マットレス

とうとう治せる?!マットレスで腰痛になる3つの原因と対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「夜中、腰の痛みで目が覚めた。」 

ここまでひどい経験をした方は少ないかもしれませんが、「最近、腰痛が悪化したのはマットレスに原因があるかも」と考えている人は多いと思います。 

そこで今回は、「腰痛になりうるマットレスの3つ原因」と「各原因への対策」をご紹介します。これらの対策を行っていただければ、マットレスが原因の腰痛を大きく改善できることをお約束します。

1. 腰痛になるマットレスの3つの原因

マットレスが原因となり腰痛を引き起こす場合、原因は以下の3つが考えられます。

   1. マットレスが硬すぎる
   2. マットレスに腰が沈み込みすぎる
   3. マットレスの幅が狭すぎる

どの原因であなたが腰痛になっているのか、もしくは、腰痛を悪化させているのかを理解できれば、自ずと改善方法もわかります。

原因と対策をセットでご紹介しているので、あなたに必要な内容をお読みください。

1−1. マットレスが硬すぎる 

    ・マットレスの体圧分散性が悪い
    ・背中にスキマができている
    ・身体の湾曲にフィットしていない
    ・腰の上部が浮いている

など、人によって色々と表現が異なりますが、言及している問題自体は同じです。つまり、マットレスで寝ているとき、下のイラストのような状態になっているのです。

硬すぎるマットレス
硬すぎるマットレス

マットレスが硬すぎると、腰や背中の上部といった特定の部位に、体の重みが集中します。また、腰の上部が浮き、マットレスとの間にスキマが生まれます。腰の辺りをズームで見るとよく分かります。

硬すぎるマットレス腰の辺り
硬すぎるマットレス腰の辺り

このような体勢で寝てしまうと、以下の理由から腰を悪くします。

    ・中半身(おなか、腰、お尻)の重みが1晩中、腰にかかる
    ・背中のサポートがなく、ブリッジ状態になる。支柱となる腰に1晩中、負担がかかる。

極端な例ですが、フローリングの上に何も敷かずに寝転ぶと、すぐに身体が痛くなります。硬すぎるマットレスをお使いの方は、これに近い状態で毎晩、眠っているのです。

1−2. 硬すぎるマットレスへの対策

それでは対策はどうすれば良いのかと言うと、とてもシンプルで、体圧分散性に優れるトッパー(ピロートップ)をマットレスの上に重ねて使うことです。

腰にかかる負担が大きく軽減されるので、睡眠中、とても楽に感じられるようになります。

また、その寝心地が継続する大切な要素にマットレスの「密度」があります。

どういうことかと言うと、マットレスの密度は耐久性と比例するからです。密度が低いということは分かりやすく言うと、中身がスカスカなので、耐久性が低く、へたりやすいからです。(※密度が高い=硬い、ではありません。)

マットレスやトッパーを購入する際は、以下の表を参考にしてください。この数字を参考に商品を見比べていただければ、良い買い物ができます。

密度 耐久性の評価
10 ~ 20 激安マットレスによくありますが、数ヶ月でへたることが多く、寝心地が悪くなります。
20 ~ 25 リーズナブルなお値段のマットレスは大体この辺りの密度です。3~5年は使えると思います。
30前後 有名なマットレスの密度がこの辺りです。5~8年は形状変化が起こりにくいと考えられます。
40以上 優に10年以上は使えます。素晴らしい耐久性です。

(※使用者の体重や使用環境により変動します。また、この数値は高反発マットレスの参考値です。)

以下に私がオススメするトッパーをご紹介します。

ecolattePtypeエコラテ パッドタイプ
価格:13,520円
サイズ:
100×195×6cm
中材:高反発ウレタンフォーム
側地:ポリエステル52% レーヨン48%
ウレタン密度:27N

私どものパートナー工場(中国)で生産しているトッパーです。体圧分散性は十分にあるので、腰への負担を和らげられます。

5~8年程度の使用期間を考えている方には、素晴らしいコストパフォーマンスを実感していただける作品です。

SweetDream

セルプール スウィートドリーム
価格:24,840円
サイズ:98×195×2.5cm
中材:高反発ウレタンフォーム(セルプール)
側地:ポリエステル55%、指定外繊維(テンセル)44%、ポリウレタン1%
ウレタン密度:50N

密度50のウレタンフォームを使用している超薄型トッパーです。

先のものよりも薄いにもかかわらず、優れた体圧分散性と反発弾性をもつウレタンフォームです。寝転んだときの腰への負担がとても少なくなります。

hybridmattressセルプール ハイブリッド・マットレス
価格:41,000円
サイズ:98×197×8cm
中材:高反発ウレタンフォーム(セルプール)
側地:ポリエステル55%・指定外繊維※テンセル44%・ポリウレタン1%
ウレタン密度:50N

腰がとても軽く感じられ、素晴らしい寝心地を味わっていただけます。

高密度ウレタンフォーム(50N)を使用し、さらに製品の厚みが8cmある本格的なトッパーです。

また、フローリングや畳の上に本品1枚を敷くだけでも快適にご使用できます。

1−3. マットレスに腰が沈み込みすぎる 

腰が沈み込みすぎる場合、マットレスが以下のような状態になっています。

    ・密度の低い低反発マットレスを使っている
    ・ウレタンがへたっている
    ・コイル・スプリングがへたっている
    ・上面の詰め物がへたっている

つまり、マットレスが柔らかすぎて腰が沈み込みすぎる場合だけでなく、そもそもマットレスの中央部分が凹んでいる場合もあります。いずれの場合にしても、寝ているとき、以下のイラストのようになります。

マットレスに身体が沈み込んでいる例
マットレスに身体が沈み込んでいる例

このような場合も、腰に大きな負担がかかるため腰痛の原因になるのですが、さらに、寝返りがしづらくなることが腰痛を引き起こします。 

というのも、そもそも寝返りとは、「睡眠中の寝姿勢を無意識的に調整する働き」なのですが、これにより、

    ・一定の部位に圧力がかかり続けないよう、負担を減らし、
    ・その結果、血液の流れをスムーズにします。
    ・また、寝具内の換気にもなり、ムレを感じにくくなります。
    ・さらに、利き手・利き足や、身体の癖から生まれる、身体の歪みを整える。

なので、寝返りができないと、1晩中、負担をそらすことができなくなり、とても身体に悪いのです。つまり、睡眠中に腰に負担がかかり、あなたの脳が寝返りにより負担をそらそうとしても出来ず、ずっと腰に負担がかかるのです。

簡単に言うと、寝返りができないと「エコノミー症候群」に似た状態になってしまう、ということです。

1−4. 腰が沈み込みすぎるマットレスへの対策 

もちろん沈み込みが激しかったり、凹みがひどい場合は、買い換えを視野に入れることも必要ですが、今回はマットレスを買い換えないで済む対策をご紹介します。

応急処置のようですが、以下の3つの方法をお試しください。

    1. 沈み込んだり凹んだりする部分の「底」にタオルを仕込む

身体が沈み込みすぎる部分の裏側に、折り畳んだタオルを敷いてみましょう。

下のイラストのように、身体が沈み込みすぎる部分が盛られることで、プラスマイナスゼロになり、沈み込みを解消できるかもしれませんん。

凹んでいるマットレスをタオルで直す
凹んでいるマットレスをタオルで直す

しかしもし、あなたのマットレスがコイルタイプだとこの方法が使えないので、次の方法をご検討ください。

    2. 沈み込んだり凹んだりする部分にタオルを仕込む 

身体が沈み込みすぎる部分自体を、下のイラストのように、タオルで埋めてみましょう。

凹んでいるマットレスをタオルで直す
凹んでいるマットレスをタオルで直す

タオルの上にシーツを敷くことで、違和感がなく腰が沈み込みすぎることがなければ、快適に眠れると思います。

もしタオルを敷くだけでは寝心地が十分ではないと感じられるなら、タオルの上からトッパーを敷きましょう。タオルで凹みが直っていれば、快適に眠れるでしょう。

    3. マットレスを裏返す

あなたのマットレスは裏返して使えるタイプではないですか?

使用中のマットレスが両面使用可能ということを忘れている人も意外と多いと思います。裏面が使用可能なタイプかチェックしてみましょう。

また、裏面には詰め物がないから硬い、しかし、水平で安定しているというマットレスの場合、トッパーを置くことで通常のマットレスと遜色のない寝心地を再現できます。

1−5. マットレスの幅が狭すぎる 

あなたは眠るとき、窮屈だと感じたことはありませんか?

隣で眠る配偶者を蹴ってしまわないように、気をつけて寝ている人も多いと思います。 

寝床が窮屈だと、寝姿勢がかたまりがちになるので、身体の疲れが取れにくくなります。寝返りが簡単にしにくいことも、身体への負担を増えるので、腰痛の原因にもなりえます。

1−6. 幅が狭すぎるマットレスへの対策

横幅が狭いマットレスへの対策は、適切なサイズのマットレスに買い換えるしかありません。

日本のマットレスのサイズは、以下の5つが一般的です。(メーカーにより若干の差はあります。)買い直すときは、以下のイラストを参考にしてください。

マットレスのサイズ1
マットレスのサイズ1

・シングル: 100 × 195cm (小柄な人にぴったり)
・セミダブル: 120 × 195cm (平均的な体格の人にぴったり)
・ダブル: 140 × 195cm (大柄の人にぴったり、2人寝には少しキツいかも)

マットレスのサイズ2
マットレスのサイズ2

・クイーン: 160 × 195cm (平均的な体格の人の2人寝にぴったり)
・キング: 180 × 195cm (大柄の人の2人寝にぴったり)

こちらのサイズイメージを元にマットレスを選んでいただければ、マットレスの狭さが原因で腰痛になることはなくなります。

是非、あなたの睡眠生活に合わせたサイズをお選びください。

まとめ

あなたのマットレスの何が悪くて腰痛の原因になっているか分かりましたか?

ご紹介の内容があなたの参考になれれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます

コメントを残す

*

快眠タイムズ