快眠グッズ

【データで解説】ダニは布団の天日干しで退治できるのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「一体布団の天日干しでどれくらいのダニを退治できるんだろう?」と疑問に思ってはいないでしょうか。ダニは目に見えないほど小さいため、天日干しをしていても効果を実感することは難しいです。

そこで本日は、実験データを元に「天日干しでのダニ退治効果」をご紹介します。

1. 炎天下での天日干しのダニ退治効果

まず最初にご存知いただきたいのが、たとえ8月の猛暑に天日干しを行っても、1日だけではあまりダニ退治の効果はないということです。

というのも、「天日干しを1ヶ月間ほぼ毎日行うことでやっとダニ数を約50%減らすことができた」 ということが実験により報告されているためです。

左のグラフは8月の1ヶ月間ほぼ毎日天日干しを行った敷布団の実験前後のダニ数の比較、右のグラフは同じ期間に何も処理せずに使用した敷布団のダニ数の比較、をそれぞれ表しています。(※表内のその他とは、チリダニ以外のダニです)

ご覧の通り、何も処理しなければダニが増える敷布団のダニ数を、天日干しをすることによりダニ数を40%減少させ、チリダニ数を60%減少させています。

とはいえ、1ヶ月ほぼ毎日行ってこの程度のダニ退治効果です。たった1日ではダニ退治と呼べるほどの効果は期待できません。

1−1. 黒い布を被せれば効果アップ

「天日干しはダニ退治に大した効果はないのか」と諦めるのはお待ち下さい。

8月前後の暑い時期であれば布団を黒い生地に入れて天日干し をすることにより、「ダニ退治」と見込めるほどの効果を期待することができます。

黒い生地を袋状にして布団を包むと、外気が35~40℃の時でも布団表面の温度は約8℃高くなり、中綿の含水量は5%から3%まで落ちます。

(引用:『住まいQ&A 寝室・寝具のダニ・カビ汚染』吉川翠、戸矢崎紀紘、田中正敏、須貝高、生協・科学情報センター 共著)

つまり、布団表面の温度はダニの致死温度とされる60℃近くまで上昇しますし、布団内部の湿度はダニが生存するには過酷なレベルにはまで低下する、ということです。

布団干し袋
布団干し袋

製品:布団干し袋
価格:2,073円
【当製品の販売ページ】

このような真っ黒の布団干し袋は、ダニ退治以外にも様々な方法にお役立ていただけます。

例えば、天日干しによるダニ退治効果を高めるだけでなく、日光による側生地の日焼け、大気汚染による布団の汚れなども防ぐことができます。

※注:たまに「黒いビニールで覆いましょう」と言われていることがありますが、ビニールで覆うと中が蒸れてしまい逆効果になるので控えましょう。

1−2. ダニ退治のための天日干し方法

それでは、天日干しの手順ですが、ダニ退治を目的に行うのであれば以下のように行いましょう。

  1. 黒い布などに布団を入れる
  2. 車のボンネットのような熱い所の上に置き2時間放置
  3. 裏面を別の熱い所の上に置き、さらに2時間放置
  4. 終わり次第、掃除機でゆっくりダニの死骸などを除去

車のボンネットでなくとも屋根の瓦の上なども熱を帯びているのでおすすめです。また、天日干しの後、掃除機でダニの死骸を吸い取りましょう。ダニよりもダニアレルゲン(ダニの死骸、糞、抜け殻など)の方がアレルギーを引き起こすなど健康への悪影響が強いのでしっかりと除去しましょう。

『ダニアレルギーの症状・取るべき対策とは』

掃除機がなければブラシで払うなどしましょう。ダニアレルゲンを除去しなければダニ退治までも意味がなくなってしまいますので、くれぐれも丁寧に行いましょう。

最後に

もしあなたがこのページを読んでいる時期が8月前後でなければ、布団を黒い布で覆って天日干しをしてもダニ退治効果は薄いでしょう。

その場合、布団乾燥機を利用することをおすすめします。『【布団乾燥機でダニ退治】各種類の比較と効果的な使い方』をご参考にしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます

コメントを残す

*

快眠タイムズ