快眠グッズ

防ダニシーツの効果とは?3種類別の特徴と比較

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

防ダニシーツに3つの種類があることはご存知でしょうか?

各種類それぞれ特徴を知ることで、よりあなたの好みの性能・使用感の防ダニシーツを選ぶことができます。

徹底的に比較をしましたのでご参考にしてください。

1. 防ダニシーツには3種類の徹底比較

防ダニシーツには以下の3つの種類が存在し、それぞれ特徴が異なることを知っておくと、あなたの好みのものを選びやすくなります。

ざっくりとした特徴は上記のようになります。吸水性・肌当たりは加工方法には左右されず、使用されている繊維の品質に左右されます。

それでは次に、各々のより細かな特徴をご紹介していきます。

①薬剤による防ダニ加工シーツの特徴と注意点

薬剤による防ダニ加工とは、忌避効果、つまりダニを寄せ付けない効果のことです。

薬剤といっても人体への影響を試験された安全性の高いものが使われていることが多いです。また、防ダニ加工剤が原因でアレルギーが起こると言われることがありますが、今となってはデマに近くほとんどありません。(※しかし、敏感な方は事前に成分などの確認をすることをおすすめします)

他の2種類と異なる点が、使用に応じて防ダニ効果が落ちていくことです。以下はインテリアファブリックス性能評価協議会の防ダニ性能認定に合格している製品のデータですが、新品時にダニの忌避率99.9%だとしても

  • 洗濯3回後のダニの忌避率83.4%
  • 紫外線80時間照射後63.4%

と、このように、確かな品質のものでも使用に応じて防ダニ効果は薄れていくことは認識しておきましょう。

薬剤防ダニ加工の良いところは、シーツの使用感を低下させない ことです。簡単に言えば薬剤を塗布するだけなので、繊維・生地の特性を損なうことなく防ダニ製品に仕上げることができます。何よりも寝心地重視の方にとっては大きなメリットになります。

②高密度織り防ダニ加工シーツの特徴と注意点

通常、生地には繊維と繊維の隙間があります。しかし、繊維をぎっちりと細かく織っていくことでダニすら通さない繊維の密度の高い防ダニシーツ が出来上がります。

特徴はと言うと、

  • 薬剤不使用で防ダニ効果
  • ダニを通さない
  • 若干ムレ感がある

繊維を高密度に織り上げることで若干通気性が悪くなる ことはありますが、ダニを封じ込めることで防ダニ効果が見込めます。製造方法の特性上、ポリエステル製品が大半です。寝心地は通常のシーツと大きな差がなく安心して使えます。

たまに激安品がありますが、そのようなものは使用に応じて織りが緩んできて防ダニ効果が無くなることがありますので、品質の確かな企業・ブランドのものを選ぶようにしましょう。

③防水加工による防ダニシーツの特徴と注意点

樹脂のラミネートによる防水加工が施されたシーツも、ダニを通さないため防ダニ効果を見込めます。特徴は以下のようなっており、ダニを防ぐ方法は高密度織りシーツと似ています。

  • 薬剤不使用で防汚・防ダニ効果
  • ダニを通さない/生存しにくい環境を作る
  • 若干のムレ感、ゴワゴワ感がある

異なるポイントは、防水性により寝汗・老廃物までも通さないため、敷寝具の環境をダニが繁殖しにくいようにする ことです。若干重いこともあるので掛け布団のカバーには少し不向きですが、敷布団の防ダニシーツとしての使用に向いています。

品質により使用感が大きく作用されやすく、安価なものはムレ感があったり樹脂が厚くゴワゴワ感が強かったりする ので注意が必要です。高品質なものの選び方はこちらの記事を参考にしてください。

防ダニだけでなく汚れのない衛生な睡眠環境を目指す方におすすめです。

2. 防ダニシーツ使用時でもこまめに掃除機がけを

防ダニシーツを使用し始めたからといってダニが死滅していく訳ではありません。あくまでダニが隔離されるだけです。

なので、ダニは生きています。しかし、防ダニシーツをこまめにお手入れしながら使うことにより、老廃物(フケ、皮膚、皮脂、アカなど)が寝床に溜まりにくくなるので、徐々にダニが死滅していくと考えられます。

そこで大切なのがダニアレルゲン(ダニの死骸、糞、抜け殻など)の除去です。ダニは噛むことにより被害をもたらしますが、ダニアレルゲンは吸引・接触することでアレルギーを引き起こす原因になります。 なので、防ダニシーツを使用しているといっても、定期的に布団・マットレスの表面を掃除機で吸い取るようにしましょう。そうすることでダニ被害を根本的に対処することができます。

最後に

少しお節介かもしれませんが、もしあなたが敷布団を使っている場合、ウレタン製・高反発ファイバー製のマットレスに変更されることをおすすめします。というのも、わたとウレタン布団に生息するダニの数を検証した実験によると、圧倒的多数のダニがわた布団に生息していたためです。

なので是非、敷布団買い替えの際は、上記の点を念頭に置いて検討されてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます

コメントを残す

*

快眠タイムズ