ダニ

※事前確認必須!子供がダニに刺された時の対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ふと気づくと子供の肌がポツポツと赤く腫れており、「もしかしたらダニの仕業かも」と疑ってはいないでしょうか。

自分事ではないため痒みの程度も分かりにくく、どのような対策をとればよいのかも判断しづらいと思います。

そこで本日は、「子供がダニに刺された時に取るべき対策」をご紹介します。


1. 症状がひどい場合は皮膚科へ

まず、腫れの原因がダニによるものなのか大体のチェックが出来ます。

よく「ダニは2つの噛み跡を残す」と言われますが、それはダニではなく南京虫による刺咬です。ダニよりもひどいです。痒みは相当の強いはずですので速やかに皮膚科へ連れていくことをおすすめします。

しかし、原因がダニで腫れがそこまでひどくなければ様子見でも良いと思いますが、腫れがひどいようなら皮膚科に連れていき専門医の判断を仰ぎましょう。 もしかすると、ダニやノミ、南京虫が原因でない可能性もあり、お子様の症状が何によって起こされているか確かめることができるかもしれません。


2. ダニ刺されは被害の序章

ダニ被害は2つに分けられます。

ダニ刺されはダニ被害の序章であり、本当に気をつけなければいけないのはダニアレルゲンによるアレルギー被害です。

※注!:被害に関する詳細はそれぞれ以下のページをご参照ください。
『ダニに刺された時の症状と取るべき対策』
『ダニアレルギーの症状・取るべき対策とは』

また、この表からもう一点伝えたい点が、ダニ刺されに気づいたという段階では、そのダニの背後に100倍超のダニが存在しているだけでなく、さらに、その数10~100倍のダニアレルゲンが巻き散らかされている 、ということです。

そして、ダニアレルゲンとの接触が過剰になってしまうと、ダニアレルギーを引き起こしてしまう恐れがあります。

一度ダニアレルギーを患ってしまうと、アレルギーマーチ(下図参照)と呼ばれるように成人になった際に別の症状を誘発してしまうこともあります。

そのため、ダニに刺された時は、ダニを退治するだけで対策を終えず、ダニアレルゲンの除去までしっかりと行う必要があるのです。

2−1. ダニ対策

それでは次に、家庭においてダニが多く潜む寝具、畳、絨毯・カーペットのダニの退治、ダニアレルゲンの除去、ダニの再発生の予防の方法をご紹介します。

寝具のダニ対策

まず、寝具のシーツ・カバー類は家庭用の洗濯機で丸洗いすれば、ダニアレルゲンのみならず生きているダニまで洗い落とせます。

毛布の場合は半数程度のダニを落とすことができますが、高温60℃以上の洗浄であればダニを死滅させられます。ご家庭の洗濯機が高温対応していない場合は、コインランドリーで高温洗濯しましょう。

問題は布団です。ダニは布団の内部にまで潜り込むので、洗濯をしても洗い落とすことはほとんどできません。

そのため、おすすめの方法は宅配クリーニングを利用することです。ダニ対策のための宅配クリーニング利用に関しては細かな注意点があるので『布団クリーニングでダニ退治!概要と注意点』をご一読ください。

絨毯・カーペットのダニ対策

絨毯・カーペットのダニ退治は布団に比べれば簡単です。

裏側からたたいて表面から掃除機をかけると、ダニ数を30%まで除去でき、コーナーノズルで丁寧に清掃すると、50%程度の除去が可能である。

(引用:『ダニ・カビ完全対策』 小峰裕己 編著)

製品:コーナーノズル
価格:302円
【当製品の販売ページ】

掃除機にコーナーノズルを装着し、1㎡当たり20秒程のゆっくりとしたペースで吸引を行っていくことで、ダニを約半数減らすことができると報告されています。

毛足と毛足の奥にダニが潜んでいることを意識して掃除機をかけるようにしましょう。

畳のダニ対策

畳に潜むダニを根本的に退治するには、布団乾燥機・天日干しなどで畳を乾燥させることが最も効果的です。

「出費を抑えたい」「畳を干すスペースがない」ということであれば、防ダニ薬剤の使用も安価で効果があるのでおすすめです。

掃除機は生きているダニの退治にはあまり効果がなく、1㎡当たり3分間毎日畳に掃除機を3週間かけ続けて約半数ダニを減らす程度の効果です。

とはいえ、ダニアレルゲンの除去には掃除機は欠かせないので、ダニ退治後には畳にゆっくりと掃除機をかけましょう。詳細に関しては『畳のダニを駆除する7つの方法の比較』をご参考にしてください。

家庭のダニ予防法

ダニ退治とダニアレルゲン除去が終わったら、ダニの再発生を防ぐための予防をしましょう。

その方法を簡単に言うと、「湿気を溜めないこと」「ダニに餌を与えないこと」の2つですが、具体的な行動レベルで言うと、以下のようになります。

  1. 部屋は出来るだけ毎日換気する
  2. 畳・カーペットはこまめに掃除する
  3. 布団の敷きっぱなしはしない
  4. マットレスは床に直敷きはしない
  5. シーツはこまめに取り替える
  6. 起床後、掛け布団はめくっておく

基礎的な内容になりますが、これら6つを徹底して続けていただくだけでダニの再発生はほとんど完璧に予防できます。

防ダニグッズの活用

とはいえ、梅雨などの時期的な要因だったり周辺環境が理由で、予防法をやろうにも出来ないこともあると思います。その場合は、防ダニグッズを活用しましょう。

例えば、生活環境が湿気りがちであれば除湿機で湿度を調整したり、布団のこまめな掃除ができなければ防水シーツを使いダニへ栄養源を与えないようにすることです。

Protect-A-Bedシーツ
Protect-A-Bedシーツ

製品:Protect-A-Bed 布団・マットレスプロテクター
価格:6,480円
【当製品の販売ページ】

自社製品で手前味噌ですが、極薄の防水膜で出来た防水シーツです。高品質なシーツと変わらない肌当たりで快適にご使用いただけます。

また、ボックスシーツ形状なので布団・マットレスへの付け外しも簡単で、こまめなシーツの取り替えが手軽に行えます。もちろん、防水生地とはいえ湿気は通すので蒸れにくい仕様になっています。

快適な睡眠とダニ予防を両立できる素晴らしいシーツなので、防ダニ対策のために是非お役立てください。


最後に

お子様のためのダニ対策に何をすれば良いのか、あなたの頭の中で明確になっていれば幸いです。

簡単に振り返ると、

  1. (必要そうであれば)皮膚科を受診する
  2. ダニ退治
  3. ダニアレルゲン除去
  4. ダニ予防

この4つのステップです。これらのダニ対策であなたのお子様の症状が早く治ることを願っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【ダニ通過率0%!】 世界の一流ホテルが導入する最高品質の防ダニシーツをご存知ですか?

寝ている間にベッドや布団に潜んだダニに噛まれ、かゆくて目が覚めたり、ダニの死骸やフンなどでアレルギーになりくしゃみが止まらなくて辛いという経験はありませんか?

実は、あなたの寝具には約32万匹ほどのダニが繁殖しています。マットレスや布団、枕などの寝具はダニが繁殖しやすい環境が完璧にそろってるためです。

しかし、このダニを完全に防ぎ、睡眠時の辛いかゆみやアレルギーから解放する方法があります。それが、ヒルトンやアヴェンドラ等、世界の一流ホテルが導入する最高品質の防ダニシーツ「プロテクト・ア・ベッド」です。

  • 50回洗ってもダニ通過率0%。最高の耐久性と防ダニ性能。
  • 水蒸気は通すのに汗や血液などの液体は通さない脅威の吸水、防水、透湿性能。
  • 生地の二重構造で汗をシーツに吸収しながら寝具には通さないため衛生的。

創業33年、世界45ヶ国で愛されるアメリカのトップブランドが提供する完全防ダニのシーツで、ダニ通過率が0%というだけでなく、睡眠の質を下げないために高い吸水性を持ち、就寝中のムレも軽減することができます。

もし、あなたがマットレスや布団のダニや衛生面に悩んでいるのであればプロテクト・ア・ベッドは劇的にあなたの睡眠の質を改善してくれるはずです。


世界最高品質の防ダニシーツについて詳しく見てみる。

SNSでもご購読できます

コメントを残す

*

快眠タイムズ