最高の枕を選んで快眠生活を送る知識・ノウハウのまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「枕難民」という言葉が流行るほど、多くの方が枕選びに苦戦しています。

枕を選ぶなんてとても他愛のないことのようですが、何度も失敗されている方もいます。

しかし、納得できます。

なぜなら、人の体型や体質、素材の好み、睡眠環境、眠りの悩みなどは千差万別なのにもかかわらず、そのような条件をしっかりと考えて枕を選び抜いている方があまりいないように見受けられるためです。

あなたはどうでしょうか?

もし、「徹底的に枕を選び抜いていなかった」のであれば、このページをご一読ください。
以下に、「自分に合う枕を選び快眠生活を送るための知識とノウハウ」 をまとめています。
あなたの快眠生活のご参考にお役立ていただけると幸いです。

枕の基礎知識|枕の選び方、使い方の全体像を知ろう

まずは、快眠のための枕の基礎知識を押さえておきましょう。
これらの基礎を踏まえられれば、快眠の半分は征したとも言えます。

  • 枕を選ぶ上で素材、形状、硬さが、あなたの体格、体質、寝姿勢、マットレスの硬さなどに相応しいか確認する必要があります。あなたの好みの使用感でも、寝姿勢を悪くしてしまう枕では快眠できません。7つの要素からあなたに合う枕のポイントを把握しましょう

  • 枕の正しい使い方を、どこかで教わったことありますか?ないと思います。そのため、あなたは恐らく間違った使い方をしていると思います。もしあなたの枕の使い方が間違っているのなら、ちょっと使い方を正すだけで睡眠を大きく変えられます。

  • 枕の使い方を正したら、「枕の高さ」も正しましょう。ご使用中の枕の高さの調整方法もご紹介します。枕の高さが理想的になることで、首・肩の筋肉、頚椎にかかる負担を極力少なくしリラックスさせられるので、あなたの眠りの満足度を大きく改善させられます。

  • どのサイズの枕が自分にぴったりなのか分からない、もしくは、枕のサイズってどういうのがあるのか分からないという場合、こちらをご一読ください。何を基準に枕のサイズを選ぶのか、流行りの大きいサイズはどのように使うのか、イラストと写真を用いてご紹介します。

  • 「そもそも枕って要るの?」と疑問に思っている方はこちらをご一読ください。楽な寝姿勢で快適に眠るために枕は必要です。しかし、いくつかの条件を満たしている場合、枕なしでも快眠できます。「枕を使うとなんか寝づらい」という方は当てはまっているかもしれないです。

おすすめの枕

快眠タイムズがおすすめする厳選枕2種

多種多様な枕があるため、どの枕を選ぶと良いのか悩んでしまうと思います。その上、徹底的に比較検討しようとすると、上記のように考えるべきポイントが非常に多くなります。

しかし、無理を承知であえて枕選びに大切なポイントをぐっとまとめると以下の3点になり、これらのポイントをバランス良く満たした枕こそがあなたを確かな眠りへと導きます。

質の高い睡眠をするのに
大切なつのポイント

  • 首・後頭部へのフィット感
  • 寝返りのしやすさ
  • 高い通気性

これら3つの基準を満たした素晴らしい枕を紹介します。

  • フォスフレイクス

    首・後頭部へのフィット感
    寝返りのしやすさ
    通気性
    コスト

    フォスフレイクス素材は細かいフィルム形状のため、首・後頭部へ自在にフィットします。さらに、特殊シワ加工により適度に低め(柔らかめ)の反発弾性があるため、優しく正しい寝姿勢をサポートします。また、フレイク状の素材の間に空気層が生まれるため、熱がこもりにくく快適にお休みいただけます。このような特徴に惚れ込み2009年から日本総代理店として販売しています。(2009年1月、自社調べ)

  • セルプール スマートピロー

    首・後頭部へのフィット感
    寝返りのしやすさ
    通気性
    コスト

    私どもが「首へのフィット性・サポート性」を追求して開発した枕です。構造への工夫によりウレタンの高い反発弾性に柔らかみが加味され、後頭部・首のカーブへの柔軟なフィット性・サポート性を実現しました。また、このセルプールウレタンはオープンセル構造な上、湿度調整をする機能を持つため、サラッとした極上の寝心地をご堪能いただけます。(2012年6月、自社調べ)

枕にまつわるお悩みへの対策

肩こり、いびき、首が痛いなど、枕が原因で起こっているかどうかは別として、
枕の使い方に工夫をすることで解消することが期待できます。
もしあなたがお悩み中の症状があれば、枕での対策も行いましょう。

  • 起床時、肩・首にこりを感じる場合、枕が原因となっている可能性が大きいです。1日のスタートは爽快であって欲しいと思います。5つのステップに沿って分かりやすく取り組めるようにしています。まずはあなたの枕が「肩こり枕」かどうか、チェックしてみましょう。

  • いびきの原因は大きく分けて8つ。その内4つは、枕の使い方に工夫をこらすことで改善が見込めます。いびきはあなたはもちろん、周りの人の睡眠の質も下げてしまいます。いびきにお悩みの場合、是非お試しください。

  • 前かがみの姿勢になることが多い現代生活の中、ストレートネックを患う人が急増しています。睡眠中は首をリラックスさせる大チャンスです。是非ご紹介の枕テクニックをお試しください。

  • 起床時に首が痛む場合、まずは原因を特定しましょう。そして次に、原因に即した改善方法を行いましょう。原因によって取るべき対処法が異なるので、ご注意ください。

  • 「そもそも枕って要るの?」と疑問に思っている方はこちらをご一読ください。楽な寝姿勢で快適に眠るために枕は必要です。しかし、いくつかの条件を満たしている場合、枕なしでも快眠できます。「枕を使うとなんか寝づらい」という方は当てはまっているかもしれないです。

【素材に着眼】寝苦しい夏の夜に!ひんやり冷感枕カバー

代表的な枕を選ぶ時・使う時に注意するポイント

枕は各種類ごとに使用感が大きく異なります。そのため、STEP1の知識を前提に個別の特徴を知ることで、あなたが枕を選ぶ時だけでなく、使用している枕をより上手に使い、より快適にお休みいただけるようになります。

枕を快適に長く使うためのお手入れ・メンテナンス方法

せっかく快眠枕を手に入れても、こまめにお手入れをしなくては快適な使用感を維持することは望めません。
各種類の枕に適切なお手入れの方法を、分かりやすくご紹介します。

特殊な枕の上手な選び方・作り方

洗濯性、横向き寝など特定の用途に特化した枕や、タオルで自作する枕、オーダーメイドで制作してもらう枕があります。これらの枕は選び方・作り方を知ると知らないとでは、使い勝手と寝心地に大きな差が生まれます。
購入・使用の前に熟読し、ポイントを理解しましょう。

まとめ

ご紹介の通りに枕を選びお使いいただければ、あなたの眠りを改善させられます。

まずはSTEP1で枕の基本を学んでいただき、STEP2で種類別の応用ポイントを学び、そして、枕のお悩みがあればSTEP3で対策を講じましょう。さらに快適な寝心地を求めるならSTEP4で良質な枕カバーを選び、より長く快適に枕を使うためにSTEP5でお手入れ・メンテナンス方法を確認しましょう。また、洗える枕、横向き寝枕など特殊な枕の知識はSTEP6で余すところなくご紹介しています。

あなたの枕・睡眠に対する”満足度”が上げられれば幸いです。

朝、目が覚めた時に
首や肩に違和感が残っていませんか?

”男女とも「日中、眠気を感じた」が最も高く、それぞれ44.5%、48.7%である”

これは、平成27年度に調査された国民健康・栄養調査の一文です。
実は、平成19年以降、睡眠時間6時間未満の方は年々増加しており、その半数程度が日中に眠気を感じているのです。

  • しっかりと寝たはずなのに朝目が覚めると体が重い・・。
  • 朝スッキリと目覚めることができない・・。
  • 日中眠いせいで仕事でミスが増えている・・。
  • 眠りが浅いせいで深夜に目覚めてしまい、日中が辛い
  • 目覚めたあとの肩こりがひどく、朝から憂鬱だ・・
  • 最近気持ちよく目覚めたことがない・・。
  • 熟睡できず、眠りが浅いというあなたには睡眠の質を向上させることが必要です。
    そのために弊社がおすすめしたいのがセルプールスマートピロー。
    睡眠先進国であるヨーロッパの2大メーカーが共同開発した高反発枕です。
    寝ている間に疲れた筋肉をほぐし、質の高い睡眠を実現します。

ユーザーの感想を見てみる

枕カテゴリーの記事一覧

快眠タイムズ