめで柔らかいものもオススメできません。

大きくて柔らかい分、頭の沈み込みの高低差が大きくなり、結果として、頭の寝返りがしにくくなります。

試し寝をしてみる

やはり、実際に使って試すことが大切です。

上記2点について実際にマットレスの上に寝転がりながら検証すると、ご納得いただけると思います。

お試しになっている低反発枕で頭の寝返りがスムーズにできる場合、次に紹介する理想的な寝姿勢をとれるかどうか確認しましょう。

頭の寝返りがしやすく、その上、理想的な寝姿勢ができれば、その低反発枕は「買い」です。

理想的な寝姿勢ができるか確かめる

理想的な仰向きの寝姿勢は以下の2点がポイントです。

理想的な寝姿勢 仰向け寝
理想的な寝姿勢 仰向け寝

1. 「肩口から頭が10~15度の傾斜」
この角度だと、頚椎(ケイツイ:首の7つの骨)のカーブを自然なまま保っていられます。肩と首の筋肉が強張ることなく、リラックスした状態を維持できます。

2. 「顔面が5度の傾き」
顔が若干うつ向く程度だと、気道の通りが最も良くなり、睡眠中の呼吸がとてもラクになります。

この2点を満たしているならば、快適に使えると考えて良いでしょう。

また、もしあなたが低反発枕以外の素材の枕でも、しっくりくる自分に合う枕を見つけたいと考えているなら、こちらの記事「自分に合う枕はこう選ぶ!理想の形状、高さ、硬さ、素材とは」で選び方を紹介しているので、是非ご一読ください。

最後に

頭の寝返りはとても大切な生理現象です。

安価なものや柔らかくボリューミーで沈み込みやすい低反発枕を避けつつ、頭の寝返りがしやすいものを探しましょう。また、理想的な寝姿勢がとれるかどうかも同時に確認しましょう。

これらの点を踏まえれば、快眠できる低反発枕を選べられます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

朝、目が覚めた時に首や肩に違和感が残っていませんか?

”男女とも「日中、眠気を感じた」が最も高く、それぞれ 44.5%、48.7%である。”

これは、平成27年度に調査された国民健康・栄養調査の一文です。
実は、平成19年以降、睡眠時間6時間未満の方は年々増加しており、その半数程度が日中に眠気を感じているのです。

  • しっかりと寝たはずなのに朝目が覚めると体が重い・・。
  • 朝スッキリと目覚めることができない・・。
  • 日中眠いせいで仕事でミスが増えている・・。
  • 眠りが浅いせいで深夜に目覚めてしまい、日中が辛い。
  • 目覚めたあとの肩こりがひどく、朝から憂鬱だ・・。
  • 最近気持ちよく目覚めたことがない・・。

熟睡できず、眠りが浅いというあなたには睡眠の質を向上させることが必要です。そのために弊社がおすすめしたいのがセルプールスマートピロー。睡眠先進国であるヨーロッパの2大メーカーが共同開発した高反発枕です。寝ている間に疲れた筋肉をほぐし、質の高い睡眠を実現します。


ユーザーの感想を見る

SNSでもご購読できます

コメントを残す

*

快眠タイムズ