快眠グッズ

マットレストッパーの正しい使い方と選び方、使用上のコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「マットレスの寝心地が悪くなってきたらトッパーを使うと良い」と言われますが、具体的な使い方やベッドパッドなどとの違いが分からずにお困りではないでしょうか。

また、使用中のマットレスの状況によっておすすめの厚み、使い方のコツがあります。

そこで本日は、マットレストッパーの導入から運用に役立つ知識とコツをご紹介します。


1. マットレストッパーとは何か

トッパーとは簡単にいうと、マットレスの寝心地改善のためにマットレスの上に敷く薄いマットレスです。

高反発ウレタン、低反発ウレタン、高反発ファイバー、ラテックスなど素材も様々ですし、トッパー自体の厚みも3〜6cm前後とサイズも多様です。

ベッドパッド、ピロートップとの違いは何か

トッパーを購入しようと調べているとベッドパッドやピロートップという単語に出会い「何が違うんだろう?」と疑問が浮かんでこないでしょうか?

簡単に違いを説明すると、

  • トッパー:基本単一素材(ウレタンなどの素材を側生地で覆うのみ)で構成されたクッション。
  • ベッドパッド:わたをキルティング加工したクッション。
  • ピロートップ:トッパー+ベッドパッドのような構造のクッション。ベッドマットレスの上に(大体予め)備え付けられているクッション。

これら3つの使用目的は同じで、寝心地の向上とマットレスの汚れ防止です。ベッドパッドではある程度、トッパーではある程度〜十二分、ピロートップでは十分〜十二分寝心地を改善できるとお考えください。

トッパーを敷くべき位置を図解すると

それでは実際にトッパーを使用するとして、マットレスのどこに敷けばいいのかイラストで図解します。

このイラストの中でトッパーを入れるなら、【(下)マットレス→トッパー→マットレスプロテクター、、、(上)】 となります。

トッパーは前述のようにウレタンなどの洗えない素材のためプロテクターの下に配置すると良いでしょう。ファイバー素材のトッパーの場合も洗えますが、手間を考えると同じくプロテクターの下に配置することをおすすめします。


2. トッパーを導入する上での2つのコツ

トッパーを購入する上で知っておくと役立つ知識とコツです。あなたのマットレスの状況と照らし合わせながら確認しましょう。

①本格的に寝心地を改善するなら厚みは5cmほしい

トッパーの厚みに幅があるのでどの程度のものを選べば良いのか迷わないでしょうか?

もしあなたが本格的に寝心地を向上させたいのなら、厚みが5cm以上のトッパーを選ぶようにしましょう。もちろん、高弾性のウレタンで密度が高ければ3cm厚でも良いのですが、あまり市場に出回っていないので5cmを目安にすることをおすすめします。

しかし、もしあなたが「マットレスの汚れを防止しつつ若干汚れが防げる程度で良い」とお考えであれば、3cm厚のトッパーでも良いですし、洗濯可能なベッドパッドでも良いと思います。ベッドパッドに関しては、『素材・生地を吟味したベッドパッドの選び方』をご参考にしてください。

簡単に比較しておくと、

厚み5cmトッパー>>厚み3cmトッパー>厚いベッドパッド>>薄いベッドパッド

となります。薄いベッドパッドだと寝心地改善・汚れ防止効果もどっちつかずになることがあるので、ベッドパッドを選ぶなら厚みのあるものをおすすめします。

マットレスの汚れ防止をメインの目的にトッパーの導入をお考えであった場合、マットレスプロテクターが最も有用です。『防水マットレスプロテクターの適切な選び方』をご参考にしてください。

②マットレスの特定の箇所が凹んでいるなら盛る

もしかしてあなたのマットレスは以下のイラストのように腰の部分などが大きく凹んでいることはないでしょうか?

凹んだマットレス
凹んだマットレス

もしあなたのマットレスがこの状況であれば、トッパーを導入しても寝心地が根本的には改善しない場合があります。というのも、トッパーは全体を均一に嵩上げするのでマットレスの凹みは直せないからです。

それではどうすれば良いかと言うと、凹んでいる箇所をタオルで盛ってその上からトッパーを敷く のです。見栄えはあまり良くないですが、寝心地だけでなく腰の落ち込みをも改善できます。

注意点として、凹んだ箇所を盛りすぎないことです。マットレスの中央部が盛られすぎた状態で寝転んでしまうと、反り腰のような寝姿勢になってしまい腰を痛めてしまう恐れがあります。


3. おすすめのマットレストッパー

セルプールハイブリッドマットレス価格:54,000円
サイズ:98×197×8cm
中材:高反発ウレタンフォーム(セルプール)
側地:ポリエステル55%、指定外繊維(テンセル)44%、ポリウレタン1%
ウレタン密度:50N
【当製品の販売ページ】

弾性に富む最高級のポリウレタンフォーム「セルプール」を使用したマットレスです。厚みが8cmですのでご使用中のマットレスの上に敷いていただければ、寝心地を格段に上げていただけます。

価格:17,280円
サイズ:100×195×6cm
中材:高反発ウレタンフォーム
側地:ポリエステル52%、レーヨン48%
ウレタン密度:27N
【当製品の販売ページ】

私どものパートナー工場(中国)で生産している三つ折りタイプのパッドです。体圧分散性は十分にあるので、あなたの身体をしっかりとサポートします。

5~8年程度の使用期間を考えている方には、素晴らしいコストパフォーマンスを実感していただける作品です。


最後に

ご紹介の知識とコツであなたが良いトッパーをお選びになれていると幸いです。

「やはりトッパーでマットレスを延命するよりマットレス自体を買い換えようかな」という場合は、『コスパに優れたマットレスの選び方』についてもご紹介しているので是非ご参考にしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【ダニ通過率0%!】 世界の一流ホテルが導入する最高品質の防ダニシーツをご存知ですか?

寝ている間にベッドや布団に潜んだダニに噛まれ、かゆくて目が覚めたり、ダニの死骸やフンなどでアレルギーになりくしゃみが止まらなくて辛いという経験はありませんか?

実は、あなたの寝具には約32万匹ほどのダニが繁殖しています。マットレスや布団、枕などの寝具はダニが繁殖しやすい環境が完璧にそろってるためです。

しかし、このダニを完全に防ぎ、睡眠時の辛いかゆみやアレルギーから解放する方法があります。それが、ヒルトンやアヴェンドラ等、世界の一流ホテルが導入する最高品質の防ダニシーツ「プロテクト・ア・ベッド」です。

  • 50回洗ってもダニ通過率0%。最高の耐久性と防ダニ性能。
  • 水蒸気は通すのに汗や血液などの液体は通さない脅威の吸水、防水、透湿性能。
  • 生地の二重構造で汗をシーツに吸収しながら寝具には通さないため衛生的。

創業33年、世界45ヶ国で愛されるアメリカのトップブランドが提供する完全防ダニのシーツで、ダニ通過率が0%というだけでなく、睡眠の質を下げないために高い吸水性を持ち、就寝中のムレも軽減することができます。

もし、あなたがマットレスや布団のダニや衛生面に悩んでいるのであればプロテクト・ア・ベッドは劇的にあなたの睡眠の質を改善してくれるはずです。


世界最高品質の防ダニシーツについて詳しく見てみる。

SNSでもご購読できます

コメントを残す

*

快眠タイムズ