快眠グッズ

ひんやり接触冷感敷きパッドを選ぶコツとおすすめ5選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

様々な接触冷感敷きパッドがあり、どれを選べば良いのかお困りではないでしょうか。

接触冷感を生む素材以外にも、機能も多々あり何が良いのか分かりづらいです。

そこで本日は、「接触冷感敷きパッドを選ぶコツ」と「おすすめの接触冷感敷きパッド」をご紹介します。

1. 接触冷感敷きパッドを選ぶコツ

まずは、接触冷感とはどういう性質なのかを解説しつつ、良い敷きパッドを選ぶコツをご紹介します。

接触冷感について知ることで、間違いのない快適な敷きパッドを選べられるようになります。

あくまで「接触」冷感、と認識する

期待外れにならないために念頭に置いてほしいのが、あくまで「触れた瞬間にひんやりする機能」ということです。

とはいえ、睡眠中に体を冷やし続けるのは健康上良くないので、接触冷感が良い塩梅だと思います。

また、接触冷感の中にも幅があり、安価な冷感敷きパッドは5分すらも冷感が持ちませんが、適切なものはひんやり感がなるべく長く持続するように工夫を凝らして作っています。ご紹介のものを参考にしてください。

q-max(接触冷温感評価値)の目安

接触冷温感評価値というもので、生地に触れた時の冷温感を表す尺度です。

この数値が0.3以上だと十分ひんやりします。0.4以上だとお!っとなるひんやり具合と認識していただければ大きなズレはないと思います。

とはいえ、この冷感が持続する工夫がされていない敷きパッドの場合、冷たさが一時的なもの(5分未満)になるので、注意が必要です。

吸汗性、吸放湿性が冷感の持続に大切

人は眠るときに200mlもの大量の汗をかきますが、これは深部体温を下げるための生理現象です。そのため、この大量の汗を敷きパッドが処理できないと、寝床内がムレてしまい体温が下がりにくくなります。

結果として、冷感の持続性の低下につながります。

そのため、ひんやり感があると同時に、汗をしっかりと吸収できるものを選ぶ必要があります。

「化学繊維=ダメ」ではなく、使われ方が重要

化学繊維だと接触冷感を表現しやすく、さらに、洗濯耐久性も高いので冷感素材として敷きパッドの表生地に使われます。

しかし、化学繊維はその性質上、吸水性・吸湿性がないため汗の吸収がされず、ベタベタとした肌感やムレ感を生まれやすいです。そのため、肌に触れる表生地の繊維が100%化学繊維のものはあまりオススメできません。

化学繊維を上手に利用しているメーカーは、化学繊維と天然繊維をバランスよく生地に混ぜて、化学繊維の良さを残しつつベタつきが少なくしたりします。具体例はオススメの商品をご覧ください。

ジェル素材はおすすめできません

ジェル素材の冷感敷きパッドは個人的にオススメできません。

理由は2つあり、①ジェル自体が体温によって温まり生暖かくなることがあるため、そして②ジェルを閉じるこめる膜としてPVC素材(ビニール素材)が使われることが多く、通気性、吸汗性、吸放湿性が悪くなりベトベト感、ムレ感が生じるためです。

2. オススメの接触冷感敷きパッド5選

それでは私がおすすめできる接触冷感敷きパッドの中から、①接触冷感重視のタイプと、②冷感に持続性をもたせたタイプのものをご紹介します。

接触冷感重視の敷きパッド

接触冷感を重視しつつも、ムレにくいように作られている敷きパッドです。多少難点がないこともないですが、あなたの好みに合えば快適に使えます。

①アイス眠EX敷きパッド

価格:12,874円
サイズ:100×205cm
素材:[表面] ポリエチレン70%、ポリエステル20%、ナイロン10% [中心部] ポリエステル100% [裏面] ポリエステル95%、ナイロン5%
【当製品の販売ページ】

接触冷感繊維の中でも冷たいポリエチレン、レーヨンを表生地に80%も使用している敷きパッドです。表生地が全て化学繊維ですがメッシュ生地に仕上げているので、吸放湿性はなくとも通気性はあるのでムレにくいです。

化学繊維の肌触りや、メッシュによる硬めの使用感などの特徴が好みで、接触冷感を最も重視している人にオススメできる敷きパッドです。

②竹シーツ

竹シーツ
竹シーツ

価格:5,980円
サイズ:180×90cm
素材:
【当製品の販売ページ】

接触冷感敷きパッドというよりは竹シーツとして知られている製品ですが、触れたときの冷感を重視する人でも満足のいく冷たさがあります。また、繊維製品ではないので、ホコリが少ない睡眠環境にできます。そのため、喘息やアレルギー持ちの人には特におすすめです。

素材の性質上、若干の肌にペタっとくっつく感じや、使用感が硬めな点、ご了承ください。

ひんやり感の持続性のある敷きパッド

次にご紹介するものは、ほどよいヒンヤリ感を長く保っていられる作りになっている敷きパッドです。

③アウトラスト®敷きパッド 東京西川

アウトラスト®敷きパッド 東京西川
アウトラスト®敷きパッド 東京西川

価格:4,980円
サイズ:100×205cm
素材:[表地]パイル:綿50%、レーヨン50%、地糸:ポリエステル100% [裏地] ポリエステル80%、綿20% [詰め物]ポリエステル100%
【当製品の販売ページ】

パイル(タオル地にループ状に立った繊維)に綿とレーヨンを半々に使うことで、バランスよく接触冷感と吸水、吸湿機能をもたせている敷きパッドです。

また、この製品のミソはアウトラスト®素材にあります。アウトラスト繊維内のマイクロカプセルの機能により、温度を32℃前後にコントロールしようとする働きがあるため、睡眠中に熱放散をしても寝床内の温度が適温に保たれひんやり感が持続しやすいです。

④ひんやり感触 アウトラスト®敷きパッド 遠山産業

ひんやり感触 アウトラスト®敷きパッド 遠山産業
ひんやり感触 アウトラスト®敷きパッド 遠山産業

価格:8,620円
サイズ:100×205cm
素材:[表生地] 綿100%、[裏生地] ポリエステル65%、綿35% [詰め物] ポリエステル100%(不織布[アウトラスト(R)シート]入り)
【当製品の販売ページ】

上記のタオル地のものとは少し変わり、同じアウトラスト®敷きパッドでもこちらの表生地は綿100%の織生地です。そのため、肌感がより滑らかで、側生地の吸放湿性も高く汗の吸収も申し分ないです。

詰め物にアウトラスト®素材を使っているので、こちらも冷感を持続させる作りになっています。また、どの商品にも言えることですが、使用前にエアコンで冷たい風を当てて置くことで、接触冷感を高められます。

⑤ドライミング 敷きパッド

ドライミング敷きパッド
ドライミング敷きパッド

価格:5,990円
サイズ:100×205cm
素材:[表地] 綿100% [中材] ポリエステル100%(シリカゲルB形入り) [裏地] ポリエステル100%
【当製品の販売ページ】

私どもがムレ感とニオイ対策のために考案したひんやり敷きパッドです。表生地に特殊加工を施した綿を使用しているので、生地の吸放湿性と接触冷感を同時に実現しています。

また、除湿剤として知られるシリカゲルを中材に使うことにより、抜群の吸放湿性で汗をすばやく吸収するのでムレ感をほとんど感じないためヒンヤリ感を長く持続させられています。

さらにシリカゲルの働きにより、汗臭(アンモニア99%、酢酸99%、イソ吉草酸97%)・加齢臭(ノネナール95%)の成分を消臭するので、汗を多くかく人にもオススメです

最後に

接触冷感が持続し汗処理もきちんと果たす敷きパッドは眠りやすいだけでなく、睡眠環境の温湿度を適正に保ち睡眠の質を上げるので、起きた時の爽快感が遥かに違います。

あなたが良い敷きパッドで素晴らしい一日のスタートを切れることを願います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます

コメントを残す

*

快眠タイムズ